人気ブログランキング |

計算力向上、まずは「見える化」   

塾教材は、やんなっちゃうほど、どかどかと山のようにあるけど…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←どげんかせんといかん算数、まずは計算から

現在、我が家の最重要課題と位置づけられているものは、「計算と一行題」。算数が課題のはなひめとしては、ということでもあるし、他のもろもろのものは「塾でしっかり聞いておいで~」の自動運転でもよいけれども、ここだけは親がしっかり回してやろう、ということでもある。

大事なことは、本人が、
・速くやろう
・正確にやろう

という意識を持って取り組むことだよね。

え~こんなめんどくさいのやるのやだ~うだうだうだ

みたいにして計算してても、ホントにしょうがない。でも、ただ親が「きちんと集中してやりなさい」「間違えないで」などとくどくど言ったところで、一年たっても何も起こらないのは見えているので、今回、この教材を始めるにあたって、マンスリータイプの薄い手帳を買ってきた。

f0185839_8121586.jpg


そして、「計算と一行題」「ストップウォッチ」「手帳」を必ずセットで置いておくようにする。

はなひめには、必ず時間を計るようにと念を押す。毎日、計算が済んだら、時間と正解数を記録する。

そして評価:
はなまる…ばっちり!! よくできました
○…まぁまぁがんばりました
△…うーんもう少し
×…(-_-)

* 時間を計り忘れると、「△」以下になってしまいます。

f0185839_814740.jpg


時間も計れて、全問正解ならはなまる!! もちろん、毎日問題は違うわけで、何分以下ならいいかとかはわからないんだけれど、途中で横道(兄と喧嘩するとか)に逸れなかったかの目安になるし、具体的な目標値はなくとも、まずは時間を意識することが大事だから記録は必要。

別に、できたできないで賞罰とかはないんだけど。こうやって一覧表にされるとなんだか燃えます。

「これ、うっかりしただけで自分で直せたからマルにして!?」
なんて真剣に交渉されたりもしたけど、もちろん答えはNoです。そういう「うっかり」を撲滅するためのものでしょ?? 何のためにやってると思ってるんだ…

これがなかなかどうして、たった六問がばしっと合わせられず、負けが込んでる。鬼門は最後の図形問題で、なんか途中までやって終わりにしちゃったり(こっちじゃなくてこっちの面積を聞かれてるの!!)、どうも図形というのは「慣れ」が著しく足りないというか、余裕が無くって問題をこなすだけの注意力まで回らないらしい。

昨日は、「ぜったい今日ははなまる!!」の気合で、本人なりに途中で「今求めたのは何」がわかるようなメモの仕方をこころがけ、ようやく合わせることができた。

とにかく、「計算と一行題」これがバシッと合わないと気持ち悪い。そう思ってもらえれば一応成功かな。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2011-02-13 08:00 | 中学受験

<< あったか塾弁 休日に助けられて、一週間 >>