人気ブログランキング |

はなひめの英語どうする??   

我が家はあんまり、英語先取り派ではないんだけど、またろうのときあんまりひどかったから…

つまり、まったく英語に触れないまま中学生になると、年齢的に「音」なじみが悪すぎるので、RとLの区別もあったもんじゃない。子音が続くってのがどうにも納得いかない (str~とか言えずに/書けずに、sutor~とか考えてしまう)。まぁ、受験英語としてまたろうがにっちもさっちもいかなかったのは、またろうに語学の才能がないというだけのことなんだろうけど、「音」については臨界期があると考えるほうが妥当だろう。

その反省に立って、こじろうの場合は、N塾通いも始まったという五年になって慌てて、半年だけ英会話教室につっこんだ。それ以上は塾と両立せずどうやっても無理だった。

音なじみを良くするというコンセプトからいうと、いかんせん時期的に遅いし、期間的にも力弱い。それでも、こじろうはまたろうと違って、自分は英語やれるという根拠のない自信を持つに至ったようだし、受験が終わって今度は公文で始めた英語も、楽しげに取り組んでいるから、やらないよりはよかったかもしれない。

それで、はなひめは?? 我が家では一番、余裕を持ってスタートできることになるが、何をどうしたらよいだろうか。

とりあえず、こじろうが行ったのと同じ英会話教室に入れた。週一回一時間。これが一年近く前のことで、通い始めるまでの説得は長かったものの、通い始めたらとても楽しそうだったのですっかり安心していた。

ところが、ここのところ急に「英会話やめたい」と言い出した。理由は、「なんかいつまでたっても似たようなことの繰り返しで飽きちゃったし、逆に覚えてないこと聞かれたりもするし」。別に覚えてないのはいいんじゃないの。答えられなくてもその場でまた教えてもらえばいいんだから。はなひめが気にしすぎ。でも、いつまでたっても似たような、というのは確かにそうかもね。

週一回、一時間。家でのフォローもまったくなし。これで、何か語学が上達するなんてことはまったくありえないわけで。もちろんそんなことを期待しているのではなくて、単に音慣れを期待しているだけなんだけれども、内容が着々と難しくなっていくわけはないだろう。というか、そんなことされてもついていけない。

そこで、はなひめには、「週一回、一時間」では内容が変化も難化もしないことは必然であることを説明し、前へ進んでいくためには基本「毎日」というのが必要だと言った。はなひめがもう飽きちゃったというならやめてもいいけれど、ここでやめて中一まで全空きにするとさすがにゼロになっちゃうだろうから、何か別のでやったほうがいい。

はなひめは、公文でもいいと言っているが、公文にはよしぞうが難色を示している。今、軌道に乗るか乗らないか、非常に微妙な、そして一番重視したいと考えている算数が共倒れ(=いっしょに嫌になる)、あるいは弾き飛ばされる(=英語が気に入って、算数はやめたくなる)危険が高いのではという。まぁ、一回行って三科目(算・国・英)というのも多い感じはするしねぇ。

私自身は昔、小学生のころ、英語の家庭教師をつけられていっしょに絵本をみたりとかなんかしてたのだが、はなひめとまったく同じ理由で嫌気がさし、ストライキを起こしてやめた経緯がある。そのあとしばらくして、小六でラジオ基礎英語を始めて、それがとても気に入って定着したんだけれども、はなひめはまだ小三だし、自力で基礎英語をするのはちょっと難しいか??

