人気ブログランキング |

理科が暗記科目になっちゃってる~   

毎日、計算と漢字はやるようにしてるんだけど、理科と社会は「時間のある日」だけ(^^;;

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←これまでうちに理科でつまづく人はいなかったので新鮮

それでも、先月くらいからは週数回はちょろっと理社をやるようにはしてたんだ。はなひめの理社はまだ、未開の地という感じで、どこをどうとりましても、まっさらから区画整理しなきゃいかんのですけど、「確認テスト」という各単元が一枚ペラになったのを使って、「四年上」のところをぼちぼちやってました。

しかし、気がついたら、塾のテストが今週末に迫っている。このまま範囲部分を放置すると平気で20点とかいきかねないので、慌てて「四年下」の「確認テスト」を使って「電池」のあたりをやったのが昨日夜。

そしたら、まったくわかってないことが判明。どうわかってないかっていうと、「直列にしたら明るくなるんじゃないの??」「そりゃ、さっきのは電池でしょう~これは豆電球!!」ってなレベル。でも昨日は、寝る時間も迫ってたし、はなひめもぐちゃぐちゃになっちゃったから(それにしても、わからないからっていちいちキレないでほしい)、そのまま終了。

お風呂の中で、それつながりの雑談をしていたら、学校の授業でももう電池あたりの単元が済んでいるらしいことがわかった。電池を使って走らせる車をそれぞれが作って、それで遊んでいい時間のときに、はなひめはふつうに遊ぶときは並列にして(電池もったいないから)、競争させるときは直列にしていたというのである。それだよそれ!! 実験したり、遊んだりしたあとに、まとめの授業はなかったの??

はなひめによれば、車を作ったり、走らせて遊んだりするのに思ったより時間がかかって、考察をまとめたりする時間がないままその単元は終わってしまったんだって。これまでわりと、学校の進度はゆっくりめではあっても、基本のところをていねいにやるので最低限はわかってるみたいで、済んだところであれば説明の手間が省けてそれなりによかったんだけどねぇ。

それなら塾はというと、もちろんその範囲はやったのだけど、演習の時間を確保するために(?)説明の時間はすごく短くて、よくわからなかったらしい。もちろん演習のあと、丸付けと直しはしたんだけど、「えっ、『ア』じゃなかったの? じゃ『イ』ね」てなレベルで終わってしまったそうだ。

で、はなひめとしては、電池が並列だとどっちだっけ、豆電球が並列だとなんだっけ、わーめんどくさいなー今週末までに覚えるなんて無理!! という自分的結論に至ったというわけ。

ちょっ、ちょっとまってくださいよ。電池のところはぜんぜんまったく、暗記じゃないですから!!
いったんわかりさえすれば、覚えるとか忘れるとかそういうもんじゃないんですよ!!

それで、今回の理社は丸ごと捨てると主張するはなひめに対して、「秋の生き物」とか「関東地方の特色」とかは捨ててもいいから、電池だけはなんとか、と食い下がる母。だって、社会は今回すごく各地の名産品とか三大名園とか、覚えることてんこもりなんだけど、今覚えたってどうせ忘れるし(^^;; こじろうみたく六年秋からメモチェ回せばなんとかなるしさ(*)、でも電池はわかれば一生モンだから今回やろうよ。それにすっごく簡単だってば!!

さて、必死の説得工作は実を結ぶでしょうか。以下次号。(か?)

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。

(*) もちろん、忘れるにしても二度目、三度目に覚えるなら手間も違うし理解の深さも違うわけで、今覚えなくていいということにはならない。よい子はまねしてはイケマセン

by an-dan-te | 2010-10-21 13:04 | 中学受験

<< 説得成功、電池クリアしてやっぱ... なぜ、日能研なのか >>