人気ブログランキング |

楽しいよ!! 早実文化祭   

今日は、午前中の用事が予定よりだいぶ早く終わったので、急遽、早実文化祭にハシゴしてきた。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←文化祭シーズン

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ←行事続きでいつ勉強するんだか

お目当ては、中三の卒業研究と、音楽部の演奏。はなひめといっしょのときはゆっくり見られないので。

すごい人出で賑わっているが、卒業研究の部屋みたいな地味なところは空いているからいくらでもじっくり見られる。「科学」「文化」「歴史」「スポーツ」などジャンルごとに分け、机の上にそれぞれの卒業研究レポートがただひたすら並んでいる。壁には、それぞれの机にあるレポートタイトルの一覧表。

なんの評価もなく、全員分が並んでいるので、その中身(というかかけたであろう労力)は人それぞれ。ま、ちょっと「やっつけ」っぽく終わったかな、とかいうものもあるけど、それぞれの関心分野と向き合って、それなりに印象に残る体験にはなっているかな、という雰囲気ではある。

とにかく、調べて、まとめた、ということで終わってしまっているものが多い中で、光るのはやはり、ごくわずかでもオリジナルな発見というかプラスアルファがあるもの。卒業研究の条件が、「インタビューをすること」なので実験系は少ないが、そこにあえて実験を加えたもの…あるいは製作を加えたもの。もちろん、調べ系でも、関心を持つ→調べる→発見、という骨子がはっきりしているものは卒業研究らしい出来栄えといえる。

私がおもしろいと思ったのは、たとえば調べ系なら、
「野球食について」…野球選手の体作りに必要な食事について調べたもの。
「なぜマクドナルドは世界中の人々に愛されるのか」…マックの戦略について調べたもの。
「サザエさんにみる昭和の暮らし」…サザエさんに描かれた時代風景から、現代に生きる知見を読み取ろうとしたもの。
「埼玉県が行ってみたい県になるには」…魅力の発見、発信を追求。
単に調べただけでなく、自分の身近なところから生まれた視点や興味が貫かれ、なんらかの結論までたどり着いている。

数少ない実験系だと、タイトルは失念したけど、早起きの方法というのがあった。体のリズムを作る要素など調べたあと、実際にその工夫を生かして自分の生活を「早起きリズム」にずらしていって変化を記録してある。なんでも、いつも12時過ぎに寝る習慣だったのが、だんだん早起きにシフトしていったら、目覚めが爽快になるのが実感できたとか…ぜひ、みんなに横展開してもらいたいすばらしい成果じゃありませんか(^^)

ステージものでは、高三I組の「シルエッション」を見た。だいたい、早実の出し物では高三の企画を見ればハズレがないのだが、立ち見も出る勢いで、始まる前からすごい熱気である。

シルエット・パフォーマンス、ダブルダッチ(二本のロープを回してアクロバティックな技を披露していくやつ)、ダンスの三部構成で、冒頭からノリよく観客の心をつかんで大うけ。シルエット・パフォーマンスは、明日見る人もいるだろうからネタバレしないでおくけど、アイディアもいいしパフォーマンスとしてもなかなかセンスよくまとまっている。

いずれもよく練習してあって、特にダブルダッチなんて、あんなのよくできるなぁという技の連続。ダンスもほんとうまかった。

三部とも終わったあと、全員出てきてダンスしていたけど、考えてみればこれは部の企画ではなくクラス企画。しかも好きも嫌いもなく(ほぼ?)全員参加である。別にふだんから、ダブルダッチやらダンスやらしてるわけではもちろんない。なのに信じられないほどの、身体能力の高さ(人それぞれではあるがとても高い人がかなり多いという意味)、それと自分たちが楽しむ、楽しませるノリの良さ。高三でここまで文化祭ではじけて、お祭り騒ぎができるというのは恵まれた環境だよね…

終わったときは大喝采、満員の観客全体が「見に来てよかった~」の満足感に包まれていたと思う。投票して帰りましたよ~ほかの高三の企画見てないんだから、いちばんよかったのかどうかはぜんぜん知らないけど。

音楽部の演奏は、前半が合唱、後半が弦楽合奏。合唱が前聞いたときよりむちゃくちゃレベルアップしていて、とてもよかった。弦楽合奏は…まぁそこそこ楽しかったといっておこう。

というわけで、アカデミック系というよりお祭り系の文化祭。青春、はじけます。
お子さんには、お化け屋敷や宝探しなどお楽しみ企画もたくさんあります。大人の方は、美術とか書道とか穴場でおもしろいですよ。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2011-10-08 17:48 | 中学受験

<< 鴎友2011算数解いてみた(後編) 制服と志望校選び >>