人気ブログランキング |

「女子校育ち」ということ   

去年の文化祭めぐりで、行ったのは結果的に全部女子校だったので、友人から「共学はダメなの??」と聞かれたけど、「いやそうじゃないけど、女子校はまったく調べてなかったから」と答えた私。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←明日から春期講習

実際、うちから通える範囲の共学校であれば、こじろうの受験のときにいくつか行ってみたからね。女子校には行ってないので(当たり前…)改めて調べるのは当然だろう。でも、女子校めぐりをするうちに、なんか私の頭の中では、はなひめが女子校に進学するイメージばかりが浮かぶようになってしまった。一方、はなひめは、特にどちらがよいとは思っていない様子である。

こじろうの受験のときは、「人類の半分は女性なのに、六年間男ばっかりで過ごしちゃったらリハビリがたいへんだよ!?」などといって共学を薦めていたというのに、この豹変ぶりは何なのか。

やっぱり、男子校育ちのよしぞうが「男子校はやめておけ」といっているのに対して、私自身は「女子校に行ってよかった!!」と思っているあたりが、この非対称を生むのだろう。

私にとっての女子校のイメージというのは「自由」「濃い」「とことん」という感じかな~
デメリットというと、女らしさとかおしゃれとかを磨かないまま大学生に突入することだろうか…

別に、男の子とコミュニケーションしづらいというようなことはなかったけど、さっとお酌するとかそういうのは身についてなくて、うっかりすると自分がよくほかの女の子にお酒ついでもらってたりして(爆)、それから外見を磨くってことには結局慣れないまま大人になってしまったような…それは女子校育ちのせいなのかどうか…

「女子校育ち」(辛酸なめ子著、ちくまプリマー新書)という本を店頭で手にとって、「はじめに」を斜め読みしたところ、「ふむふむ、あるある」というか、私が感じていたことを非常に的確にまとめてくれていたのでつい買ってしまった。著者紹介によればJG卒だそうで、違和感ないのも当然か。

辛酸なめ子さんの表現を借りると、私が感じていたメリット、デメリットは
・くだらないことでも妄想でも徹底的に追求できる
・ブサイク蔑視など皆無の野生の楽園
・「女の敵は女ではない」と思えるようになった
しかし
・女子力を磨いてこなかった
となる。

そうか、なんとなく「自由」と思っていたその中身は、制服がない規則がない、やりたいことに打ち込める自由ではあるけどその中に「男子の視線からの自由」ということもあったのだなと。もっともこれは、同じく女子校といっても学校によるらしくて、学校によっては非常に厳しく「かわいさとセンス」による序列が生まれるところもあるそうな(?)

女子校といってもいろいろ。「はじめに」に書かれていたのは著者自身の感覚とか体験に基づくもので、つまりは私の感じていることとぴったり同じなのだけど、本文のほとんどは別の女子校の話だ。実にいろいろな学校について、卒業生に話を聞いたり、在校生に話を聞いたり、女子校に勤める男性教師から話を聞いたり、昔男子校にいて女の子をナンパしていた男性たちの座談会をしたり、文化祭や説明会のみならず同窓会(!)の取材までして、多方面からまとめている。

読んでみると、ほんとうに女子校といっても様々、でもその中に共通する部分もあり、というのが見えてくる。私が女子校よかったと思っても、娘はまた違うタイプの女子校がよいかもしれず、あるいは共学校のほうがいいかもしれない。この本は、女子校カタログというか、校風のバラエティーについてちょっと理解が深まるので、女子校検討中の方にはお奨め。

特に、JG卒の人には、似た視点からの豊富な観察記録が読めるわけだから、お買い得ですよ(^^)

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-03-30 12:57 | 中学受験

<< 計画「家勉」は無計画「家勉」に カリテは忘却の彼方に >>