過去のことより、未来について語ろう   

なんか「でかい」タイトルですが、ほんの小さな話なんです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←一歩一歩

例えば、毎日計算練習を1ページやるのが、親子の約束だったとしましょう。

無理な約束じゃありません。
必要性も明らかです(たぶん)。

やらない理由は、ありませんよね?? (もちろん、病気したとかは別です)

それで、一週間たって週末に、今週の進捗状況を親が確認してみると、
やってない。あるいは、答えを写しちゃってる。

こういう場合に、頭に血が上るのはしかたありません。親子ですからね。家庭教師だったら、血が上ったりはしませんよ…私も、家庭教師経験ありますが、それでイラッとすることなんざ、滅多にありません。他人ですから。プロとして、必要と思う対応をするだけです。

「やる気あるの??」あるいはもっといえば「親をだまそうとして!!」などなど、言いたいことはたくさんあるでしょう。やらなかったことを非難するのは別に間違いではありません。やるべきことをやらなかった。この点において、正義は親の側にあります。

例えば、またろうの公文とかで私はこの手のバトルを繰り返してきました。

人は、特に自分の側が正しいとき、そのままどこまでも押していきそうになります。「月謝をドブに捨てる気かっ!!」スポンサーも親ですしね。子どもがだんまりを決め込んでも、屁理屈で反撃しても、よけいかっかするには違いありません。

過ぎたことを追及する態度が、いいとか悪いとか、正しいとか間違ってるとかいうことを言っているのではないんです。そんなことはさておき、とにかくこれは…無益なんです。

だって、ここで子どもは何といえばいいんでしょう…「ごめんなさい、次からちゃんとやります」ですか?? なんかうそ臭いです。だって何度も裏切られてきたんですよね。なんで今回に限ってこれまでと違う明日が来ると思えますか?? そんな空しいセリフ、さすがに言えませんよね。だから、だまるか屁理屈くらいしかないんです。

過去のことより、未来のことです。

まず一日のうち早めの時間に、やったかどうかを確認し、やっていなければ「今からやってね」と言う。あくまでも、未来の話をします。そしてやり終わったら、それを認めて、記録します。カレンダーでも、記録ノートでも。とにかく、こまめな確認、そして、記録です。これからできることについてのみ指示をして、過去の非難はまったくしないか、事実についての簡潔な指摘にとどめます。

そして、過去のことについて語るのは、ほめるときにします。記録ノートをみて、一週間続いたことを褒めましょう。もっと材料があれば、所要時間が短くなったことや、正答率が高くなったことを褒めてもいいし、言われる前に始めた日があったことを褒められればなおいいです。

私のこれまでの人生経験から、この方法には絶大な効果があると断言できます。応用範囲も、広いです。

しかも、この方法で長続きすると、その習慣にどんな価値があるのかが、子どもにもようやく実感できるようになるんです。そしたら、確認のサイクルを長めにしていくこともできます。真の自立に一歩近づきます。

ここで、ひとつ問題です。なぜ、うちの子どもたちはそのように真の自立に近づいた、日々の課題がこなせる子になっていないのでしょうか??

答えは簡単です。親が続かないからです。時間も忍耐もそんなにたくさんありません。子どもが多ければなおさらです。私は現在、またろうの公文とはなひめの「計算と一行題」にしかこの手を使っていません。それ以上は無理です(*)。

というわけで、またろうの公文と、はなひめの「計算と一行題」。ね?? 小さな話だったでしょ??

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。


(*) 親が確認しない日ができちゃったとき、もしかしたらその毎日やるべきことが滞っていたかもしれませんが、それについては深く追及せずまた気を取り直して未来について語ります。その日の分から着実に実行します。確認がない間だらけていたことの追及も、それから、親自身が確認しなかったことへの自責の念もナシにして、ただひたすら今からあとの話。たんたんと。
[PR]

by an-dan-te | 2011-05-02 13:46 | 中学受験

<< 穴は最後までとっておけ!? いい解き方、思いついた(^-^) >>