四十九日とAve Maria   

昨日は、四十九日とピアノの発表会をハシゴするという、すごく無理目な日程になってしまい…

バテました(-_-;;

とりあえず、叔父(父の弟)の四十九日の話。一週間ほど前に、父から楽譜コピーが送られてきて、「これを歌うから練習しておくように」と。楽譜は「Ave Verum Corpus」(by Mozart)。え?? お坊さん呼ぶんでょ?? そこでマリア様?? (o_o;;

どんな雰囲気なのかよくわからないままに会場へ。行ってみると、人数分の弁当が既に並んでいる椅子席があって、部屋の前には仏壇風のしつらえ。

登場したのは、フレンドリーによくしゃべるお坊さんで、まず浄土宗と浄土真宗の違いをひとくさり。浄土宗は「出家(山に篭って滝に打たれるイメージ?)」で行をするし、浄土真宗は「在家」で行をするんだとか。彼は浄土真宗なので、「頭を丸める決まりもないんですよ。私がごましお(坊主ではないがかなり短髪)にしているのは、朝シャンの必要もないし便利ということでね」…
(注: 以下、お坊さんのお話は、私が理解した範囲で書いてますので、そういうつもりでお読みください)

戒名の意味とかもいろいろ話してくださったのですが、その続きで「亡くなった方があの世に向けて長い旅をして、無事三途の川を渡れるようにということで旅装束させたりしますね。六文銭持たせて。あれ、浄土真宗ではやらないんです。阿弥陀仏が、こう…すっと運んでくださるからです。亡くなると、体はお墓に入りますね。精神は、残されたかたがたのお気持ちの中に残りまして、それで、あとは『業』といいますが、その方の行ったことですね。あれをああしたかったがうまくいかなかったとか…そういうものを、阿弥陀仏が、すっと持っていってくださって、仏様のレベルまで連れて行ってくださるわけです」…なんか、かなり簡略化されているわけですね。浄土真宗になって。

「ですから今日私が皆さんにお話しして帰りたいのはですね。『南無阿弥陀仏』ということなんです。そういうふうに、阿弥陀仏に助けてもらうのに必要なことは、朝晩、『南無阿弥陀仏』と、唱える。これだけです。これは、祈りというのとは違いましてね、何をどうしてくださいと祈る必要はないんです。祈らなくても阿弥陀仏がよいようにしてくださいますからね。信じる気持ちと感謝の気持ちで十分なんです」

というわけで、この四十九日で唱えられるお経も、「祈り」ではないそうで、何せもう「すっ」と、行けちゃってますから、「成仏できますように」と祈る必要はないんですって。ただ、阿弥陀仏への感謝、賛美のお経だそうです。

お経が始まってびっくりしたのですが、このお坊さん、しゃべりはなかなかぼそぼそと聞きづらかったのに、お経になると別人のような、朗々とよく通る声で、あのよくある一本調子のお経読みではなく、明らかに節のある「歌」でした。賛美歌だから?? あ、それで、「Ave Verum Corpus」なの?? まさか。

いや、「Ave Verum Corpus」はもちろん浄土真宗とは何の関係もなく、ただ歌好きのきょうだいたちが提案したものらしいのですが。

お経が終わって、お坊さんも交えて雑談しながらお弁当タイム。あらかた食べ終わったとき、きょうだいたちといっしょに一列に並んで、私も歌いましたよ。お坊さんの前で。「Ave Verum Corpus」。こんな体験は一生一度だと思うし、まぁ。しかし明らかに讃える対象がバッティングしてますよね、この歌。

歌い終わっても、お坊さんは平然としていて、「息子の結婚式のときは、キリスト教式でしたよ」とかいう話をしています。そしてさらに、中座するときに「これから、三時までに神社のお祭りに行かなきゃいけないので、失礼します。近所の子供会の手伝いでね」…神社!?

幅広いおおらかな宗教心、なのかな…。おばさん(叔父の妻)も、開始時には傍で見るのもつらい、疲れ果てて混乱した顔をしていたが、お坊さんの説教をすごくうなづきながら聴いていて、そのあとの雑談もはずんでいて、終わったときはやや気持ちの一区切りという顔になっていた。お坊さんのお仕事ってだいじなんだなと思いました。


f0185839_7311032.jpg今日の弁当:
そんなわけで作る気力もなく、厚焼き卵は紀文、あと定番の冷凍品。
メインは豆腐肉団子とオクラ。
[PR]

by an-dan-te | 2009-07-06 07:36 | 休日

<< 大人の発表会 我が家の定番おかず(夏バージョン) >>