人気ブログランキング |

そういえばオプ活を活用してなかった   

オプ活といっても日能研以外の人には通じないけれど。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←結局、算数に時間かけるしかないのねぇ

日能研の教材は、塾授業で使う本科テキストと、家庭学習で使う「栄冠への道」に分かれているが、「オプ活」というのは「オプション活用」の略で、本科テキストに含まれている補充問題のようなもの。

算数と理科では、「栄冠への道」のほかに、「オプ活」が宿題になることが多い。

はなひめの宿題が回らな~いなどと嘆いていて、ついさっき「はっ」と気がついたのだが、そういえば、こじろうのときにはそもそも「オプ活」の存在を無視していたわけだ。基本、塾で何を宿題として出されているかを把握しようとすることなく、ただ「栄冠への道」だけをやって済ませていたのだ。必然的に、「オプ活」を意識することもなく、細かくいえば「白地図」もやってなかった。いや、細かくないか(^^;;

こじろうがなんとか一週間回してて、はなひめが回ってないのは、こじろうのほうがたくさんの時間勉強してたからというようなことは決してないが、こじろうのほうが問題を解くのが速いからだと思っていた。特に算数とか。でも、もちろんそれもあるけど、というか大きいけど、課題の量も違うのだった。

こじろうのとき、家庭学習の課題と認識されていたもの:
・計算と漢字
・栄冠への道
・テスト直し

…以上。シンプルだ。

そして今回、追加されているもの:
・計算と一行題
・オプ活
・白地図(ある場合)
・語句のたしなみ

…あと、理科の補充問題とか、細かいものはいくつか。ちなみに、「難関校対策問題」は宿題に出ていますが、現在も無視してますので記載されておりません(-_-;;

結局のところ、こじろうのときはそんなコンパクト勉強でも別に問題なかったわけだし、今回だってそこまでは削ってよしということになるんじゃない?? ともちょっと思うのだけど…

白地図をやっていなかったため、こじろうの地理はあんなんだったんだよね!? というキョーフ(^^;; とか。
語句はほんとぎりぎりまでひっぱったんだよねーという反省、とか。

要するに、いったん教材を見てしまうと、その良さもわかるので、なかなか削る踏ん切りがつきにくいというのがある。特に、「計算と一行題」は、これまではなひめの成績を上方向に引っ張る一番の力持ちだったのはコレだという確信があるだけに、これだけは削れない。

それで、「オプ活」の中身はというと、まず理科のオプ活は、算数のオプ活と違って短く、栄冠への道の問題とちょっと違った角度からの問題になっていて、なかなかおもしろいことが多い。まぁやったほうがいいと思うし、そんなに時間はかからないからやってもいいと思う。

算数のオプ活は、けっこう長い。栄冠への道の類題(というかはっきりいって数字替え)がずらっと載っているようなもの。

先日の懇談会でも、算数の先生が「オプ活は必要なければやらなくてかまいません。栄冠への道の繰り返しなので」といっていた。実際、こじろうは、その「必要ない」状態だったといえる。しかし、はなひめはどう考えても「必要ある」状態だ。

だからこれまでもなるべくやるようにはしていたのだけど、まぁまぁ得意な単元ではオプ活までできるが、うだうだの状態の単元はオプ活までできないということになる。

結局のところ、
さらっとオプ活まで回るような状態ならオプ活は省略可、
栄冠への道だけでもおたおたしていて回らないような状態ならオプ活まで必須

ってことなんじゃないの??

…と思うとなんか空しい(-_-;;

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-05-15 20:30 | 中学受験

<< 御三家を目指すクラス? クラス別合格目標校 >>