人気ブログランキング |

またろうの「バカ日本地図」   

またろうといっしょに高専ロボコン全国大会を見ているとき、「和歌山高専が優勝すると『キ…』地区で初の優勝ということになります」というアナウンスがあった。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←「バカ日本地図」を知らない人は、ぐぐってみてね

もちろこんこの「キ…」はよく聞こえなかったとしても「近畿」なのではあるが、またろうはそこを聞き違えて「九州初だって」などという。和歌山が九州にあるかっ!!(-_-# 「あ、間違えた。四国、だっけ??」ち、がーう。

またろうの頭の中の「バカ地図」は相当なことになってるらしい…

昨日の夕食時にその話題になり、またろうに「九州にある都道府県は?」などとクイズを出してみると、「長崎、大分、宮城…」えーっ、みやぎー?? 「あ、間違えた、みやーざきか??」一同、ほっ。

そこから、「熊本、鹿児島、佐賀」…止まった。なかなかいい線だが、足りてない。こじろうと、はなひめが、じれてもだえている。「はい、はなひめさん」「福岡!!」

そこから四国にいくと、「愛媛、香川」は出てきたがそこまで。中国は「山口、鳥取、島根、広島、岡山」。時間はかかったけど、揃った~でもなんでその順番で出てきたんだろう。「またろう、鳥取と島根はどっちがどっち??」と聞いてみると…

「えーと、鳥取が、北!?」…一同、崩れ落ちる。

いやー私、正直に告白しますと、子どもの中学受験の面倒を見る前は島根と鳥取がわからなくなってました(^^;; けど、「どっちがどっちか」だよ!? 決して、南北には並ばない<(^-^)>
#いばるとこじゃないけど

中学受験をするか、高校受験をするか、まぁどっちにしろどこかではまじめに勉強してみたら、ということではあるのだが。中学受験というのは、選びようなく広範囲の知識と理解を、とりあえずひととおり、ボコ穴なく(いや、多少の穴はありますが)という機会としては、かなりよく機能しているかなと思う。

またろうの場合、小学校中学校あたりは耳からの情報をかなりスルーするタイプで、中学受験はせず、高校受験でも社会はなく、ということになるとこの方面の知識の欠落はえらいことになっている。どのみち、知識とか暗記なんてものは、ザルに乗せた砂のごとくサーッと落ちてしまうものだけど、その砂をとりあえず乗せる土台となるザルの「目」がいちおうあるか、骨組みしかないか、輪っかしかないかくらいの違いはある。

ザルくらいあれば、勉強と関係ないシーンでもいろんなことを見聞きして、社会常識という面からは補強されてくるものだ。社会めちゃくちゃ苦手の母だって、さすがに大人になったら知っている部分というものはずいぶん蓄積されているものだし、メモチェ程度でけっつまづいていたこじろうだって、都道府県は忘れていないし(高松・松江・松山あたりはごっちゃになったとしても)、その他「きちんと」は覚えてなくても「感触として」覚えていていろんな話が通じる。ニュースを聞けば興味を持って理解できる。

またろうはちょっとその分、置き忘れてきちゃったものがあるかなぁと…何も中学受験の密度でやらなくてもいいけど、そこそこは欲しかったような気がする。でもそこそこをこれから自力で補うかっていうと、なかなかねぇ。

一番の「ボコ穴」は社会だけど、数学を見ていても(またろうの得意科目は数学で、たぶんこじろうよりははるかにできる)ときどき、へぇ?? そういうところは抜けているんだ、と思うことがある。コテコテのパズル的中学受験をくぐりぬけてきた人なら誰でも知ってる、特殊算的考え方や、図形のちょっとしたコツ関連とかね。公文でもそういうことはやらないし。

社会がボコ穴になったことは、もう抜きがたくまたろうの個性の一部になっちゃってるし、でも受験算数がなかったことはどういう影響があるか、もっと微妙なのでよくわからない。とにかく、人生のひとつくっきりした分かれ目だったことは確か。中学受験勉強をしたのか、しないのか。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

by an-dan-te | 2010-11-23 09:07 | 中学受験

<< 上がって下がってMクラス 塾テストでカンニング >>