(話が横に逸れるが、小六で基礎英語をやっておくのはとてもよいと思う。でもその結果(?)中学受験は全落ちしたんだから受験をするならお奨めしない(^^;;)

というわけで、考え中。よしぞうともすっごく意見合わないし。つづく。

by an-dan-te | 2009-04-22 07:20 | 生活 | Comments(26)

Commented by こまち at 2009-04-22 09:33 x
我が家も英語先取りにはどちらかというと反対派でまずは母国語ありきだと思っているのですが、英語の「音」だけは多少耳を慣らしておかないと苦労する?と思って、小学生用のフォニックス教材を朝食時のBGMの選択肢の一つにしています(他は七田の社会科ソングや理科ソング(^_^;) 。

うちは音感が悪い(ついでにリズム感もひどい。人間離れしている!)ので効果があるか微妙なのですが、それでも年に一度のハワイではなぜか中国人なまり?ながら果敢に英語を使おうとはしています。語学に関してはハードルが低いので、それだけで上等だと思っている親です。

そんなわけで、はなひめちゃんの英語はまずフォニックスのCDなどをかけ流すのはどうでしょう? 耳が英語の音に慣れていれば少なくとも英語の文章のリズムにも抵抗はないような気がします(というか、そう思いたい(笑))。
Commented at 2009-04-22 10:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milktea at 2009-04-22 11:18 x
親バカにも「0歳からの〜」みたいな(ベイビー・アインシュタインだったか?)ビデオを買い、さらにしまじろうの英語ビデオをときどき見せていた上娘が、小学生になって続けなくなった途端に「英語っぽい発音」をしなくなったのをみて、やっぱり回数だよなぁ、と思っています。

で、うちは早起き習慣をつけるのを兼ねて「とにかく基礎英語を聞け!」ってことにしていますが(書く練習とかはまったくさせてません)、少しは英語っぽい発音に戻ったかも(私自身はまったく...なので「なんとなく」ですが)です。

ベネッセのビーゴとかもダイレクトメールがすごく来ますが、どんなもんですかね...。
Commented by すもも at 2009-04-22 12:10 x
こんにちは。
我が家は「先週から」単純お手軽に教育テレビの「えいごであそぼ」を毎日10分だけ見ることからはじめてみました(笑)

はたしてこのお手軽さに効果が出るのか出ないのか(笑)

例のプリントはあのしょーもない返事だった英語以外戻ってきません・・・。
親子で呆れ気味です。
Commented by an-dan-te at 2009-04-22 12:25
こまちさん、
BGMですか~まぁ、音に慣れるってことでいえばそれでも。
それより、果敢に英語を使おうとするマインドが重要な気もしますね。まめくんはそのへん大丈夫そうで、なによりです。

はなひめも、仮に完全にほっといてまたろうと同じく中学で始めても、またろうほどひどくはならないと思うが(^^;;
Commented by an-dan-te at 2009-04-22 12:30
***(10:57)さん、
ありがとう~参考になります。
公文の現状は、算数も国語もDのどこかで停滞気味という感じです。英語は気に入ってもらえるような気もするんですが、算数が拒否られると困るなと。
国語は、親的にはやめてもいいんだけど本人が、やめるんなら算数やめたいといっていて意見が合わないんです。でもまぁ、おっしゃるとおり家で丸つけするって手はあるでしょうね…私がヤダけど(笑)
Commented by an-dan-te at 2009-04-22 12:34
milkteaさん、
そうですね、やっぱり「漬ける」というのが…どうしても必要ですね。基礎英語、身につけることを考えないで聞き流すってことでも、習慣として定着するなら十分価値がありそうだけど。

ベネッセの、買ったことありますよ…感想は聞かないで…(^^;;
Commented by an-dan-te at 2009-04-22 12:36
すももさん、
「えいごであそぼ」ですか、なるほど。はなひめ用ということなら、基礎英語よりはそれかな。確かにお手軽。

