人気ブログランキング |

過去問をやりこんだ状態というのは?   

過去問に関しては流儀がいろいろあって、たとえば日能研とサピックスでは扱いがずいぶん違う。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←志望校「対策」というものが

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ←どこまで可能かという話でもある

大雑把にいってあっさり派が日能研でこってり派がサピックス、おおむね日能研の場合は、スタンダードな勉強を重視して、それプラス、様子をつかむ+戦略を練るために数年分の過去問を(おそらく1回さらっと)解いてみるというあたりが想定されているように思われる(教室によってかなり違うけど)。

「偏差値30からの中学受験 リレーアドバイス」(鳥居りんこ&受験終了母たち)という本の中に、「ママぽよ」の青沼さんがアンちゃんの受験について漫画を描いている。受験三ヶ月前にスパルタ塾に転塾し、どうしてもX中に入りたいとお願いして、「偏差値が5ほど足りないがやってみましょう」という話になり(^^;; そこからはほとんど過去問しかやらない。

ひたすらやりこんで、アンちゃんが生まれる前のとかまで解いて解いて解きまくり、合格!!

このエピソードで気になる点はいくつかあるのだが
・過去問を「やりこむ」ことで、ほんとに実力プラスアルファの合格をもぎ取れるのか?
・そのとき、同ランクにある他の学校を受けても受からないのだろうか?
・合格したあとはついていけるのだろうか?

まぁこのうち、最後のひとつについては、せっぱつまった親の本音として、「そんなことは入れたら考えるから今はどうでもいいわ」ということもあるかもしれないし(^^;; 実際、ついていけるかどうかというのは、素質がどうこういうより、入ってからまじめにやるかどうかが大きいのであとは本人次第というのも確かにある。

それで、まぁとにかく実力以上の点が取れるようになるのかということに絞るが、こじろうの受験のときは、そもそも無理目なところを選んでいないし、過去問も常識的にしか取り組んでいないから手がかりにはならない。しかし、こじろうが、ほかの同レベルの学校よりも、今の進学先の学校にはるかに受かりやすかったとは思う。それは、過去問をやりこんだからではないのだが、「はじめて会ったその日から~♪」この学校の過去問だけは解きやすく、苦手の国語でも困らなかった。いわゆる「相性」ってやつである。

この「相性」にあたる部分を、訓練というか「愛」、つまり時間をその人(じゃなくてこの場合は学校)のためにとことん捧げるというのは「愛」であるから、過去問をとことんやりこむということで得られるということはあってもおかしくないような気がする。

問題文のオーラというか、こういうことを尋ねている、こういうふうに答えてほしい、というような出題者のハートがぎゅぎゅっとつかめるというような感覚。

私は受験のとき、「過去問をやりこんだ」という体験はないのだけれど、「はじめて会ったその日から~♪」という、めちゃくちゃ相性のよい大学は存在した。苦手のはずの数学でもさくっと解き方が「見えて」すらすら解けちゃうし、(文学部も受けたので)漢文の課題文が白文でさっぱり読めず意味不明でも、設問を見るとすっかり謎がとけて、ふんふんそういうことなのねって感じで答えはわかってしまう。ついでに、それを手がかりに本文もあらかた理解できてしまう。

で、そういう「相性」を人工的に作るとしたら、過去問をやりこむって手はある、ような気がする。もちろん、その過去問の答えをそのまま暗記したらまったく意味ないんだけど、そういうことじゃなくて、何を手がかりにどう読み解いて、どうたどって正解を導くか、それをどう表現するかの呼吸みたいなものね。

そうだ、私は「過去問をやりこんでのりきった」という経験がある。入試じゃないけれど、大学に入ってからの数学。速やかに落ちこぼれて、もはや何をやっているのかもわからないという授業があったのだが…いやすみません、見栄をはりました…大学に入ってからの数学はすべてそうだったので、テストのたびに、人脈で過去問を集め、人脈で解答を作ってもらい、前夜ひたすら「写経」した。そうすると、一時的にはなんとかそのような問題(作問者がもちろん同じ)はなんとか単位が取れる程度には解けるようになっているのだ。理解してるわけじゃないから試験が済むと速やかに忘却され、もはや何をやったのかすらわからない。

ま、そういうことはあると思うよ…でもね。

そんな数学に、何の意味がある!?

子どもの受験は、ふつうに勉強して通るところに決めたいね…

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2011-10-27 08:04 | 中学受験

<< 開成2011算数解いてみた(前半) テストで育成する思考力!? >>