人気ブログランキング |

勇気ある撤退、という言葉   

中学受験の場で「勇気ある撤退」という言葉を使う場合は、中学受験自体をやめるとか、現実的な志望校に変えるとか、そういうときに使うことが多いのかな。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←あれもこれもやりたいなら時間を味方につけないと

中学受験をやめるとはいっても、まじめに勉強しようとしない子どもの態度に腹を立て、「そんなんだったらやめてしまえ!!」とブチ切れるのは違う話。「勇気」と無関係だからね(^^)

中学受験をやめるという場合の「勇気」の中身は、これまでコツコツと積み上げてきたものの価値を手放すことの損を差し引いても、別の道をとったほうがよりよいと冷静な判断をすること。これまで、時間とお金(と親の気力)をかけて中学受験のために塾通い、勉強をしてきたけれど、そのことから、中学の合格という「果実」を引き出すことなく中断し、高校受験に切り替える。

この判断の中には、実際に通うことになる地元公立中の状況や、子どもが中学生になってどのように伸びるかという見通しや、当面目標にしていた中学の魅力とその合格可能性、とかいろんなものが当然入ってくるわけだけど、けっこうネックになるのは、積み上げてきた中学受験勉強の放棄をどう評価するかということ。

これまでの努力が、中学合格しないのなら無になると思ってしまったら、それにはなかなか耐えられるものではないだろう。もちろん「無」になるということは決してなく、勉強したことはその子の中に残っており、それは中学受験でなくても生きてくるだろうけれども、中学受験をするのでなければやらなかっただろうと思うような勉強をどれくらいと見積もるか…言葉を変えていえば、中学受験を越えて役に立つほんとうの勉強(?)をどれだけしていたと見積もれるかが問われることになる。

それと同時に、何をこれまであきらめてきたかということ。中学で受験しておいて、中高六年間で○○(スポーツであれ芸術系であれ)に没頭しようとしていた場合、それをセーブしてここまできたのに、また高校受験というのはやっぱり犠牲が大きい。

だから、「中学受験から高校受験に切り替える」というのはかなり大きな決断を迫られることなので容易ではない。

私はそんな、のっぴきならないところへ追い込まれるのはイヤなので、そういう事態にならないことを切に祈っている。というか、突然経済的な事情が振ってきた場合はやむをえないにしても、それ以外のことで(たとえばはなひめが算数がわからなくなるとか程度の事情で)そういう判断をするつもりはまったくない。

通える範囲のところに、幅広い難易度の私立中があり、別段、ある特定の中学に行かせるために受験を始めたわけではないし、気持ちの中で偏差値下限というものが特に設定されていないので、なるべく将来の実になるような方法で中学受験にかこつけた勉強をしてみて、それでちょうど行けるところに行ったらいいと思っている。

だから、私にとっては、「現実的な志望校に変える」という意味で「勇気ある撤退」などという言葉を使うことはない。しかし人によっては、どうしても行かせたい学校があるとか(たとえば一族ほとんど同じ学校だとか)、いろんな事情があるだろうから、志望校を変えることも「勇気ある撤退」といえる場合もあるだろう。あくまで価値観の問題だ。

なんでこんな話を突然書いているかというと、昨日の、日特をどうするとかMクラスかAクラスかとか、そういう話をしていて、そういうのが「勇気ある撤退」という言葉に当てはまるのかどうかということをふと考えたからだ。

私自身の気持ちからしてみると、そういった選択は、「撤退」という言葉にもあてはまらないくらいのもので、志望校すら変更していなくて、同じ志望校に向かっていくのに、どっちのやり方のほうがより近いかという、ごく局地的な戦術上の判断にすぎない。

それで、はなひめは、ごくまったりした生活習慣の持ち主だし、お友達と遊んだり、造形教室へ行ったりということをとても大事にしているので、母が「日特を取らない」こととかを提案したら渡りに船で乗ってくるのかと思ったら、案外そうでもなかったのでちょっとびっくりしたところだ。

MクラスかAクラスかということであれば、現在馴染んでいる仲間ということがあるだろうからまさに勇気がなければ撤退できないということは理解できる(中学受験をやめるというほどの大変化ではないにしても)。まだ始まってもいない日特、であっても、塾に勧められる講座を取らないというのはやっぱり、それなりに勇気のいること、というか、みんなにおいてかれる不安と戦わなくてはいけないものなのかな? こじろうが日特やってた、というのもあるかも。

昨日の夜あらためて、お母さんが日特やクラスについて提案したことは、今行きたいと思っている学校をあきらめる話ではなくて、むしろその学校に受かるために近道はどっちかということを考えての提案なので、後ろ向きと考えないでほしいということは説明した。そのうえで、まずはがんばってみたいと思うならいその方向で、やってみて無理ならまた考えればいい、応援するから、といった。そう、「応援」の中身は、生活にしろ、勉強にしろ、もっとてきぱきできるように、時間を意識するように誘導するってことなんだよね…ふぅ~

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2011-11-08 07:56 | 中学受験

<< 私立だとかかるお金 前期日特…とるんだ!? >>