「新中問」の解答編がない…   

「シンチューモン」って何かと思ったら、「新中学問題集」という、英語の問題集の略だそうで…

明日から期末テスト。日曜日はまとめてできる最後の日、というわけで、「新中問」をしこしこ、しこしこやっていたこじろうだが…なんでそんなに時間かかってるの?? 要は、よく覚えてないことがあるから手間取っているわけだ。

「教科書本文の暗記から先にやったほうがいいんじゃ??」という母の提案は、「これ明日提出だからダメ」と却下された。それでもやっぱり覚えるのが先で問題が後のほうがよさそうな気がするが。

ともかく、ようやく終わって、そのまま持っていこうとしているので、「ちょっとちょっと、答え合わせは??」と聞くと、「だから解答編なくしたっていってるでしょ!!」と即キレ。いってるでしょって…いってたっけ。「中間テストのときからなかったの!!」…あ、そう?? あんまりしょっちゅう、何でも探してるからわかんなくなっちゃったよ。

で、開いてみると、確かに、前回の試験範囲のところも丸付けされてない。これじゃ~テストできないはずだよね。うん。今回どうするの?? 「お母さん丸付けて」…あぁ。確かに、いまさら「コピーしたいから貸して」とか頼む暇もないし。

けっこう、量が多くてたいへんだった。それでまた、こじろうが間違えまくってるの。
・ピリオド、クエスチョン抜け。または、クエスチョンであるべきところが、ピリオド。
・大文字にするところを小文字に、あるいはその逆。Are You…ってなってたり。
・綴り間違い。何個所かは正しく書いている単語が、別の場所で違ってたりするのは、練習不足。
・疑問文の順序にするの忘れ。
・問題読み飛ばし(-_-;; AとB聞かれてて、Aしか答えてない。

ピリオドとか大文字とか、そういえばまたろうも間違えまくってたな~
というか、こじろうの比じゃないくらいやらかしてたよな~

そんなまたろうでも、三年生になれば一年生のとき「よりは」そういうのが減ったんだ。いくら「不注意が服着て歩いてる」ような子だって、練習すれば多少は上達するんだよ。こじろうも見習いなさい。

そういえば、いつだったかのまたろう定期テストのときに、何のなりゆきだったか、90点以上でなんとか、という条件がついていて、またろうが本気になったことがあった。公立中のテストなので、問題は簡単だし時間はたっぷり余りまくりなので、要するに一番またろうが苦手とするところの、チョイミス注意が勝負の分かれ目となる。

またろうはそのとき、点数をその日すぐに知りたかったため、余った時間を生かして、問題用紙のほうに自分の答えを転記していったのだ。そしたら、「ピリオド抜けと大文字忘れを直せた(^-^)」というわけで見直しの効果はあったようである。

今回は、前回と違って(苦笑)、問題集の答え合わせをして注意点を明らかにしたところを「前進」と考え、まずは自力で注意してみる。それで次回は、モノでつって「本気」のこじろうがどのくらい注意深くできるか試してみるか!?


f0185839_724141.jpg今日の弁当:
なんか場所が空いちゃって、急遽大根きんぴらを朝作るはめになった。
冷ますのに時間がかかるので弁当待ちでうろうろするまたろう。
やっぱ夜に作っとくべきだったなぁ~
[PR]

by an-dan-te | 2009-06-30 07:26 | 中学生活

<< 公文、二とおりのJ教材!? 脱・三日坊主宣言!! >>