人気ブログランキング |

塾の国語の宿題に悩む   

日能研の学習の進め方というと、授業で本科テキストをやって「栄冠への道」という問題集が宿題になるのが基本のパターン。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←時間資源は有限だ

宿題として、これに追加して、社会でいえば白地図の何ページとか、算数でいえばオプ活(オプション活用)の何番とか、そんなふうになったりすることが多い。こじろうのときには、なにしろ宿題をメモってこない子だったから(-_-;; えーいめんどくさいということで、宿題指示を一切無視して「栄冠への道」だけをやり、提出もしないで受験本番まで通してしまったが…

「宿題をメモする」「宿題を提出する」というスキル(あるいは、メンタリティー)だってこれからの中学校生活に必要なのよ!! という反省に立って、今回はちゃんと「宿題」やるぞーという決意も新たに迎えた今回の塾生活。

しかし、国語…はなひめがいちばん得意なこの国語で、いきなり困難にぶつかってめげそう。

宿題ノートが五冊必要だという話は前に書いた。「問題演習」「漢字1」「漢字2」「授業のまとめ1」「授業のまとめ2」。このうち、「問題演習」は提出ではないしやることは明確だから問題ないとして、残りの四冊が提出用。提出という行為自体、我が家で伝統的に苦手とされている(?)ものなのだが、それはともかくとしてまず中身が問題。

「授業のまとめ」に何を書くのか、はなひめの説明だといまいちよくわからないが、とにかく授業で説明された重要なこととかをまとめるらしい。たとえば、論説文の読解は何に注目してどう読み解く、みたいな話があったらそれを図式化するとか?? うーん…それはそれで趣旨としてはわからなくもないんだけど、はなひめの現状からいえば、そんなノートを作る暇があったら全部算数にまわしたいよ。あるいは、まとめノートを作るならまず社会でしょう。

それで、とりあえずは「授業のまとめ」をさくっと割愛して(←すでに宿題をきちんとやるという話から落っこちている)、「漢字(語句)」のノートだけ作ることにした。これも、提出のために二冊に分割するだけでも煩雑なのだが、フォーマット指定がまたきちんとしていて、枠線書いてテーマの単語を大きく書き、辞書から引き写した意味を書き、例文を書いて、そしてテーマの単語を何度も書いて練習して…というような。

こんなことを丁寧にやっていたら、いったい何時間かかるかわからない。はっきりいって、はなひめに必要なのは、栄冠への道で読解練習と語句練習、そして漢字の練習はちょいちょい書き散らして覚えてそれで十分だと思うんだけど…

でも、提出を丸無視するのも気が引けるので、漢字を書き散らす練習をしたノートをそのまま提出させてみた!!

そしたら、提出の翌週になって、きちんとコメント入りで返されたノートには
「どうやらやり方がよくわからなかったようですかね? またお話ししてさし上げましょう。」
…あぅ。。

ちなみに、母がコピーするページを間違えて悲惨なことになった漢字小テストには
「もう少し時間と手間をかけて準備したいね。」
…あぁ。ごめんよはなひめ。

まぁとにかくマメな人らしい。それでどうするか、という話だけど、昨日はとりあえず先生の指示に従って語句のノートを作るか、ということになった。しかし、そうするとこれだけで火曜日の勉強は終わってしまう勢い。一方、国語の勉強の中でも、きれいに語句ノートを作るよりは栄冠への道の読解をやるほうが優先順位は高いと思うし、しかも、この先生は授業の進め方も独特で、本科テキストにある文章の読解も授業では扱わず、ほとんどまるごと宿題になってしまっているのだ。…この話続く。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-03-02 07:35 | 中学受験

<< うっかり体質 手ごたえをつかむ二回目公開模試 >>