人気ブログランキング |

心に残る授業 (国文法)   

ふまじめな中学生だったので、授業中にはたいがい、本か漫画読んでいるか寝ているかしていて、どんな授業をやっていたのかあまり記憶にない。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←JG国語の名物教師登場
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

その中で、私にとって「お役立ち度ピカイチ」だったのが、中三のときの国語の授業。

国語といっても、メインだったはずの、読解関係についてはほとんど印象なし。とにかく、私にとっては「文法」、これにつきる。

中三の授業では、まず現代文の文法、その次に古文の文法を学ぶことになっていた。現代語の文法をやるとき、たぶん私を含めてたいていの生徒の顔には「文法なんて知らなくても読めるし書けるし~」みたいなタルイ態度が出ていたに違いない。それを見てO先生は言った。

「現代文の文法の学習は、このあとに学ぶ古文の文法の準備です。古文は、ふだん私たちが使っている言葉ではありませんから、文法がわからないと困ってしまうんです。高校に入ってから一番赤点が出るのが古文なので、私は文法の授業だけは寝ていても起こしますよ」
#素直に、文法以外なら寝ていてもよいと解釈した私たち(^^;;

O先生が語る文法は、いつもきちっと整理されていて明快だった。

例えば古文の形容詞の活用を習っているとき、隣のクラスからはよく
「くーからくーかりしーきーかるけれかれ」
「しくしからしくしかりしーしきしかるしけれかれ」
と呪文のようなものが聞こえていた。

O先生は、
「く・く・し・き・けれ」
だけ覚えなさい、といい、「あとはラ変です」とまとめた。

「くーからくーかり」式の覚え方では、「○○形」が1つあるものと2つあるもので数え間違えたりすると、ずれてしまってわけがわからなくなることがあるけど、「く・く・し・き・けれ+ラ変」と覚えていれば混乱することがなかった。

ここでまず私の印象に残ったのは、暗記部分をコンパクトにまとめることの意義である。少なく覚えると、その部分に絞って確実にすることができて、活用範囲が広がる。スムーズになる。結果的に、たくさん覚えたより使えることがある、という成功体験として。

基礎知識の授業がひととおり超特急で過ぎると、百人一首を題材に、文法を使うとどう便利なのかが展開されていった。語に分解し、品詞と活用形をつけ、そのひとつひとつをきっちり盛り込んだ現代語訳をつけていく。この訳は、「こなれた訳」というのとは違う、「古文学習のための出発点となる訳」とでもいうべきもので、紛れなく、シンプル。

私は、この授業の中で、文法というものがいかにパワフルなツールであるかを知って、感動した。

この先、大学受験の古文ではまったく困ることがなかった。結局、理系に進学したけれど、文法の魅力のことはずっと心に残っていて、就職したあとに言語系に転向するきっかけ (基礎) になった。


O先生はとても癖のある人で、赤旗を使って読解の授業をしていたこと、夫婦別姓について熱く語っていたことが記憶に残っている。そもそも学校はキリスト教系なんだけど、キリスト教と共産党は仲がいいのか違うのか?? キリスト教にせよ共産党にせよ、それぞれの思想はちっとも私の胸には響いてこなかったんだけれども、こういう先生を雇う学校の度量の広さ(?)みたいなものがいちばん深いところに影響があったような気がする。

自分の頭で考えて、思うところに進みなさい。世間がどう言おうと。
当然のことながら、それぞれの人が自分の頭で考えたら、違う考えを持つようになる。議論をするのはよいけれど、お互いの心と考えを尊重するように。
(*)

…いい学校だったな~。いい授業をいろいろしてたのかもしれないけど、
国文法以外なんにも生かしてなくてごめんなさい。

(*) これは、アンダンテが母校から学んだと思うことの「個人的なまとめ」であり、学校の公式見解とは異なります。

f0185839_19231872.jpg
「おやつロボ」
イラストVersion
by またろう

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験終了組(本人・親) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2009-03-06 19:23 | 中学生活

<< それなら、はなひめに母校を勧め... ジョン・ドゥって誰よ!? >>