こじろう定期試験結果   

こじろうの定期試験はすべて返却されてきた。

今回はとにかく、親のテコ入れなし(勉強の仕方についてのアドバイスなどもなし)でお手並み拝見するというのがテーマ。「勉強しろ」とかもいちいちいわない。ただひとつのプレッシャーは
「成績が***を割り込んだら、母が勉強方法に介入します
というもの。

これはけっこう怖いので(^^;; こじろう本人的にはここでがんばって振り切ろうという気はあったらしい。ただ、中学受験はすべて塾と親が漕ぎ、自分で勉強を組み立てたことがないから、いってみれば超初心者。傍から見てるとあまりまともに勉強をしてるっぽい雰囲気はなかったけど。

目標の成績ラインを引くにも、どのくらいが適切(=少しがんばれば到達可能)なのかさっぱりわからないが、こじろうが今の学校の中にいて快適に過ごせて、高校になってから具体的に行きたい学部なども出てきたときにがんばる土台として問題ないレベル…と考えて、私とよしぞうが同時に口走ったのがそのライン。意見が一致したのでそういうことで決定~。

今回の範囲はとても狭いし、英語も数学も入り口でとても易しいから、とにかくどのくらいきちんと仕上げていくかになるんだけど。つまり、あんまり期待はできないねぇ。。とは思っていた。

試験科目は、英語・代数・幾何・国語・地理・歴史の6科目。

結果は、満点近い科目か2つ、そこそこ平均クリア??が3つ。そして。

「お母さ~ん、オレ山当たった、すげーの」
「ほうほう、それで?」
「だけど、それ持って帰るの忘れてて、勉強できなかった。かなり真っ白だった」
…という、派手にドボン(o_o)がひとつ。ほんと白かった。定期テストには見えないくらい。

そこそこ平均クリア、の中にも、満点狙いのはずがミス連発でコケた科目もあり、やはり単に「わかったつもり」だけでは詰めが甘いということもわかったはず。わりと課題がはっきりして、そういう意味では、よい結果だったといえるかもしれない。

「介入宣言ライン」からいうと、微妙か、ちょっと割り込んでるくらいかと思うのだが、どうしようかな、ふふふ…

「振り返り(課題の明確化)」だけ自分の字でしっかり書いてもらったら、引き続き勉強の組み立ても勉強も自分でやればいいんじゃないかな。思ったより意欲を持って取り組んでいる様子がわかったので、まぁ自分で何がしか学んでいけるでしょう。

ここは、我が家お得意のワークシートの登場:
・科目名
・点数/平均点
・試験前に勉強した内容と時間
・結果についての感想
・課題(改善点)

え? 課題? だから、プリントをなくさないとか必要なものを持って帰るとか…(結局それかい)

でも、実はもっと大きな課題があったのだ。テストの点数だけ見ていてもわからない、それは…提出物ですね。なので、次回は真の自立に向けて提出物をどうするのかという話、になるのだ。


f0185839_742646.jpg今日のお弁当:
シャケ、プチトマト、こんにゃくきんぴらを詰めたところではたと詰まったのだが、要するにあと緑と黄色があればいいのよねということでピーマン卵炒めに決定。隙間はゆでブロッコリーと冷凍のポテトで埋め。
[PR]

by an-dan-te | 2009-06-05 07:35 | 中学生活

<< こじろう、提出物はどうした!! 【中学受験】はなひめ三年生のうちに >>