人気ブログランキング |

私立だとかかるお金   

月謝とか学校に納めるお金は調べればわかることなので…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←子ども三人ってとってもぜいたく!?

それ以外でかかるお金について、参考のために並べてみました。学校により、子どもの状況により、ぜんぜん違うと思いますが、「あっ、そんなとこ全然考えてなかった!!」と愕然とすることのないよう、考える目安として。

(1) 塾代
私立に行けば塾代がかからないと思って入れたのに!! という嘆きの声はよく聞きます。私もよく聞いてまして、でもそれって進学校だからでしょ? 大学ついてればいくらなんでもいらないよね、と思ってました(^^;;

ところが、学校の授業にどうもうまく噛み合わないってんで(努力が足りないだけって話もあるけど)、やむなく中三から英語だけは通うことになり、幸いそれでだいぶよくなったんですが、予想外の出費です。うちは高校受験用集合塾で単科を取ってるのでさほどじゃないですけど、進度が合わないなどで個別なんかに流れた日にゃ、高校受験より高くなる可能性も。

この項目は人によりいろいろ。かけないというのももちろんありです。

(2) 交通費
これ忘れてたという人はさすがにいないと思いますが。ふつうに一回行って来るのとちょっと違って、学割定期がいくらになるかって話ですね。JRとか安いですけど、モノレールとかバスとか案外高かったり。ばかにならない金額になることも。うちは近いし電車だけなんでわりと安いです。

(3) 制服
制服は公立だって買うんですけど、微妙に高かったり、オプション(ベスト、替えスカート)や、指定のもの(カバン、体育館履き)が多めな傾向。

(4) 部活
これがけっこう公立と違っていて、いちばん予想してなかった点かも。部費もコーチ代などが入って高めだったりしますが(公立は忘れる程度の金額で済む)、あとウェアや道具などもなんだか高くなることが多いです。一番違うと思ったのは合宿代で、こじろうの場合、年に複数回行ってるからかなりかかってます。

もちろん部活によってかかる金額は段違いで、たとえば将棋部…とかなら安いと思いますが、親が選ぶものではないですし(^^;;

(5) おこづかい
またろうの中学生時代、本代以外のお金ってほとんどまったく使いませんでしたから、月1000円とかだったりしましたが、こじろうにはだいぶ増額しました。部活帰りにコンビニとか寄るだけでもけっこうかかるものです。これをどう考えるかはおうちによると思いますが、うちは「控えめに」付き合える程度ということで、周囲よりはだいぶ安い金額になっています。

カラオケに行くとかディズニーランドに行くとかいうともっとずっとかかるので、それはお年玉プールからおろして行かせています。

(6) 交際費
保護者どうしの親睦会というのが、茶菓代150円とかそういうのではなくてランチ2500円とかだったりします。別に出たくなければ出ないですみますけど、私はほとんど皆勤です。いろんな情報も入りますし何より楽しい!! 特に部活保護者会はとっても雰囲気も話も合う人が多いので楽しみです。子ども同士が「合う」ってことは親同士もなんとなく「合う」ことが多いのかなぁとなんとなく。

ま、これは親の娯楽費ですね。

(7) 昼食費
公立中なら給食があったのに、弁当をつくらにゃいけません。ここが一番「しまった」と思ったところです(笑)。給食費ってバカ安なので、家で作るにしても弁当材料費のほうが高いです。作るのをさぼってお金で持たせたらもっと高い。


…そんな感じかなー。それで、ぶっちゃけ月にいくら余計にかかるのよって聞きたいかもしれませんが、すみません、わかりません。勘定したことないです。気分悪くなりそうだから(-_-;;

金額的には比べ物にならないほどのまたろう、こじろうの中学校生活ですが、私にとっては、満足度もこれまた比べ物にならず、感覚的にはこじろうのほうがずっとお買い得だったと思ってます。だから懲りずにはなひめも私立路線を目指しているわけですが、入ってみないとわからない部分がまたきっとあるでしょうね。

とにかく、そんなこんなで、予算は余裕を持たせておいたほうがよろしいでしょう。はい。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2011-11-09 07:44 | 中学受験

<< 大妻多摩2011算数解いてみた 勇気ある撤退、という言葉 >>