人気ブログランキング |

親の力で押し込んだら、深海魚まっしぐら!?   

このタイトルは、おととし本館ブログに書いた記事のものをそのまま取ってきました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←やってよかった中学受験。それが、親がかりであっても(^^;;

「親の力で押し込んだら、深海魚まっしぐら!?」
(本館ブログ: 2009年12月03日)

この記事では、
子どもが自立(自律)して勉強するタイプじゃない場合に、
親が段取りして回して、なんとか中学校に押し込んでしまったら、
深海魚(成績不振)コースまっしぐらなのかどうか??
という問いを立て、それに対して

・そもそも親の力でどうこうできる部分は少ない。結果として入れたならそれは子どものポテンシャルとしてその学校でやっていく力があるということ
・しかし自律的に勉強できないタイプであれば、中学に入ってしばらくの成績は期待できない
・本人が学校の雰囲気に合っていて、意欲をもって生活しているなら、成績もいつか伸びてくる可能性が高い
ということを書きました。

今この記事を読み返してみると、なかなか感慨深いものがあります。この記事を書いた時期はこじろうが中一の冬だったわけですが、その後、またろう、こじろう、その友人たち、そして私の友人の子どもたちのさまざまな変遷を見る機会がありました。

だいたい、親掛かりで中学受験を回してきたものを、中学に入って急に手を離してしまったら、そりゃ倒れます。ぶくぶくと、成績的には親が不安になるほど沈んでいくことがあるかもしれません。もし、徐々に手を離すことができるなら、ソフトランディングという意味でよいでしょうが、そんなに本質的な違いではないような気がします。

それに、親が「徐々に」手を引こうと思っても、中学生になった子どもは、もういきなり親の手を借りることを拒否するかもしれませんし、そう親の段取りどおりには動きません。

それでも。

子どもが、そんなに勉強熱心ではないとしても、
・熱心に部活に取り組んでいるとか
・友だちと話したり遊んだりが楽しくて、毎日学校には元気に行くとか
・家ではあまり勉強しないけど授業はまじめに聞いているようだとか
ま、そんなところがあれば、たぶん大丈夫。結局、毎日、楽しいことがあってがんばりたいことがある。それがすべての基本なのだと思います。

そして成長というものは、生き生きした生活に支えられた意欲によって引き出されるのではないでしょうか。

そして、どこかで。きっかけが何になるか、それがいつになるかはなかなか予測しにくいのですが、たとえば、将来の進む道についてのイメージがおぼろげに立ち上がってきたとき、とか。

どこかの時点で、ポーンと大きな段差を越えたように、自分自身の意思として勉強…とは限りませんが「何か」に向かうようになります。

そこからの上昇傾向は、本物です。純粋に本人のものです。

中学受験のとき、親の手と目でちょいと手助けして、その子どもに合う学校に入れることができ、そしてその結果、自分で(自力で)充実した生活を送ることができる環境を手に入れたとすれば、親の喜びとしてこれにまさるものはありません。

そうしたら今度は、その生活自体が、意欲を、そして成長を育んでくれるのですから。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-07-16 23:40 | 中学受験

<< 夏休みの計は海の日にあり ほどほどの本気をつないでいこう >>