人気ブログランキング |

【中学受験】週のリズムに乗ること   

日能研だけでなく、たぶん他の塾でもそうだと思うのだが、週のスケジュールに馴染んで、そのサイクルがうまく回るようになるとものごとがうまく運ぶものだ。

おおざっぱに言って、塾で授業を聴く→家で演習→記憶ものの確認→テスト→穴埋め。これが無理なく続けていくことで成果も出るというのが、塾をペースメーカーにすることの大きな利点だろう。

週のスケジュールが固まるまでは、しんどい。我が家でいえば、新五年の入塾のあとなんだかんだで数ヶ月はわやくちゃだったし、それでなんとか軌道に乗ったあと、またいろんな条件が追加される都度、立て直しを図らないといけない。

塾で推奨される、六年前期の家庭学習の内容といえば、こんな感じだろうか。
計算と漢字、授業の復習、栄冠への道、その他宿題(*)、テスト直し、(日特の復習)

塾では「前期日特は復習しなくていいです」といっていたので括弧をつけた。そういわれてない校舎もあるかもしれない。

そして、それをどうやって詰め込むかということだが、塾も学校も行くし、寝たりごはんを食べたりお風呂に入ったりするわけだから、残っている時間は案外少ない。

月: 塾なし、学校六時間目まで、ピアノ (4.5→2.5)
火: 塾あり、学校六時間目まで (0.5)
水: 塾なし、学校五時間目まで (6.5→3.5)
木: 塾あり、学校六時間目まで (0.5)
金: 塾ありだが一コマ少ない、学校五時間目まで (2.5→1.5)
土: 塾 (6→3)
日: 塾 (3→1.5)

* 括弧の中の数字は、10時就寝7時起床を前提に、残り時間を書いてみた。しかし、塾のない月水は遊びたいし、土曜日は寝坊したい、日曜日は帰ってきたあとまず休憩したいなどの「本人都合」を引くとおよそ、矢印のあとの数字になる(^^;;

前述の課題をこなすのにかかる時間は、子どもによってかなり違ってくるとは思うが、うちの場合、時間枠にはめ込むために下記のように割愛していた。

計算と漢字、授業の復習、栄冠への道、その他宿題、(テスト直し)、(日特の復習)
* テスト直しはもちろんするんだけど、歯が立たない問題は、割愛するか解答の「鑑賞」に留めて時間の節約。

土曜日が、学校行事や歯医者でつぶれたり、風邪を引いたりすればさらに時間が押すが、その場合はやることをスパッと切り捨てて、回復したところのスケジュールから再開する。取り戻さない

睡眠時間を削らないこと、余裕をもって回せている感覚を大切にすることが我が家のポリシーだったのでこうなった。振り返ってそれは正解だったとは思うけど、本人が本気になっていれば「本人都合」の引き算をもっと減らせるわけだし、それならもっと違う話になるのだろう。でも、親のほうが引張り気味なのであればこの辺が限界で、もっと無理しても別に成果は上がらないと思う。

===インターエデュ掲示板より私の書き込み 2008/2/20
うちも五年のときよりは落ち着いて生活できています。
復習だからというか、勉強のしかたや一週間サイクルが定着したからですね、うちの場合。五年時は入室直後で、もう、しっちゃかめっちゃかでした…。

そういえば、一年前に比べると、勉強の中身も勉強のしかたも、すごく進歩していると思います!! 周りと比べるんじゃなくて本人の一年前と比べると、ちょっと冷静になれる気がします。

息抜きは、難しいですね。レジャー系は時間がかかりすぎるので、やはり漫画とか、テレビとか、カードバトルとか、ちょこっとしたものになっちゃいます。ストレス発散が甘いものとかにいっちゃうと健康上コワイ。最近なんかプクプクしてる気が(あっ、親も!!)。

=== インターエデュ掲示板より私の書き込み 2008/2/21
いつも、塾のない日の場合、学校から帰ってまずだらだらしたり兄と遊んだりして、親が帰宅して声かけしたらしかたなくのろのろと開始というパターンになります。
帰宅してすぐはこちらもご飯の支度やら妹の音読聞いたりとバタバタしているので、適当な声かけしかできず、エンジンなかなかかからないままご飯、風呂、歯磨きなどせわしなく、結局やること終わらずに夜更かし…となだれこみがちです。

昨日は、家で仕事をしていたので、学校帰ってからすぐいっしょにおやつを食べ話をきき、ちょっと休憩したらすぐやることにとりかかり、時間を意識させながらアイテムごと区切って確認し、そしたら積み残しの「栄冠への道」も含めて夕方六時くらいには終わりました。

本人も気分良く、テレビを見たりカードバトルしたり、兄とふざけたりしていて、リラックスムード。「お母さんがいなくたっていつもこうやってりゃ話早いのに?」…つい嫌味をいってしまう母です(-_-;;
===

(*)宿題というのが何を指すのか、全ブッチしていた我が家ではよく把握してませんが、ある日のマイニチに出たお知らせによればこんな感じ。

---- 宿題例
算数: 本科テキスト・基本1~5・発展1・2・練成□1・2の復習、練成問題□3・□7・□8、栄冠への道・基本演習全問・問題研究□1・2に取り組みましょう。
社会: 本科テキスト・ノート・資料集P93・P95の復習、栄冠への道に取り組みましょう。
----

うちではこの中で「栄冠への道」だけをやっていたことになる。

by an-dan-te | 2009-05-15 07:33 | 中学受験 | Comments(11)

