人気ブログランキング |

こじろう卒業式   

いや~、普段着で出席させなくてよかった(^^;;

またろうのときの小学校卒業式は、何人か「ちょっとだけ、きちんとした普段着 (ニットベストとか)」がいたと思うのだが、今回は全員がスーツ、ブレザー程度。というか、男の子でネクタイをしていなかったのはこじろうだけだった。

またろうが、「○中のネクタイを貸してやる」といったのだがこじろうは「○中に行かないんだからヤダ」、お父さんのネクタイを借りればといったのだが「長すぎるからヤダ」。適当につっこんでおけばわからないと思うんだけど。

まぁともかく。普段と違って、ばりっとした格好の、やや緊張した面持ちの子どもたちは、ほんとにかわいい。入場してくるだけで涙腺が…いかんいかん、いくらなんでも早っ。。

式次第は標準的な感じだったが、学事報告すっとばしーの、電報披露は元担任のみ読み上げて、「掲示してあるのでご覧ください」などと超速でいくのは中学校と同じ。違うのは、○○議員からの電報について、名前すら読まなかったところとか(^^)

ひとりひとり、卒業証書を受け取る前に、決意表明のスピーチ。「~になりたいので中学に行ったら~をがんばります」のようなのが標準スタイルだが、標準から外れたものもかなりあって個性豊かだった。こじろうのは、「友だちと積極的に関わるようにすると学校が楽しくなることがわかったので、中学に入ったら…」というものだった。確かに、そこんとこ少し実感できたらしいところが最近の大きな成長だと思います。

なにしろ、卒業生は四十数名しかいないので、スピーチとかさせても余裕がある。「別れのことば」もかなり長くて、一人当たり二度くらいセリフを言っていた。「ことば」はみんなで何をいうか考えて全部作ったあと、誰がどれを言うかについては第一~第五希望くらいまで出して取り合いをしたらしいのだが、こじろうは「第五希望までのどれも取れなかった」とやや不満げ。でも、キメのセリフを割り当てられていて、はっきり大きく話せていたので、親としては「おぉー」と思ったけどね。

歌もたくさんあって、退場のときは五年生の合奏。盛りだくさんの、あたたかい式だった。

* * *

こじろうの机まわりをふさいでいたもののうち、小学校の教科書などは母が強権発動して早々に縛らせたが、それでもぜんぜんすっきりしない。書けるのかどうか不明の筆記具(ほこりまみれ)、消しゴムの破片、いるのかいらないのかわからないカード類、その他雑誌の付録やおもちゃのパーツとおぼしき意味のわからない品々。

そこで、大きな手提げ袋を用意して、机の上と棚にあったすべての物体を、がさっとその中にぶちまけた。

そして、ほこりと消しゴムのカスだらけの机と棚を一気に拭きあげ(何年前に拭いたか記憶にない)、空っぽになったところにまず新しい教科書を並べた。こじろうには、「今日の夜九時までに、この袋の中から、『いるものだけを』出して片付けなさい。残りは袋ごと引き取ります」

…そうなんです。ごちゃごちゃしてる中から、「いらないものは捨てなさい」といっても話が前に進まない。発想を逆にしないとねっ!! (ボジティブリスト方式!?)


今日の献立:
れんこんとにんじんのきんぴら、納豆、大根と小松菜とがんもの味噌汁、ごはん、たくあん、りんご

by an-dan-te | 2009-03-25 07:29 | 生活

<< 心に残る授業(無機化学): 段... 春休みの課題 >>