人気ブログランキング |

テレビやゲーム、封印できますか?   

入試本番まで50日を切ったというこの期に及んで、日々のテレビやゲームをやめられない子の率はどのくらいなんでしょうか??

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←テレビはだらだら見る習慣がなかったので元からあまり問題ないけど

…というか、問いが逆だな。
やめられる子ってどのくらいなんでしょうか??

私の愛読するブログ、「日能研の歩き方」で「受験生なのにまだテレビ見ているんです!」という記事があったのでふと疑問に思った。この記事には、
> 受験生はわかっているんですよ。見てはいけないと。
> だから誰かが禁止してあげる必要があると思います。
>
> その嫌われ役は我々塾が買って出ます。
とある。しかも、

> 上位の生徒ほどテレビ見てないですね。ゲームも。
(中略)
> 差は開く一方ということですね。
だって(汗)

こじろうやまたろうはもちろん、私もよしぞうも、「起きている間は基本、勉強だけ」という生活の経験がない。だからなんとなくピンと来ないのだ。そんなことってできるんですか??

そういえば、「偏差値30からの中学受験」のたこ太くんも、すべての娯楽を封印されて、かろうじて休憩時間には学習漫画のたぐいを読んでいたみたいだけど。その封印は、本人の強い意志というのではなくて、親子バトルの結晶のようだし、勉強時間が長くても、そんなに上手にやれてたようにはみえない。

こじろうの勉強時間は短かったけれど、「ゲーム時間を確保するため」の執念の集中力はすばらしかった。あんな効率で勉強できて、しかも、娯楽なしで長時間勉強できる子って、いるのかな?? 効率が下手に落ちると、時間の長さじゃカバーできない差になると思うんだけど。

ま、たぶんいることはいるのでしょう。最後の模試でも合格可能性は地を這うようだったけど、そこから本人が目の色変えて本気になり、奇跡の合格を~なんていう場合は、ほんの一ヶ月半とかのタイムスパンではあっても、そういう驚異の効率×時間が達成できていた証だと思うし、もともと勉強好きな出来杉くんの場合はそうなっているのかもね。

でもその場合は、本人が本気で時間と戦っていて、テレビどころじゃないわけですよ。まさに。親の強権で「封印」するのとはわけが違う。

遊びたくてうずうずしてる「おこちゃま」から奪い取るように「封印」してうまくいくんだろうか?? 私にはどうもリアリティーを持って想像できなくてね…誰か経験談あったらぜひよろしく。あまり無理にやると何か別のゆがみが出そうでね。隠れてやるとか、脱走するとか(^^;; やっぱり「今日のやること済んだらテレビでもビデオでもどうぞ」といってがんばる、ってのがいいとこじゃないかという気がするんだけど。

とはいっても、テレビやゲームって、かなり曲者だ。本や漫画とはまた1ランク違うと思って対策はしたほうがいい。上述の記事で、
> 親御さんも気軽にテレビが見られないようにコンセントを抜いてあげること。
> コンセントを入れる瞬間に思い直せればいいんですよ。
というのがあって、この着眼はさすがと思った。つまり、なんの敷居もなくあっさり見始めることはできないようにしておく。

テレビやゲームというのは、人を引きずり込む強い刺激があって、それに対抗するのって、それなりに難しいことだと思うのだ。それはそういうもので、まさにそのように作られているといってもいい。だから、ふと手に取ればDSがある、傍らにあるリモコンをピッとしたら即テレビがつく。そういう状態で、「まずやることを済まそう」って考えるのは、そりゃできる子もいるかもしれないけど何もそこまでの困難にあえて立ち向かう必要もないでしょう。というか、それができないからもうダメだと思う必要はない。

封印までいかなくても、片付ける/隠すなどして、線引きをする。まずは集中してやるべき課題に取り組み、終わったら自由時間はなんでもどうぞ、という程度にして、ゆるく規制する。ま、ダイエットのとき、お菓子を目に付かない棚にしまっておく要領ですな。

そうやっていけば、中学受験は乗り切れると思う。ここで問題なのは、そうやって親の助けで誘惑からある程度の距離を置いて受験を乗り切ることはできても、その先の生活をどうするということね。まさかずっと手助けするわけにもいかないじゃないですか…この課題は我が家では現在進行形なんだけど。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2010-12-15 13:12 | 中学受験

<< はなひめのスケジュール大作戦 青木昆陽らぶ(その時歴史が動いた) >>