人気ブログランキング |

計画停電と塾授業   

今、会社で自席にいたら、同僚の携帯がいくつか鳴って(緊急地震速報)、ほどなく揺れ始めました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←計画停電の先行きが心配

ここ数日の中ではけっこう大きかったような。まだなかなか落ち着かないですね。

子どもの通っている公文教室では、ふだんの開室時間にかかる計画停電があるときは、実際に停電があるかどうかにかかわらず、停電時間帯を避けて開室時間を短くして、「教材交換のみ」という扱いになってます。もともと、公文はそれぞれの進度に合わせたプリントで自習のスタイルなので、これでもいいだろうという考えなんだろうけど、こちらは「教室にいる間くらいはまじめにやってくれる」的な効果も期待しているわけで、なんか「お買い損」な印象はやっぱりあります。

はなひめが通う日能研教室は、地震当日分の延期、翌週月曜日の休講、水曜日の停電中授業ときて金曜日は通常どおり、そして昨日からは計画停電を避けて時間をずらしています。

昨日は祝日だったのもあり、朝からの授業でした。学校がある日は朝からってわけにはいかないけれど、もう小学校が午前中しかないので二時から始めたりしています。時間があれこれでわかりにくいけれど、停電中に行き来するのも心配ですし、はなひめは懐中電灯授業が気に入ったようですが(-_-;; そりゃやっぱり不便でしょうから、時間をずらすのはいいですね。先生方は、開室時間が延びたり、調整だけでもほんとにたいへんだと思いますが。

心配していた電車のほうも、うちから塾までの路線は、本数やや少なめながら安定稼動していて今のところ大丈夫です。

塾での授業はやっていたとしても、交通機関の事情や、あるいは落ち着くまで親戚の家に避難していたりしたら参加できないこともあるでしょう。それに対して、マイニチノウケンで動画やプリントを配信しているのは「せいいっぱいの誠意」だとは思いますが…動画やプリントについてはあまりそれで勉強しやすくなるという感じはしませんでした。うちはね。

ほかのブログを見ていると、動画を見てお子さんが自分でちゃんと勉強していたりするので、役に立っていることもあるんだなぁと。

教材自体がよくできていますし、追加の動画やプリントはともかく、自宅で勉強することは可能です。短期間ならば。でも、休講してその代わりに動画やプリントなど自習教材を配信するといわれても、それはうれしくない…

時間帯をずらすのは、比較的時間の融通が効く春休み中までは可能ですが、また新学期が始まってしまうとどうなるかわかりません。新学期までに落ち着いているといいですけどね。塾側の問題であれ、電車の問題であれ、実際問題、塾の授業に通えない期間が長く続くようであれば、さすがに意味がないということになってしまうかもしれません。

短期間であれば、せっかく軌道に乗りかけたカリキュラムに沿って走り続けるメリットを取って、家庭でサポートをしつつ乗り切ることを選択。長期化するならば、例えば(電車の問題であれば)徒歩で通える塾に切り替えることを検討。ってところですかね我が家のスタンスは。

地震発生からここまで来て、日能研の教室自体はものすごくがんばって授業を続けてくれることがわかりましたので、あとは安全に通える状況であるかどうか(電車、原発など)にかかっていると思います。

公文に関しては、またろうの数学と、こじろうの数学で通っていますが、教材交換だけでも本人がやるといえばそのままでいいし、うまく回らないようならやめるという感じ。現在の我が家にとっての重要度が低いので、こっちは特に心配してません…

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-03-22 13:15 | 中学受験

<< 夜ごはん前に塾から帰るっていいね いきもの >>