はなひめの授業参観   

昨日は、はなひめの土曜参観に行ってきた。

のろのろしていたもんで、一時間目を見逃して(^^;; 二時間目の社会が始まるところに到着した。今回の題材は「地図」。

まず、前回子どもたちが作った地図がたくさん、黒板に貼られた。これは、学校から図書館まで、実際に歩きながらその道を図というか絵にしたもので、途中のポイント「公園」「団地」などを示して道がわかるように描きなさいというインストラクションがあった模様。

色とりどり、丁寧に描かれたものが多く、とても楽しい「地図」だったけれど、ポイントとポイントの位置関係は地図ごとにばらばらというか、実際のものとはかなり違っていて、道は好きなようにぐにゃぐにゃ曲がっている。地図というより心象風景のような。

そして、それに対比して先生が描いた地図を貼り、子どもたちの地図とどう違うかについて意見を出し合った。

・方位が示してある (十字架に矢印がついたようなやつね)
・地図記号が書いてある (学校は「文」みたいなの、とか)
・○○団地が大きい (つまり、大きいものは大きく、小さいものは小さく描いてある)

というようなのが黒板にまとめられたが、そのほか、「先生のは紙が大きいからずるい。だから○○団地が大きく描けたんじゃないの?」とか、あと、もっと本質的なものとして「先生のは地図を見て描いたんじゃないの?」というたいへんもっともな意見があったのだが、授業の進行上の都合により(^^;; 華麗にスルーされた。

ここまでが導入部分で、ここから今回のテーマの「方位記号」。まず、ノートに今回のテーマと、方位記号を書かせる。

まず特別に扱われていてわかりやすい「北」から…この記号でどこが北だと思う?? まぁそう聞かれれば矢印のついた「てっぺん」だろうということで、大半の子が当たり。でも、違うところで堂々と手を挙げる子もいておもしろい。

そしてその逆が南、そして東、西と進み、「これは覚えてね」と、ノートに書かせる。
次に「この教室でどっちが北かを調べよう」に進んだ。まずあてずっぽで予想をさせたところ、かなり意見が分かれていた。ここで方位磁針の使い方の説明がされ、方位磁針が配られた (数が足りないので二人に一つ) 。

みんな盛り上がって調べている。北がわかったところで、当たったとか外れたとか。

そして、方位磁針が回収され、ざわめきが減って、まとめのコーナー。
「わかったこと、気づいたこと」を各自ノートに書かせる。その発表やすり合わせなどはなく、ノートを回収して時間終了。

担任は、去年新卒で来た先生で、たいへん若いけれども、今回の授業の進行は、これまで見た小学校の授業のなかではわりと上手なほうだと思う。予定どおりの内容と時間で滞りなく進んでいるし、言いたいことはわかりやすいし、板書もちゃんと書き取らせてるし、子どもたちの統制もある程度(*)とれている。

予定にない意見をスルーしちゃうところとかは、これから年季を積んでいけばよくなってくるでしょう。

ところで、ちょっと気になったのは、はなひめが、「わかったこと、気づいたこと」のまとめのとき、ほとんど鉛筆を動かしてないように見えたことだが。

聞いてみると、困ったように、「だって先生が、これまで知らなかったことじゃないといけないっていったから」。ちょうど今月来た「チャレンジ」で、方位磁針が付録についてきたところだったので、方位記号の見方も、方位磁針の使い方も知っていたのだという。それで書かなかったの?? (o_o)

「だからって何も書かなかったら、何もわかってくれなかったのかなーって、先生泣いちゃうよ。そういうときは、知ってたことでもいいから、この授業の中で先生が何を伝えたかったのかをまとめて書くんだよ」
「そうなの?? それでいいのかなぁ??」
「いいんです。母が許可します!! 次からはちゃんと書いてよ」

(*) 小学校の授業は、細かい「待ち」が多い。全員が静まるのを待ち、全員が板書を書き終わるのを待ち、先生が席をぜんぶ回って方位磁針を配ったり回収したりするのを待ち、ステップごとに必ず待たされて間延びする。ぼーっとする子あり、手遊びする子あり、おしゃべりする子あり。これを全部子どもが悪いとは言いにくいものがある。大人が参観してても一時間ずっと聞いてるのはかなり疲れる。集中した結果の疲れとは違う、ぐったりする疲れ方である。これは、この先生が下手なのではなくて、いつも思う。私はこれが嫌で小学校キライだったんだよなー昔からせっかちだから。
[PR]

by an-dan-te | 2009-04-26 09:24 | 小学生活

<< 新入生歓迎ロボコン こじろうと体育会系(和太鼓の話) >>