アナログ写真の楽しみ   

よしぞうが機械好きなので、うちはいつでもかなり良いカメラを持ってます。

腕の割には…というか、使用頻度の割には…というか。まぁでも、腕をカバーするならカメラで。という考え方も。私は詳しいことは知りませんが、一眼レフデジカメで、細かい設定をしたい人はそのように、カメラおまかせで撮りたい人はそれなりに撮れるカメラのようです。
(注: このように書いたらよしぞうから強力に訂正が入りました。コストパフォーマンスの良いカメラであって、良いカメラではぜんぜんないそうで、良いカメラというのはもっといくらくらいするものだとかなんとか)

私は「押すだけ」ですが、タイミングさえ合えば、なかなかぐっとくる写真が撮れます。ただし弁当写真はいつでも携帯です(^^;; パソコンに写メするとすぐなので。

ともかく、写真を撮るのは簡単なので、最近では使用頻度が低いといっても学校行事などのたびにどんどん溜まっていきますが、最近ではパソコンに日付のディレクトリ作ってどんどん放り込むだけで、画面上で一度ざざっとみてあれこれ言い合っておしまい。。というような状態でした。

書類に顔写真を貼る必要があるとか、お友達にあげる場合とかは、家のプリンターでプリントしてました。これまた、機械好きのよしぞうが気合を入れて選んだ、写真画質にこだわったチョイスのプリンターです。

今回の小学校運動会は、仲良しのるんちゃんママがどうしても抜けられない仕事があって見にいけないというので、意識してるんちゃんの写真を多めに撮りました。撮った写真をあげる段になって、おぉそうだ、うちのプリンター絶不調なんだよな。写真はとてもじゃないけどプリントできない。宴会に行くときの地図を打ち出しても判読困難という状況で、買い替えを検討中だけどまだ具体的な話になってません。

CD-ROMであげるってのも…なんか味気ないというか。

そこで、話には聞いていて一度も使ったことがなかった、デジカメプリントを利用してみました。お店にメモリーカードを持っていくと(*)、さくっとプリントできて、フィルム時代と違って翌日以降まで待つ必要もありません。

試したくって、似たシーンであってもあれこれ写りさえよければプリントしたので、多めにできました。みんなとてもきれいな仕上がり(当たり前だけど)。やっぱり家のプリンターとは違います。店に行くのは面倒と思ってたけど、家で出すのも、普通用紙と入れ替えたり、出すの失敗してやりなおしたりとかけっこうややこしいことを考えると、かえっていいかも。

自分が撮ったものが、「ちゃんとした」感触の写真になるのはほんとに久しぶり。ほくほくして持って帰り、これは誰それの分、といって仕分けを考えるのがまた楽しい。両方のジジバパに送る分も分けて、はなひめに手紙を書かせる。

デジタル写真のいいところは、保存も場所いらずで複製や加工も簡単なところ、それに対していったん写真屋さんでプリントしてもらった写真はいわば「アナログ」。デジタルの利点は失われているわけではありますが、昔きちんとアルバムにまとめたものは、今でもごくたまにだけど見て楽しんでるし、ハードディスクに入れちゃったものははっきりいって二度と見てないことがほとんど。それはそれでもったいないかも。

そういう意味でいうと、うちには極端に「はなひめの写真だけがない」状態です。廊下にはたくさん写真が貼ってあり、アルバムもけっこうな冊数あるけど、またろうとこじろう(の小さいころ)ばかりです。はなひめはすべてハードディスクの中。

ちょっと、近年の写真の中から、「紙」の写真のアルバム作ってみる?? と思うとなんかわくわくしてきました。

デジカメプリントを利用するからいいや、と考えればプリンターの買い替えだってずっとランクを落とせるわけだし、写真用のいろんな紙のストックもいらないし。これってシンプルなライフじゃないでしょうか?? あ、いや、しかし今度はプリントした写真の整理に頭を悩ませるわけか。うぅむ。

(*)次からはネット利用でいきます。

f0185839_7364514.jpg今日の弁当:
今日はスペシャルサービスでおにぎり。
写真はいつもどおり携帯で(^^;;
いちど、一眼レフで撮って違いをみていただくのもいいですね。
[PR]

by an-dan-te | 2009-05-27 07:25 | 生活

<< 【中学受験】国語のテコ入れ、で... 【中学受験】夜勉タイム、母と子... >>