人気ブログランキング |

水素発生、ちょっと納得して暗記しよう   

今回の理科の単元は「水素の発生」だって。アルミニウム・鉄・銅をそれぞれ、「うすい塩酸」につけた場合と、「水酸化ナトリウム水溶液」につけた場合…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←理科もいろいろ忘れてる(o_o)

「うすい塩酸」で溶けるのはアルミニウムと鉄。
「水酸化ナトリウム水溶液」で溶けるのはアルミニウム。

テキストには、それぞれの金属片が、試験管の中でブクブクしている様子が描かれている。ちなみに、「うすい塩酸」の中で、鉄よりアルミニウムのほうが多めにブクブクしてます。

…これって、何?? このまま覚えるものなの??

> 「うすい塩酸」で溶けるのはアルミニウムと鉄。
ってところは私にもわかるんだよね。ほら、昔覚えたあの:
貸 (カリウム) そうか (カルシウム) な (ナトリウム)、ま (マグネシウム) あ (アルミニウム) あ (亜鉛) て (鉄) に (ニッケル) す (錫) な (鉛)、ひ (水素) ど (銅) す (水銀) ぎ (銀) る借 (白金) 金 (金)
ってやつ(イオン化傾向の語呂合わせ暗記)。

「うすい塩酸(塩化水素)」の水素よりもイオン化傾向が強いアルミニウム、鉄は自分がえいやってイオンになっちゃうから、追い出された水素はブクブクなんだよね。

で、それはいいんだけど、

> 「水酸化ナトリウム水溶液」で溶けるのはアルミニウム。
のほうがわからない。なんでアルミだけ溶けるの?? そんで溶けて何になるの??ナトリウムくんはどこへ??

私が地理も日本史もすべて忘れている(というか、ありていにいって、まともに覚えたことがない)というのはまぁわかりきったことなんだけど、化学もねぇ~小学生がやる範囲がまったく記憶にないとはね。ちょっとショックだよ…

それで、こじろうにインタビューしてみると、どれが溶けるかは「覚えて」いて、酸に溶けるほうは化学式も書けたが、アルカリに溶けるほうさっぱりわからなかった。母とおそろい~(^-^)

またろうに聞いてみたら、もっとわからなかった(酸に溶けるほうも!!)。だめじゃん(-_-;; (またろうは、数学得意、物理まぁまぁ、化学は???)

ともかく、わからないのは私だけじゃなかった、ってことで次はパソコンで検索…

2 Al + 2 NaOH + 6 H2O → 2 Na[Al(OH)4] + 3 H2

おぉそうなのか…ナトリウムとアルミニウムがいっしょくたになってるんだ、へぇ~。「テトラヒドロキソアルミン酸ナトリウム」だって、舌かまないでいえないよ。忘れたどころか、記憶したことがあるという記憶すらないんですけど。ちなみに、こうやって、酸とも塩基とも反応する物質のことを「両性物質」といい、金属ではアルミニウムのほか亜鉛・錫・鉛など。もっとも、こじろう情報(?)によれば中学受験ではアルミだけ知ってればよいそうだ。

それで、はなひめには、
「金属が塩酸に溶けるのはフツーのことでさ、アルミとか鉄とかのほうが水素よりイオンになりやすいから、水素追い出して自分がイオンになっちゃうんだ。でも金銀銅なんかの貴金属はもっと安定してて、酸に溶けないんだ。さすがオリンピックでメダルに渡されるだけのことはあるよねぇ」

「一方、アルカリの水酸化ナトリウムには、そんなになんでも溶けるわけじゃなくて、両方に溶けるって性質を持ってる金属だけが溶ける。こっちは、アルミだけを覚えてればよし!!」

私がばたばたして非常~に納得が深まったわりに、はなひめにはとおりいっぺんに聞き流されてしまったが、私の記憶にしっかり残っていれば、廊下のとおりすがりに質問したりできるから(笑)なんとかなるでしょう。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2011-11-26 08:00 | 中学受験 | Comments(9)

