人気ブログランキング |

夏休みの計は海の日にあり   

本科授業も終わり、カリテも終わり、母の飲み会も終わり、なんの予定もないこの貴重な一日。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←夏休み始まるときには「長い」と思うんだけどねぇ

夏休みの勉強のスタートは…

見通しを立てること!!
毎日分(計算と漢字など)の組み立てを確認すること!!

ですね。

塾でもらった「がんばれ夏期講習 夏の目標」というシートがあって、予定一覧と、各教科の目標か書き込めるようになっていたので、まずはそれを埋めてみました。

まず夏期講習がある日に印をつけ…すごい日数だよねぇ…
ご丁寧に特別講座とかいうのもあって。特に申し込んでないけど受けることになってるらしい。
テストの日が三回。あ、記述力模試なんてのも別個にあんの…
それから、広島旅行と、ラジオ体操と、プールと、造形教室。
小学校の水やり当番もいっしょに書いておきたいけどまだ決まってない。

夏期講習とテストと旅行がない「ふつうの日」は15日。たぶん、遊びがこれからまだいくつか入るからいいとこ12日かな。それで、社会の総復習と学校の宿題(自由研究ほか)をやらなきゃいけない。

夏休みで、夏期講習を除く最重要課題は社会の総復習。方法としてはカリテ全解き直しかなと思うんだけど、はなひめからブーイング。

それを、カリテ総復習がどんなに役に立つかということをこじろうの事例からこんこんと説き、そして塾の個人面談では開口一番「夏休みには地理の総復習をしてください」と釘を刺されたことを念押しし、なんとか納得させて(ねじふせて)このように。

目標「社会」…☆カリテ総復習、○暗記毎日ちょびっとずつ

次に明らかなのは算数の課題

目標「算数」…☆計算毎日速く正確に。 * 時間を計ること!!

それから国語はまぁ心配してないけど漢字や語句は溜めないでコンスタントにやらないとね

目標「国語」…☆記述 ○漢字・語句

記述という課題は夏期講習テキストにあるもので、必然性はよくわからないが本科の国語の先生から夏休みの宿題として言い渡されたもの。作文用紙みたいなものももらっている。夏休みのあと提出するというのではなひめとしてはこれはハズせないであろう。

理科は…考えてなかったな。特別に時間を割く余裕はないと思うからやっぱりこれ

目標「理科」…☆講習集中 ○オプ説

時間を割きたくないならとにかく講習の時間内にきっちり身につけること!! オプ説は、本科テキストの課題で、これまでやってこなかったもの。これも、本科の理科の先生から夏休みの宿題として出たもの。講習自体が総復習であるのに重ねてこれを課題として出す意図は、記述の練習ということだろうか。

ということで、スケジュール確認と目標立てるとこまで済んだ。
目標を記入したシートを壁に貼ると、なんか夏休みの気分になってきたね。

毎日分についてはまた明日書きます。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-07-18 10:33 | 中学受験 | Comments(3)

Commented by sonotoori at 2011-07-20 16:22 x
こんにちは
台風でどたばたした期末となりましたが、いよいよ夏休み始まりますね!

アンダンテさんのブログを途中から拝見しているので間違っていたらごめんなさい。
はなひめちゃんは理社の受講を始めたのは5年生になってからでしょうか?

実はうちの子も5年生から理社を始めたので、この夏休みに地理の総復習をしなけれはいけません。
4年生の範囲のテキストを買って準備はしてありますが、やることいっぱいなのでさほど必要なければ4年生の範囲は飛ばして5年生からでも良いのかな??と思ってしまいますが、いかがでしょうか?
Commented by an-dan-te at 2011-07-20 22:43
sonotooriさん、
はなひめは四年の間、近所にあるゆる~い塾で勉強していました。理社はあったんですけどたいして効いていません。そんなことあったっけーってなくらいです。

総復習は、五年時にいちおう必要事項すべて出てくるので五年のテキストだけでいいと思いますが、ごちゃごちゃしてわかりにくいところは四年のテキストを見るとシンプルだったりします。うちは日能研の四年のテキストは持ってませんが。
Commented by sonotoori at 2011-07-21 17:17 x
了解しました。
四進ジュニアのテキストを買ってみたので、
就寝前の読み物程度でも、サラッと知識を増やしていきたいと思います。

やることいっぱいなので、親も気を引き締めて毎日の進捗をチェックしていかないと…
がんばります!

<< 毎日まいにち。夏休み中ずっと。 親の力で押し込んだら、深海魚ま... >>