人気ブログランキング |

過去問の解きなおし、の続き   

今日はこじろうのクラスの保護者会なので、午前在宅勤務午後半休。別に、速達(昨日ネット発表のあった学校の通知)を受け取るために家にいたわけじゃない。わけではないが、しかし…

ラッキー、と思ったのは確か。午前中のうちに郵便やさん来た!!

360点(450点満点)    [10と20の間]番/2802人中

こじろうすごい!! 三年間授業料&寮費無料。行くわけじゃなくても素直にうれしいです。
本番でもいつもの、というか、いつも以上のこじろうだったんだね。この勢いでいってほしい。

* * *

またろうの数学で、私立チャレンジ校の場合、ぼろっと計算間違いという問題と、解けなかった(時間不足含む)という問題は、おおざっぱにいってどちらも同じくらいの比重になる。

過去問再チャレンジのひとつ目は、前回解けなかった問題も今回は正解にたどり着いてプラス。うっかり計算間違えした部分は、今回は正解になってプラス。前回、ふつうに正解した部分で、今回うっかり計算間違えしてマイナス(-_-;; 出入りほとんど変わらず。

再チャレンジのふたつ目は、初回も88点とわりとうまくいった年度のもの。やや余裕があったのか、今回は100点達成!! おぉ。

結局のところ、数学に関しては、いったん解けなくて直しをした問題も、再度解けば辿れることがわかった。しかし、「ぼろっと計算間違え」については確率の問題だから、再チャレンジなら確実というわけでもないってところ。

計算ミスを防ぐためには、こじろうがやっているように、「毎日計算」つまり基礎トレをやったほうがいいのかもしれない。英語や漢字で手一杯なので毎日モノは増やしにくかったんだけれども、例えば一日5~10分の練習で正解率が上がるものなら悪くはないと思う。

よしぞうの意見によれば、「それより、過去問練習を通してアドレナリンの出し方を練習したほうが効く」というのだけど、どうかなぁ?? またろうの脳みそのかたちは、明らかに父ゆずりなので、よしぞうの言うのが当たってる可能性は高いだろう。でも、一般的には基礎トレ必須では??

さて、初回ぼろぼろの英語と国語だが、再チャレンジでは、いちおう本文が読めた状態で取り掛かることができるので、こんどはようやく「問題を解く」話になる。またろうは、こじろうより記述に抵抗がないようで、よく埋めてあるし、稚拙な表現ながら方向はなんとなく「いい感じ」で来ている。部分点がどのくらいもらえるかはよくわからないが…とりあえずあからさまな誤字脱字をなくしてほしい
(-_-;;

「長く」が「長ぐ」になっているのはなぜっ。「意み」とか「かんれん」とか書かないでちゃんと漢字使って!!

そして肝心の、まっさらから自力で本文を読めるようになるかというのは…再チャレンジを通していくつかの文章に取り組んだ結果、少しは読めるようになってる、と、いいなぁ~。今週末にまた、手付かずの過去問に挑戦だ!


今日の献立:
まぐろつみれ団子汁(白菜、れんこん、ねぎ)、汲み豆腐、焼きおにぎり、きゅうり糠漬け

by an-dan-te | 2009-01-16 12:06 | 高校受験

<< 「あながちOK!」はNGです 二度目の正直!? 過去問の解きなおし >>