週末新聞生活   

昨日、日曜日の昼は、ごはん作りをさぼって、外食(といってもサイ○リア)。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←おなじことなら

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ←楽しまないとソン!?

サイゼ○アとスーパーがすぐ向かいにあるので、ごはんを食べて買い物をして帰ってくる、というのがまことに都合がよい。そこへ、子ども新聞を持って出かける。

昔、自分が子どものころ、朝日小学生新聞をとってもらったことがある。同じころ、毎日小学生新聞というのもあって、両方老舗だと思うが、読売というのはなかった。今回、子ども新聞を取ることを検討したとき、当然朝日と毎日はチェックしたのだが、毎朝届いてもそんなに読む暇があるとは思えず…

なにしろ平日朝は、ようやく学校に間に合うように支度できるか、余裕があったら計算と一行題…が、たいてい全部は終わらないくらいだから。とても新聞を読むようなゆとりある生活はしていない。

それで日和って、週一回届く読売KODOMO新聞にした。中身を信頼したとかそういうのは関係ない(^^;; とりあえず、週一回でも新聞を読むことが定着するかを様子見て、もしものたりないなら毎朝来る新聞に移行することにする。

読売KODOMO新聞は、週一回だから散らからないし、月500円とたいへんお手軽(回し者じゃありません)。

木曜日に届くKODOMO新聞を持って土曜日か日曜日に外食に行き、食事が出てくるのを待つ間とかぱらぱらはなひめといっしょに新聞をめくり、食べてる間にその話題をひとくさり。これはちょうどいい。

今週の一面は、敬老の日の話題から入って、二面に少子高齢化の解説とかちょっと。
ニュースとしては、ドジョウ内閣誕生について。
ウラ側の特集記事は、首都圏外郭放水路。地下の巨大な神殿みたいな貯水槽のことね。

はなひめは、それぞれの話題についてなかなか食いつきよく、特に巨大水槽はウケたみたい。中にちょろちょろついてるクイズとかも見ていたけど、歴史漫画には反応ナシ。連載で、途中からだし、ちょっととっつき悪いかも。伊能忠敬さんが測量してましたけど…

こうしてみると、別に中学受験のためとかそういうことでなくて(確かにきっかけはそうだったが)、楽しい親子の時間という感じで、役に立つとか立たないとかを差し置いてもなかなかよい習慣かもしれない。

…と思って、ふと思い出したのだが、こじろうの受験の直前に「中学受験を親子で楽しめるだろうか??」という記事を書いたことがあった。中学受験をするメリットは十分感じていて、それで受験をするわけだけれども、実際にごたごたしている生活はとても「楽しい」範疇におさまるものではなく、たいへんなことのほうが多い。それでも、子どもとのやりとりをじっくり楽しんで、その延長にのるくらいの範囲で、行けるところに行く受験だったら「親子で楽しむ」ことができるだろうか?? というような内容だった。

それから二年半がたち、「子ども」の立場にいるのがこじろうからはなひめに代わり、私はずいぶん前のときより楽しんでいると思う。それは、はなひめが打てば響くからとか言語能力が高いからということではなく(多少はそういう面もあるが)、むしろこっち側の状況の変化…

二度目だからなんとなく焦りが少ないというのがひとつ。もうひとつは、(受験する子の)下の子がいないということだ。これは物理的な余裕を作るものとして大きい。そして、親子で楽しむ中学受験ということでいうと、新聞は、必須アイテムでしょう。

ということで、週一回とはいえ、新聞を取り始めた我が家。これが、毎日アイテムに昇格していくのか、逆に廃れてしまうのか、さぁどちら。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←まだ参加者が少ないです。日能研の方どうですか
[PR]

by an-dan-te | 2011-09-12 07:54 | 中学受験

<< 本気スイッチはどこにある 計算ミス対策にも、やっぱり穴埋め!! >>