Commented by nonchan at 2011-11-26 10:42 x
アルミ鍋に重曹入れて煮たら鍋が黒く変色するので(重曹を煮ると熱分解して炭酸ナトリウムになりますが、水酸化ナトリウムほど強くないので、鍋が泡を出して溶けるってことはなくて、鍋の表面に水酸化アルミニウムの皮膜ができるだけです。)、アルミがアルカリと反応するっていうのが実感できますよ。もったいないので100均アルミ鍋でどうぞ(^_-)
Commented by 震電08-G at 2011-11-26 11:38 x
さすがにアンダンテさんは勉強熱心ですね。
アルミニウムと水酸化ナトリウムの反応式も調べる所とか。私もこの反応式は大学受験でも覚えた記憶がないです。(一応、理系だったのですが。)
ちなみに亜鉛と水酸化ナトリムで水素を発生する事は、中学受験でも出たように思います。(高校受験だけだったのかな?千葉の県立ではよく出てるんですよね。)
私は塾では、中学受験生にも高校受験生にも、必ず「水酸化ナトリウムと反応して水素を出す金属」として、亜鉛とアルミは教えています。
Commented by ぽん at 2011-11-26 20:02 x
おお、丁度、先日、こんにゃくを作って、それを煮たアルミのなべが黒くなってしまい、「ナンになったのだろう?」と思っていたのですが、とっても勉強になりました。
息子も学校で「水酸化ナトリウムにアルミ片をいれてぶくぶく」の実験をやったところだったので「わかる?」と聞いてみましたが、
何になったのかは、知りませんでした。

そういえば純石鹸でフキンを煮洗いしたとき、使ったアルミ鍋がやっぱり黒くなっちゃいましたっけ。

こじろうくんさすがですね。
Commented by スケルツオ at 2011-11-26 22:08 x
>2 Al + 2 NaOH + 6 H2O → 2 Na[Al(OH)4] + 3 H2

うちの大学生たちによると、この式は化学I(無機化学:都立高校だと高校2年)で習うんだそうです。

私も理系だけど全然覚えてない・・・
うちの高3生(理系)も知らないんだって。。。トホホ
Commented by an-dan-te at 2011-11-26 22:59
nonchanさん、
そういえば、焦げた鍋に重曹と水入れて、とろとろ煮てたりしてたら煮すぎちゃって、わーと思ったらめちゃくちゃキレイになってたことがありました。
> 重曹を煮ると熱分解して炭酸ナトリウムになりますが、
のところですね…

そのときはホーロー鍋で、なんともありませんでしたが。こんにゃくを煮てアルミ鍋が黒くなったことはある(笑) ぽんさんがおっしゃってますね↓
Commented by an-dan-te at 2011-11-26 23:02
震電08-Gさん、
> 私もこの反応式は大学受験でも覚えた記憶がないです。
ふふ。スケルツオさんも私もよしぞうも、みーんなお仲間です。

でもスケルツオさんによれば、今は高二で習うって(^^;;

> 亜鉛とアルミは教えています。
お、亜鉛もチェックですか。
Commented by an-dan-te at 2011-11-26 23:04
ぽんさん、
おー、こんにゃく。私もやったことある~
今、検索してみたらば、「人体に害はない」と書いてあります。あまり深く考えないでそのまま使ってました。

こじろうは、当時あんなに暗記物が苦手だったわりに、受験時代に覚えたことはわりと保持しているみたい。私とはまったく違うタイプだわ。
Commented by an-dan-te at 2011-11-26 23:08
スケルツオさん、
高校で習うんだ~
…習ったのかな??

ま、とにかく化学はあんまりピンとこなかったので、いつでも物理優先で解いてて、時間が余れば化学…の計算問題、暗記しなきゃいけないようなところは「捨て」。っつーことであてになりません。

今となってみれば、「いろいろ暮らしに生きている」ってことで、もうちょっと勉強しておくとよかったなと。
Commented by nonchan at 2011-11-27 10:09 x
私も高校のときに習った記憶はないんですが、私たちの年代って高校理科の学習内容が大幅に削減された時代だったので(ゆとり教育はこの後の世代のほうが進んでいるんですが、高校理科だけは、後の世代よりこの世代のほうがひどかったと思う)、教科書から消えていたかも。確か、錯イオンはごっそり消えていたと思います。私立では教えていた学校もあるかもしれませんが
手元に、私たちの次の世代の学習指導要領(現行指導要領の1世代前)の時代の化学の参考書があるんですが、それには、テトラヒドロキソアルミン酸イオンも載っています。

<< えせ科学と小学校教育 江戸文化、無駄を増やしてから暗... >>