国語の宿題用ノートは五冊!?   

国語の初授業で、どんなことをやったか聞いてみると、なんと
「三コマのうち、二コマ半くらいが、勉強の仕方の説明だった」
というのでびっくり。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←今日は、理社の初授業

「宿題用のノートが五冊いる」
と聞いてまたまたびっくり。

五冊の内訳は、
・復習用ノート: 栄冠への道、テキスト語句問題 ←提出不要
・振り返りノート1,2: 黒板に書いてあること、ちょこっとメモ、先生からの言葉のおすすめ
・漢字ノート1,2: わからない/覚えたい語句・漢字

つまり、「振り返りノート」「漢字ノート」がそれぞれ二冊あるのは、ひとつ提出して、ひとつ手元に持っていて、交代で使うためのもの。

ま、ともかく面倒見のよい先生なのだな。これは、先生もたいへんだよねぇ。
でも…ものの管理が苦手な我が家になんというハードルの高さ…

「振り返りノート」の中身がいまいちよくわからない。「大事なポイント」をまとめるという…??
趣旨はわからなくもないが、いまはなひめに必要なことは国語授業の振り返りノートを丁寧に作ることじゃないだろう。

漢字や語句は覚えていかなくちゃいけないが、はなひめの言葉馴染みのよさから考えれば、提出を考えないチープな回し方(使い捨てスペースに必要なだけ練習、テキストに直接しるしをつけて必要なところだけ繰り返し)のほうがずっと効率よくできると思う。

先生から配られた、サンプルとしての「漢字ノート」コピーがあった。これは、先生が書いたものではなくて、子どもが作ったなかで「美しいノート」をいくつかピックアップしたもののようだが、これがもう、無駄に美しいノートで、きちんと枠を作って、漢字と意味などをまとめ、何回書くぞ~みたいなノリで、ひらがなの言葉まで漢字と同じ数だけ書いて練習してあったりして笑える(^^;;

はなひめと私が、宿題についてああだこうだといっていると、こじろうが通りかかって、
ぼく宿題なんてやったことないしね
などとうそぶく。はなひめが、「えー??」と驚いてるので
「栄冠への道はやってたんだよ。でも宿題メモしてこなかったからコイツは~…っていうか、黙ってろよ話がややこしくなるから!!」
そうそう、はなひめはちゃんと宿題をメモしてくるからえらい!!

とはいえ。国語に時間かけてる場合じゃないはなひめの状況を鑑みた我が家流のアレンジとして、

・復習用ノート: 栄冠への道、テキスト語句問題 ←提出不要
これはやるに決まってるとして

・振り返りノート1,2: 黒板に書いてあること、ちょこっとメモ、先生からの言葉のおすすめ
これはざっくり省略

・漢字ノート1,2: わからない/覚えたい語句・漢字
これは、ただほんとうに練習したい語句・漢字をほんとうに練習したいだけ書く
…つまり、これまで使い捨ての紙に書いてたようなものをただここにまとめて書いて、そのまま出す。

というふうにしようかなと。まぁ、走りながら調整しよう。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2011-02-09 07:25 | 中学受験 | Comments(8)

Commented by ゆっけ at 2011-02-09 08:16 x
ノート5冊?!すごい面倒見いいですね。
うちは「まちがえたところと栄冠、記述のオアシスやっといて~」というざっくりした指示なので、助かってます(^^)
その分算数にまわさないと。だって「計算と一行題」もスラスラできず、詰まってるんですよ。うちのクラスは「計算と漢字」は任意で、「計算と一行題」が必須なんですけど、娘は「計算と漢字」をしっかりできるようになることの方が大事な気がする。。。かといって両方毎日やるのは重すぎるし。。。悩ましいです。。。
Commented by めだ at 2011-02-09 08:26 x
4年の時は全部の漢字を10回ずつ書くという宿題でした。
どうして書ける漢字まで十回?と息子はぶーたれてましたよ(~_~;)
時間は無限にあるわけではないですからね(^_-)-☆

採点ミス、4年の時は放置でしたが今年はバンバン言いますよ!今回は偏差値1ポイント上がりましたし~。
子供が必至で受けたテストですからね(*^_^*)
Commented by うさちびママ at 2011-02-09 12:16 x
マメに見てくれるのはすごいけど、確かにノートの管理が大変そうですね。

うちの教室は
・各科目の授業用ノート
・各科目の栄冠用ノート(表紙に専用のチェックシートを貼り、親がチェックした上で提出)
・計算と漢字用ノート(同じく親チェック後提出)

計10冊ですかね。提出ノートはその日のうちに返してくれるので、中身まで先生がチェックしてくれるわけではないと思います。
あとはテスト用の解き直しノートを作るように勧められました。

Commented by an-dan-te at 2011-02-09 12:57
ゆっけさん、
提出用ノートをダブルで作らせるということは、見ようとしてるってことだものね。すごいと思う。
でも、漢字語句について面倒を見てもらおうって発想はなかったわ。だいいち、そんな複雑なノート使いができるような子だったらその部分は心配いらないじゃない?(笑)
計算と一行題けっこう難しいですよね。あれを毎日やることだけ死守すると、計算と漢字の「計算」は自然消滅しそうな勢いなんだけど、ほんとはやったほうがいいんでしょうね…
Commented by an-dan-te at 2011-02-09 13:01
めださん、
「何回書く」というのは、勉強の効率としては悪いと思うけれど、つきっきりでなくても何がしかの勉強をさせる方法としては意味のあることなのかもしれませんね。
覚えやすい方法で、覚えられるまで、というのは、きちんと覚える気が本人になかったら機能しないわけで…でも、学校の宿題じゃないんだからやっぱり実質的にやるほうがいいかなと。
Commented by an-dan-te at 2011-02-09 13:07
うさちびママさん、
そのノート構成なら…まぁふつうですね。
やってあるかないかの監視を、親がやらなくても塾でやるようにという趣旨だったら、栄冠への道をやるノートこそ提出になりそうなものだから、つまりは別の狙いがあるわけですよね。
まぁ、まずは語句や漢字の習得をしっかりさせておこうということなのかも。
Commented by yoyo at 2011-02-09 21:47 x
うちも10冊ぐらいだったと思うから 普通だろうけど、早々に挫折しましたね。
授業用ノートは教科ごととしても、家庭学習は 漢字以外すべて1冊にまとめてしまいました。
算数の先生に怒られたって言ってましたが、
ノート探す時間が もったいないといい返せと言ってしまいました ^^;
申し訳ないけど 塾のチェック あてにしてないもの。
Commented by an-dan-te at 2011-02-09 23:10
yoyoさん、
こじろうは、宿題を提出したことないから…
で、演習・練習ノートは使い捨て。保存しない。というポリシーでサクサクやってました。これは、受験という意味ではまことに効率いいんだけど、ほら、中学生になってから何かと問題でしょ。だから宿題を提出するようにしたほうがいいと思ったんだけどさ…あまりの煩雑さに挫折しそう…

<< 理科社会は重い 偏差値55からの中学受験 >>