人気ブログランキング |

またろうの内申アップ大作戦!! -分析編   

中三になるとき、「ここからの学校の成績は、ひとつひとつ、本番の点数と同じなんだよ」と、よーく、言い聞かせた。

本人も、頭ではわかっていたと思う。先生の話をよく聞いて、提出物を出そうと「決意」した、はずなのだが…

目標は、第一志望校の推薦を受ける条件である、「平均4」。本人的にはそれなりにがんばってたと思うし、母もがんばったし(笑)、テストの成績はわりとよかった。しかし、結果はマイナス2ポイント。特に、社会の「2」は致命的。

何がいけないって、提出物が出てないのがいけない。しかし、本人は先生から知らされるまで、提出物は出していると思っていた。要は出しているもの「も」あっても、ほかにもあったわけだ。本人の認識が実態とずれているらしく、いったいいつどのように提出物情報の伝達があったのか、いまいち謎なまま。

何がまずかったのか、どうすればよかったのか(どうすればいいのか)ということを明らかにしないとこの先に進めない。

今時の通信簿は、昔と違って明朗会計システムが導入されているので、わりと細かいことまでわかる。例えば、英語が「4」といっても、それは4つの観点別評価の合計から計算された結果である。各観点の評価も通知表にばっちり示されている。「コミュニケーションへの関心・意欲・態度」と「言語や文化についての知識・理解」がBで、「表現の能力」「理解の能力」がAということは、ぎりぎりの「4」だったことがわかる。

一方、数学は、すべての観点がSで文句なしの「5」。提出物(問題集とノート)と提出時期(試験終了時)がシンプルでわかりやすいところがとてもすぐれものの科目なんだよね(^-^)v…みんなこうだったらどんなに楽か。

さらに、国語は提出もしたし授業もまじめに聴いていた(自己申告)なのになんで「関心・意欲・態度」がBなの? という疑問を持ったら、別途配られている「観点と学習内容」対応表を見ればよい。えー漢字ノートって、あれ、提出だったの?? などと言ってる時点でアウト。知らないのはまたろうばかりなり(-_-;;

こうやって、具体的に振り返りができるわけだ。漢字ノート出せば二学期は改善が見込めるってことだね!! …ところが、ここまで情報が開示されていてもわからないものはやっぱりわからない。

本人によれば「理科の実験レポートは全部提出していた」のだが、それなら理科の「観察・実験の技能・表現」がBなのはいったいなぜ? 一学期は得意中の得意(物理)で、落とすとこないくらいなのに~!! 「出したつもりだけど締め切りは過ぎてたってことない??」と母、「出したといっても全部ではなかったとか??」と父。本人は「そんなことなかった」といっておりますが。信憑性がまったく…またろうは「グラフの軸の名前を書き忘れたことがあったけどあれかな?」というのだが…そりゃまぁ、軸が何なのか書かないと意味がないというのはもちろんだけど、書き忘れてるのがあったくらいでBになるかな?? いやはや。議論してたってラチがあきません。

そこでですね。「先生に事実確認をしてアクションプランを立てる」ということを最重要宿題ということにしました。早速よしぞうがExcelを立ち上げ、それぞれの教科で、B以下を取った観点すべてについて、1観点1枚に以下のような表を作る。

科目: 理科 観点: 意欲・関心・態度
目標/自己評価/実際   A / A / B
出来たこと    自分 _____________
            先生 _____________ 
出来なかったこと 自分 _____________ 
            先生 _____________ 
アクションプラン 自分 _____________ 
            先生 _____________ 

この表で、「自分」のところを埋めていき、「先生」欄にコメントをもらい、先生のサインをもらっておしまいという、完璧なワークシートである。

またろうの通う中学校はなかなか面倒見がよく、夏休みにも「質問教室」というのがあって、学校に来ていいよということになっている。一覧表にすべての先生の各日の都合が書いてあって、◎は午前午後おっけー、○は午前のみ、△は午後のみ。この表を頼りに、ひたすら学校に通って全部のワークシートを完成させるのだ!! 次回、「アクションプラン編」に続く。

本日の献立:
ぶたニラ鍋(だいこん、とうふ入り)、納豆、ごはん、きゅうり糠漬け、りんご

by an-dan-te | 2009-03-27 06:54 | 高校受験

<< またろうの内申アップ大作戦!!... 心に残る授業(無機化学): 段... >>