人気ブログランキング |

さて昨日の反省会など   

試験会場から出てきたこじろうに、手ごたえを聞くと
「算数は例年どおり(注:過去問算数がぐだぐだ。昨日の話を参照)ダメで、理科も時間足りなくて残しちゃったからともかく良くはなくて、国語と社会はわりとできた」
もちろん、この「わりとできた」はこじろう基準。算数と理科で稼がなきゃいけないことに変わりはないので、こりゃまずいかな~。


こじろう昨日の入試は、合格が目的なのはもちろんだけど、結果がよくても悪くても、学んだことをプラスにして2/1につなげよう!! という狙いがあった。

そこで再現答案も作らせてばっちり直しをする予定でいた。昨日、塾(*)から帰ってきたこじろうに、「疲れてるとは思うけど、とにかく今日のうちに再現答案は作ってね」というと、「そうくると思って、もうあらかた書いといた」とこじろう。え~っ、そんな余裕あったの??

「余裕ないけど…算数とかは答えすぐメモできるし、国語は、国語のあとの休み時間に忘れないうちと思って急いで書いた」(o_o) えぇっ
「とにかく再現答案作るのは大嫌いだから、やらされたら大変と思って」…だって。不退転の決意で再現答案作成を回避したこじろうであった(笑)

ともかく、算数と理科と国語は昨日のうちにできる範囲で見直しをした。解答もないし配点もわからないのでいいかげんだけど、確かに算数も理科も、点数的にはぱっとしない出来ということがわかった。

しかし、どっちもこじろうにとってわりと苦手な出題オンパレードのところ、よく粘っているというのがよしぞう評。「過去問のときすぐあきらめちゃった、めんどくさい系のも食いついてやってあったよ。これはなかなかよくがんばったと思う」。というわけで、大崩れはせずなんとかまとめた感じ(ただし「稼いで」ないのも確か)。

国語は、答えに確信が持てないものも多くてさらにわけがわからないが、こじろうの実力からすればこんなもんかと。つまり、大雑把にいって、「社会はわりとできた」という本人申告が額面どおりなら○、コケていれば×って感じですかね。
#我が家には社会科担当がいないので社会の答え合わせはナシ(^^;;

ところで、試験の中身じゃなくて母の反省点ですが…昨日最大の失敗は「こじろうの受験番号を控えてなかったこと」。子どもたちは、受験番号順に区切られて出てくるので、番号がわからないとどのグループに注目すればいいのかさっぱりわからない。二千人規模の受験者が次々に出てくるところを、明らかにそれよりかなり多い人数のお迎えの人々が取り囲む中、こじろう探しはほんとひやひやした。そこまでのまぬけは私だけ??

* * *

今日はまたろうの私立受験の願書提出。高校受験は本人が一人で行くのが「ふつう」らしいので任せたけど、またろうと事務手続き…この世で「どうにも合わない」ものがあるとすればこの組み合わせだよー。ほんと心配です。頼むから受験票をなくさずに持って帰ってくれ!!


(*)昨日は日特最終回だったので、午後だけでも出ようといってましたが、実際に参加できた時間は1時間ちょっとくらい。
試験会場から出るのもけっこう時間かかったし、それから電車にのって塾のそばまで来たらもう二時過ぎ。こじろうは「お腹すいたー疲れたー」といっていて、急いでお昼を食べる店を探そうとしていたんだけど…
神社の前を通りかかったら、突然、「お参りしていく。ぼく、五円玉持ってるから!!」といい出し、方向転換して長い参道をわしわし歩いていくこじろう。「ご縁がありますように」とお祈りして、「これで五点くらい上がらないかな??(^^)」だって。
我が家は、初詣や七五三のときのお参り程度の習慣もない不信心者なので、こじろうのこの突然の行動にはびっくり。
お参りのあと、トンカツを食べて塾にいきました。「もうあんまり(日特の時間)残ってないよ」といいながら…ま、最終回だし、縁起物だから(?)少しでもいっておいでー。と送り出したのでした。

こじろうがトンカツを食べるのが遅くて、母がだいぶ早く自分の「ばらちらし」を食べ終わって手持ち無沙汰にしていたら、こじろうは、母のからっぽの湯のみを見て、自分の手付かずの湯のみを見てから、「お母さん、お茶でもどうぞ」と渡してくれました。ちょっと、うれしかった(*^-^*)


今日の献立:
肉野菜炒め、ねぎと油揚げとごぼうと豆腐の味噌汁、ごはん、韓国のり、りんご

by an-dan-te | 2009-01-26 10:36 | 中学受験

<< 穴が残っちゃいけないの?? 今日は本番&最後の日特 >>