> 親子で呆れ気味です。
あれー。
ひょっとして、またろうが行ってた中学はあれでも、教育熱心(?)なほうだったのかな?? なんか、役に立たないアドバイスをしてしまったようで、申し訳なかったです。
Commented by めだか at 2009-04-22 13:55 x
この間の運動系の部活のことといい、英語のことも迷いは一緒です。
英語ですが、小3の方が基礎英語に興味持ち、
1日2回(朝、夕)聞いてます。中1は学校からの宿題で
夜に聞いているので、私は1日3回も基礎英語を聞かされている--;
でも次男の方はレベルが難しくなりそろそろ限界かな!?
公文は最近国算を3枚3枚にしたぐらいだから、英語は無理だし。
3教科は同じく多いような気がします。
上は国語I終了してから、小5の夏から英語に変えました。
下もそうしたいのだけど、国語の進みが遅くてIはまだまだ遠い・・
Commented by nonchan at 2009-04-22 13:55 x
NHKのリトル・チャロなんかどうでしょう?
一応、語学番組だけど、アニメだし楽しめるかも?
私は小学生の時、セサミストリートを見ていたんだけど(教育テレビで語学番組として放送されてて、テキストも発売されてた)、これが後の英語の勉強でかなり役に立ったんじゃないかと思っています。
今の番組で言うと、リトル・チャロがそれに一番近いかなぁと。
Commented by miyu at 2009-04-22 14:18 x
こんにちは!
娘は幼稚園から小3終わりまで「ヤ0ハ英語教室」に通っていたのですが、音楽に合わせて「耳」で覚えるという感じで、アルファベットなどは少し練習する程度で、「もっと大きくなってからでも遅くない」と言われていましたが、N研通いで辞めた後も全然スペルを覚えていなくて「あの数年間は無駄?」と思う事もありました。しかし、海外旅行の時などタクシーの運転手に話かけたり、(私より通じていた)恥ずかしがらないだけいいかと思っていましたが、昨日初めての中学の宿題でCDに合わせて読んでいたのが聞こえてビックリ!発音がよく、先生にも褒められたそうです。
「音慣れ」大事ですね。
Commented by すもも at 2009-04-22 14:36 x
返事がこんなに遅いとは想像してなくてびっくりしてますが、自分自身で観点についてじっくりと考える時間を持てたことは意味のあるものでした。

英語教材としてなら夫が購入した「シドニー・シェルダン」の教材がわんさかあるんですが(笑)聞き流す前の段階で、知らない言語に浸るのを拒まれました。

ご近所の韓国人ママさんに韓国語と韓国料理を教えてもらいはじめたので、次男とはお互い他言語習得に向けてがんばろうね~と話し合ってます。
Commented by koma at 2009-04-22 15:57 x
こんにちは。

算数のDはちょっとした泣き所ですね~。かけ算の、筆算の3ケタとそれから割り算。ここをふんばって、分数までが一つの山越え?書くこと(途中計算)も増えるし^^;
うちの長男は、ずっと算国で、1月から英語も加わりました。3教科はちょっとねぇ・・・と思い、延ばし延ばしにしましたが、えいやっとやってみたら、結構いいリフレッシュになって面白がってます^^
国語は、Gからは多読的になり、小学漢字マスターしたってことで、もうそろそろ終わりにしようかな・・・と。これで英算(2科)になるので。
Commented at 2009-04-22 18:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2009-04-22 20:56
めだかさん、
うひゃー。一日三回基礎英語~
国語のI教材なんて、はるか遠すぎて目処立ちません。
でも国語を途中でやめて英語に切り替えるのはありかもと思ってます。まぁいろいろあるわけですけどね…迷う余地が。
Commented by an-dan-te at 2009-04-22 20:58
nonchanさん、
書店でも「かわいいな」と思って目にとまったんですが、子ども向け(入門向け)というわけでもないようですね。それにしてもNHKの講座ってバラエティーに富んでるし内容も充実していますね。へーこんなのまで、って感じ(ヨガも…)。
Commented by an-dan-te at 2009-04-22 21:00
miyuさん、
おーすばらしい~
「音慣れ」がうまくいった例ですね。そう、その状態を目指したいです。小三までということで、やめてからは長いですが、やった期間も長いんですね。やっぱりソコが必要ですかね~
Commented by an-dan-te at 2009-04-22 21:11
すももさん、
先生がうまく対応してくれないにしても、自分で整理しておく価値はありますよね。

