人気ブログランキング |

ひとりで勉強できるかな   

カリテの成績を短期的にとにかく上げようと思えば、やってできないことはなくて、ひたすら家庭学習の間中、親が横について効率よく勉強を進めてしまえばよい。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←夏休み前までで「半年」ってことになりますね

実際、日能研に入って一ヶ月くらいのときは、はなひめに勉強の仕方を教える都合もあってそうしていたら成績急上昇したけれども…ずっとそんなことやってられないし…

また、やるべきでもないだろう。ということで、その後は関わり方もそれなり、成績もそれなりということで穏やかに推移している。

親がつきっきりというのはたとえば、社会の栄冠への道をやる場合に、本人が問題文を読んでいる間に、参照すべき地図帳のページを親が開いてしまって「ハイここ見て!!」なんて調子のことだが、実際、最初のころは、そうでもしないと問題を解くだけで悠久の時が流れてとても回らなかった。

最近は、とりかかりと終わりの時刻を意識させること、そして私は同じ部屋(リビング)にはいるが横に座ったきりにはならないことを心がけて、理社の栄冠への道をおおむね一人で進めることにはだいぶ慣れたようだ。ここんとこの様子をみると、「つきっきり」のときよりは遅いかもしれないが、ずいぶんスムーズになってきて、特に昨日、最後はむちゃくちゃ時間が押してきたのもあって、「テスト中」並みのスピードで解答欄を埋められていた。

国語は、もともと一番抵抗がない科目でもあり、親がいない時間帯にやる原則になっていることもあって、問題ない。

一番問題なのは算数で、わからなければすぐ聞く(解説を見るのではなくて)というところから離れられないでいたんだけれども、昨日、スケジュールから取り残されてしまった栄冠への道残り二題(つまり、ラス2なので比較的難しい問題)を、学校から帰ったら即、遊びにいく前にやるようにといって意図的に一人でやるようにしてみたのだが…

一問は、「自分で解けた」と上機嫌。もう一問(ラスト)は「答えと違っちゃう」で止まっていて、結局母が帰るまで解決はしていなかったけど、とにかく不在時に取り組んだ実績ができたことは大きい!!

あとちょっと。当初の目標は、「入塾半年で自立」。間に合うか!?


もっとも、スムーズに一人でできた回は、内容がまったく私の頭の中にはなく、理解不十分な点も、暗記が不足している点もわからず、フォローのしようがない。さらには、テスト直しもひとりでやってたりするとほんとにまったくわからないので、これはもぅ、あとは自分でがんばってね、というしか…

ということで、そうしたらブログに書くこともなくなるので(^^;;
受験終了を待たずしてめでたく終了か!?

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-06-03 07:42 | 中学受験

<< 睡眠時間と勉強リズムと 暗記と算数 >>