Commented by あしじん at 2009-05-15 08:50 x
お久しぶりです。
そう、週のリズムに乗ること! 入塾して3ヶ月ちょっと経ちましたが、実は、まだできていません。音楽系の習い事もしていて、学校、塾、遊びたいなどなど、本当に時間ってなかなか取れないです。他の子はもっとちゃんとやっているんだろうなぁ~と親ばかり焦っていました。アンダンテさんのその思い切りの良さ、すばらしいです!! できることは限られるので、本当に必要なことだけを効率よくやっていきたいです。後は理想を言えば、授業でほぼ理解してきて欲しいなぁ・・・
Commented by koma at 2009-05-15 09:34 x
こんにちは。

あしじんさんと同じく、入塾して3か月ちょっと。まだまだ、わやくちゃな日々が続いています^^; 
切り捨てること、大事ですね~。色々と考えては試し・・・と思いつつ、なんやかんやの急用(?)等で、うまく回せずふりだしに戻ってます。
切り捨ててはならぬ次男が、ほかりっぱなしなのも、気になったままです^^;
はなひめちゃんは、頑張って公文進んでいますか? うちは、色々考えなおして、次男の方の国語を退会してみようか・・・と思っているこの頃です。結局、漢字の書き順&トメハネはらいがいい加減なままやっちゃってるので>< 「早く先に進む」という目的はナシの方がいいかな、と。
Commented by an-dan-te at 2009-05-15 12:50
あしじんさん、
塾滞在時間があれだけ長いのだから、授業を最大限生かせるかどうかで成果は大きく変わってくるはずなんですよね。

授業を新鮮な気持ちで集中して聴けて、授業中の演習も高い意識で取り組めるように、気持ちに余裕と積極性を残したいですよね。家庭学習でも、基礎トレみたいな部分(漢字と計算など)と、穴埋め的な部分(テスト直しなど)はしなくちゃいけないけど、なんでもかんでも詰め込まないで授業(とそれを吸収する力)を信頼して任せられたらいいなと思うんです。理想をいえばだけど…
Commented by an-dan-te at 2009-05-15 12:53
komaさん、
はなひめの公文、学年相当までの練習としてはスムーズでしたが、次の学年にきたら滞っていて、「壁」で繰り返しになったらモチベ下がりまくりで、あんまりいい雰囲気ではないです。別の手を考えるかどうか??
Commented by セロリ at 2009-05-15 17:50 x
うちも、実質入塾して3ヶ月(というのは、その前の3ヶ月は塾に行くだけで精一杯、いっさい復習をしてませんでしたので、汗。)リズムができない→親子バトルの悪循環で、とうとう塾に面談をお願いしてしまいました。アンダンテさま。そうですね、捨てる勇気、必要ですね。捨てないでいることは、負担をかかえていることです、と著名な評論家も言ってました。あと、睡眠。うちは相変わらず、寝る時間をけずっても、絵(さいきんは戦国武将がテーマ)を描いていたいセロリマンなので。。。
Commented at 2009-05-15 22:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-05-15 22:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2009-05-15 22:38
セロリさん、
> 寝る時間をけずっても、
あぁ、今朝はめずらしくまたろうが起きてこなくて、何でかといえばこじろうと遅くまで話し込んだあげく、そのあと夜中まで本を読んでいたからでした。
目が開かない~歩けない~とわけわからんくなってじたばたしながら学校へふらふら出かけていきました。しかも実験の日なのに!! 指とか飛ばさないで帰ってきてよ!! と声をかけて送り出しました。

夜しっかり寝ないとアホなまたろう兄みたいになっちゃうよ!! ってセロリマンくん脅かしといてください。

順調な生活リズムはすべての基本ですよねー。親もお肌曲がっちゃうし(笑)
Commented by an-dan-te at 2009-05-15 23:33
***(22:51)さん、
具体的な事例をありがとうございます!!
はなひめの場合は、モチベダウンと、基本パーツの速度&正確性不足と、両方にみえます。
私は、大幅に(Cとかに)戻してくれと頼んだんですが、先生は「みなさん同じなんですよ。先に進めば難しくてできないといい、繰り返せばつまらないといい、戻すのはいやがるけど、とにかくこの教材が山場です」といって、連日exactly sameの教材を繰り返させるばかりで対応する気がないようです。まぁ、前からそういう先生なので…

結局親が細かくフォローしなきゃいけないようなら、公文は国語と英語にして、はなひめのリクエストどおり英会話のほうを止めて、算数は市販の問題集組み合わせてやる手もあるかなと思ってます。
Commented by yoyo at 2009-05-16 09:32 x
うちもpinkはHが終わったところで 数学だけお休み中です。
基本パーツの完成度不足と時間がかかりすぎて効率が悪いから。
中1の問題集を解いていると、穴がぼこぼこ見つかります。
それでも 今はじめてここにぶつかったら、とても苦労したと思うのから、やっててよかったと思ってますけどね。
数学が苦手だから 頑張らせたい思いもあるけど、それより国語と英語を伸ばしたほうがいいかなって思ってます。
英語は やっと本来の目的の多読のところにたどりついたので、頑張ってほしいし、国語も古文を楽しんで読んでいる。受験勉強の役に立つかは疑問で、趣味の世界だけど、それならそれで 受験勉強が本格化する前に なるべく先の教材に進んでほしい。
つまっているところを いくら繰り返しても あんまり身につかないのかなって、正直思いますね。
Commented by an-dan-te at 2009-05-16 18:01
yoyoさん、
まぁ何にでもいえることですが、完璧を目指すよりも適当に先のほうをみたりあるときは戻ったり、行きつ戻りつするほうがわかってくる面もあるかと思います。見通しがよくなるというか。

なので、煮詰まりすぎないうちに撤退&再チャレンジとか、柔軟にいきたいと思います。国語はもう少しいけそうだな。

<< 私の愛読書: 「パリ左岸のピア... 生活スケジュール見直し >>