人気ブログランキング |

受験に分断されない六年間   

日能研で、保護者向けに配っている「NettyLand」という薄い雑誌があって、これはつまり全体が「私学」の宣伝みたいなものなんだけど…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←やってよかった中学受験、とは、こじろうの場合特に思う

中学受験専業でやっている日能研としては、もちろんみんなに中学受験してもらいたいわけで、とにかくイイコトしか書かないのね。ものごとには常に両面があるのに、不自然に片方しか書かない。宣伝紙はそうしたものだといえばそれまでだけれども、中学受験を積極的に選んだ私が読んだってむずがゆくなるよ。

というわけで、「中学受験で得られるものは?」(←この雑誌の特集)を私流に書き直してみた。

ポイント1: 中高一貫であるということ
高校受験に分断されない六年間があるというのは、確かに大きなこと。自分の体験としても
・友だちと濃い時間を長い期間過ごせる
・自分の没頭したいことに心置きなく浸れる青春
・大学受験の準備がしやすい
などのことがとてもよかったと感じる。

こじろうの場合、まだ中二だから、振り返ってみてどう思うのかはわからないけど、今、熱中している部活(スポーツ)を、そのまま高校まで、あるいは大学までだってほとんど中断なく続けられるのはすごいと思う。もちろん、そのスポーツで身を立てるようなことは金輪際ありえない(^^;; んだけれども、そしてそれはたいていの人についてそうだろうけど、でもこの若い六年間に真剣に取り組んだことって、形を変えてその人の人生を支えてくれると思う。

でもね、これは要するに、若いうちに六年間没頭すりゃそれはかなりのことができるだろうってことで…こじろうは「部活」という形でのめりこめるものを見つけたから、六年間「学校」がつながっていることのメリットが生かせるけれど、やりたいことが学校に付随したフィールドで行われるものでなければ、中高一貫である必要は特にない。

同じ六年を、小四~中三と考えることもできるし、あるいはもっと小さなころからできるものであれば、中学受験さえしなきゃそれだけ長い期間が続けてとれるわけだ。(*)

特に、ピアノ、バイオリン、バレエのような幼いころからやる習い事関係とか、野球・サッカーなどスポーツで、本格的にやる場合は、小四~小六の三年間を塾通い中心に過ごすってわけにはいかないだろう。もちろん、強靭な体力と精神力で、ブランクを極力つくらずに中学受験も乗り切っちゃうという人もいるだろうけど、それは誰でもできることではないし、困難なことには違いない。

だから、まずは熱中できるものが小三・小四時点ですでに見つかっていれば公立中コース、そうでなければ私立中コース、というのが私のまず第一段階で考える目安。我が家の場合、保育園から学童という育ち方をするので、そういう意味からは「この子は公立中コース!!」というほどの「何か」を見つけられる可能性は少ないといえる。

いちおう、学童が終わった時点で、本人の希望により、こじろうは和太鼓、はなひめはバレーボールを一年間やってみたけれども、そこまでの「出会い」にはならなかった。

ところで、またろうの場合はというと、これはピアノやバイオリンなどの、人様にいえるような立派な習い事とは関係ないんだけれども、小中の九年間は、これはこれで、本人にとってはどうしても必要な、茫漠たるというかまったりとした「間」であったという感じ。これは必然で、迷いもなし。

そうそう、またろうと同じ学年の、うちのホームコンサート常連のゆかりちゃんは、幼いころからピアノメインだから当然公立中コース。そのまま、高校受験のときも勉強の塾に通ったりはしないで、音楽高校に入学。やりたいことと才能が一致していたら、それは迷うことはないよね。すばらしい。あ、案外本人や親には迷いがあるかもしれないけど。

あれ、ポイント1だけでこんなに長くなっちゃった。続きはまたこんど(あれば)。

(*)詳しくいえば、成長の段階が違うから、小四から六年と、中一から六年の意味はずいぶん違う。やりたいことの内容によって、どちらがより適しているということはもちろんある。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-02-20 07:13 | 中学受験

<< 泥縄をなうカリテの朝 土曜日の有効活用は >>