韓国語、私も数年前、「冬ソナ」を一気に見たときにだいぶ興味をもったんですが、文字表を見たくらいで終わってしまいました。日本語に近いところと違うところが両方あっておもしろいですよね。
Commented by an-dan-te at 2009-04-22 21:13
komaさん、
えいやっと三教科ですか。はなひめはどうなのかな~。
算数がね。ともかくネックです。
このまま漫然と続けても「山」を越えられないような気がします。
わりとフォローのない教室だし。親が見ればいいんですけどね、それが(-_-;;
Commented by an-dan-te at 2009-04-22 21:15
***さん(18:16)、
そうですねー算数は正念場です。
いま、枚数は減らしてもらってますが、それで丁寧にといてるかというと??
夏休みは確かに、いつもと違うやり方を試すチャンスですね。
Commented by ばっかいず世話係 at 2009-04-22 23:35 x
あ~、うらやましい悩みだわ。

 うちも基本的には英語早期教育反対だけど、音には慣らそうかと思って、受験しない小6(昨年時点で)に基礎英語を聞かせようとトライしましたが、やる気ないし、ついてく能力もないし、あっという間に挫折しました (>_<)
Commented by メゾフォルテ at 2009-04-23 07:43 x
小学校入学跨いで2年程、うちの息子はなんとなーくやっていました。最初はあの×になったピンクウサギの幼児英会話。
しかーし!幼児のクラスはガラス張りになっているのですが、
先生がよく変わり、一度ちょっとガラが悪いな、と思っていたら
子供が扱う大きなカードを足で!動かしていたのを見て、止めさせました。

少し間をおいて、新聞チラシに入っていたバスで行けるインターナショナル・スクールの附属英会話学校があったので、そこで一年。
これは良かったのですが、スイミングを始めてちょっとタイトだったこと等で止めました。

今、何かアドバンテージがあるかというと、全くなさそうで、入学以来、早速四苦八苦しています。しかし、担任が英語の(しかもちょっと厳しそうな)先生となり、本人も覚悟をしないと。
ちなみに2年程やったのは、andanteさんも書かれているLとRのヒアリング関係(6歳ごろまでに、とか言われていますよね)なのですが、何だかちょっとお金の無駄遣いだったかも。。。
Commented by an-dan-te at 2009-04-23 12:40
ばっかいず世話係さん、
そりゃ、うちで、またろうのときは中学受験どころではなく基礎英語どころでもなかった(生活を漕ぐだけで必死)ことを考えれば、こばっかいくんが基礎英語挫折するのも当然かと。

あ、いや、自分ちの子を基準によその子を考えちゃいけませんよね。でもつい(^^;;
Commented by an-dan-te at 2009-04-23 12:43
メゾフォルテさん、
ピンクウサギですか。まぁ、教室にいっても講師はピンキリでしょうね。でもまぁ二年やったというのはなかなか、かなぁ。miyuさんのところよりちょっと時間経っちゃってはいますけど。

> 何だかちょっとお金の無駄遣いだったかも。。。
いやぁ、役に立つんですよきっと、見えないところで(^^)
Commented by でも at 2009-04-24 20:10 x
ウチは都内区部公立小ですが、数年前から週に2回「も」英会話があるんですよ。(もちろんネイティブ)
それなのに何一つ、全く覚えちゃいない!
こんな意味のないことに週2時間も割くんだったら、読み書きそろばんでもやってくれ!と思っていましたが、なるほど、「音なじみ」と考えればいいんですね。 ちょっと納得。

でも、今日は中一の上の子と、小一の下の子が、全く同じフレーズ「My name is ....」を授業でやっているのには笑えました。
本当に小学校6年間で進歩ないのね。
Commented by an-dan-te at 2009-04-24 22:25
でもさん、
公立小で週2回というのは多いですね。重点校とかなのかな?
「音なじみ」を小学校でやってくれるなら安上がりですよ~うらやましい。

これから小学校で英語の扱いがどうなっていくのかわかりませんが、それでもやはり、「ちゃんと覚えるモード」は中学でスタートなんでしょうね。

<< それであの…宿題は?? これがまたろうクオリティー >>