人気ブログランキング |

ビビリ母とイケイケ父   

先週と来週の日曜日が一月受験、その次の日曜日が本命だから、なんだかサンデー受験者という感じのこじろう試験日程である。ほとんど学校を休む必要がない。

それにしても、一月受験三回は多いだろうということで二回にこだわったけど、今週ぽっかり空いてみると、なんだかこじろうはフニャケてるし、N塾生に骨の髄まで染み付いている(?)毎週末が試験というリズムが崩れてなんとなく調子が狂う。塾の先生の薦めに素直に従って、もう一回入れておいたほうがよかったか??

* * *

中学受験、いや受験では何でもそうなのだけど、事前にわかることは模試での偏差値や過去問の出来具合など、あくまでも落ちる受かるは可能性の問題でしかなかったところ、一月入試も進んで、次々と現実に白黒ついていくのを見ると、特別の感慨がある。

なにしろ、「可能性の問題でしかない」ところでうろちょろしていなくちゃいけない期間が長かったのに比べて、決まるのは一瞬だから。

私は、「80%ラインを一度も割ったことがなくても落ちる」という(自分にとっては)強烈な中受体験を経て、大学入試は極端にガチガチに固めて五校全勝で通り過ぎたため、仮に80%ラインを下から臨む受験であっても、受かったり落ちたり両方あるものだという感触がわからないでいる。

だから、今回のこじろう受験で、第一志望校(2/1)のR4(*)が年間平均偏差値-2なのは「まあ」よいとして。第二志望校(2/3)のR4はなんと「+1」、その後は2/4が「-1」、2/5が「ジャスト」と…過去問との相性が一番良いのも、一番気合入れて対策してあるのも第一志望校。これで2/1に滑ったらあと受かるとこないじゃない!! わぁ~。。と駆け回りたくなるくらい不安になることがある。

一方、よしぞうは、データ的に安全とはまったくいえない受験でいくつもブチ通してきた、どころか「奇跡の人」とまで呼ばれる実績の持ち主なので、「R4に届いてないところ『も』受けるというのはまったくおかしくない」と言い切る。「受けてみて受かったり落ちたりするところを受けるのが受験だ。落ちないようにして受けようという考えはありえない」

「通すための戦略があればそれでよい。チャレンジをするために足元を固めている(2/2は午前午後受験)んだし」

よしぞう予測によれば、風邪など引かないでこじろうが通常状態で2/1以降の試験に臨めた場合、ずばり「2/1に受かる確率は75%以上、2/2の午前午後両方滑る確率は5%以下」(病気する確率は別)、だから十二分に「石橋を叩いて渡る」系の受験だという。

その数字を聞いて私はちっともイシバシな感じを受けないが、そもそもどんな確率を聞いても安心できないんだと思う。仮に99%だとしても残りの1%が現実になったらがっかりするじゃないかと思ってしまう。確率というのは集団を考える(統計)ときにはいいけど、個人を考えるときにはなじまないような気がする。

同じ年間平均偏差値を持つ子が100人いるとして、その偏差値がきっかり80%ラインといわれる学校をひとり10回受けたら、どの子もだいたい8回受かって2回落ちる、ということではなくて、受かってばっかりいる子とずいぶん落ちてしまう子がいたりする、というのはありそうなことだ。極端な話、80人の子が10戦全勝し、20人の子が10戦全敗したって、全員分おしなべて合格率が80%というのは間違いではない。

だから、確率がどうであれ、それを引き寄せることができるのか、遠ざけちゃうのかというのは大きい。何がそれを分ける要素になるのかというのはよくわからないが、少なくとも自分の成功を信じるというのは含まれていると思う。だから母がここまで悲観的なのはよくないことだ。

でもその分、私はそのバランスを回復するくらい、運を引き寄せるタイプの人を選んだのだから、子どもは両極タイプの両親を見て、自分なりの道を切り開いてほしいと思う。

現にこじろうは、自分が第一志望をモノにすると信じている節がある。母は余計なことをいわずにあとしばらく漢字語句計算メモチェに付き合おう。


(*)「R4」…N塾生が目安に使っている偏差値。塾の説明によれば
この「R4偏差値」は各学校ごとに設定してある「境界(レンジ・Range)」偏差値のことをいい、R4とは「合格予想確率=80%ライン」、R3とは「50%ライン」の偏差値(R2は20%ライン)のこと
となっている。これをふつうに読むと、年間平均偏差値でR4ちょうどを取っている子は80%受かるのだなと思ってしまうが、N塾の出す「中学入試白書」などをみるとどうもそうなってない。

そこでよく読み返すと、「境界(レンジ・Range)」となっているところがクセモノ。R4のラインで区切られる、そこから上の範囲(ゾーン)にいる子の合格確率が80%という意味らしい。そう思ってみると、実データとR4表のつじつまが合う。つまりR4ぎりぎりなら80%より低いと推測できる。

これは多くの人が陥る誤解だと思うのだが、N塾はそれをそっとしておきたい(?)のか、あまり正面きって説明していないような気がする。

今日の献立:
味噌ラーメン
* キャベツがなかったので白菜。はじめ、白菜は「甘味が強すぎる」と不評だったが、食べるうちに、白菜ともやしのシャキシャキ感、それと焼き豚とのハーモニーでなかなかいけると評判回復。しかしスーパーで買った煮玉子がいまいちだった。

by an-dan-te | 2009-01-18 10:29 | 中学受験

<< 中学受験を親子で楽しめるだろうか?? 「あながちOK!」はNGです >>