冬期講習テストの結果は   

冬期講習も無事終わり…自信のなかった(^^;; 往復も問題なく、風邪による休みなどもなく、どの先生が嫌だとか授業がわからないとかのマイナス反応もなく…とにかく、よかったです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←なんとか、日能研に「通う」目途が立った

人数といい、雰囲気といい、ずいぶん違う塾のはずですが、はなひめ本人からは特にどちらがいいとの強い意見はなく、このまま二月から転塾という線に落ち着きそうです。

転塾…!? というかまぁ、正直いうと、そういう意識はあまりありません。もともと、新五年になるときに日能研と思っていて、それまで電車も乗らずにいける塾でマイペースの準備をしておこうという位置づけだったので、さぁこれからいよいよ始まるぞという感じ。

今までの無料テストと違って、今回は初めて、レギュラー日能研生に混じってのテスト。基礎受験ですけど。

占いたいことは、
・はなひめが日能研の授業を聞いてその場で、ある程度内容を吸収できているのかどうか
・これまでの「ゆるゆる四年生」で足りない部分はどこなのか
ということだ。

結果は(基礎受験の中で)
理科>国語>社会>算数
で、理科はスバラシイ~いきなり評価10(カリテと同様、10段階評価がつきます)にお目にかかれるとは思わなかったよ。

懸案の社会は、予想ほど悪くない…まぁはなひめなりにがんばったという感じ?? つまり今回、家では冬講の復習はしていないので(「カリスマ先生…」を読んでただけ)、はなひめが授業を聞いている(もちろん、暗記しなければいけないところはとりこぼしていても)ということがわかったのでよしとしよう。

一方、算数はギリ平均点を超えたところ。何ができて何ができないかは非常にはっきりしていて、
「共通」100点分の中で、前半はまぁまぁでき後半はできない
「基礎」50点分は満点
となっている。

今回の範囲は小数の掛け算割り算、講習中に計算そのものの仕方はいちおう理解したが、「感覚をつかむ(定着)」には至らなかったようだ。まぁ、これはズバリ予想どおりといえばいえる。

国語は、漢字と語句がパーフェクト、漢字をきちんとさらっていけばきちんと取れるってのがいいよね。これ大事です。一方、読解は、うーん…そりゃこじろうのときとは比べ物にならないけど、まだけっこう練習足りないなぁという感じ。特に課題は説明文。これまでの問題は簡単すぎたからね。

というわけで、これから一月中、今の塾に通うわけだけど…今回のいちばんの穴だった、小数の掛け算割り算が出てくるからちょうどいい。あとはまぁ、流れにまかせていけばいいかな??

そして、入ってから…国語はぼちぼち追いつけるかなと思うけど、算数はまぁどうやっても苦労するだろうねぇ。いや、これでも私の当初の予想(はなひめ低学年時の感触)よりは健闘してるんだけど。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2011-01-09 22:21 | 中学受験 | Comments(0)

<< 語彙力アップのおまじない 一月おためし受験と模試の違い >>