人気ブログランキング |

二度目の正直!? 過去問の解きなおし   

同じ時間を使うなら、一度解いた過去問の解きなおしと、まだ手をつけてない過去問を解くのと、どちらがよけい効くだろうか? 過去問の古さ(どこまで遡るか)と、志望順位と、初回の出来具合と…いろんな要因があってあまりはっきりしないけど…

とりあえず、見つけた穴はふさごう。

と、いうことで、徐々に一度解いた過去問の解きなおしにシフトしている。もちろん、それぞれの過去問は、解いたその日か、遅くとも翌日にひととおり直しはやっているんだけれど、それで理解100%オッケー、似たような問題が出ても今度はお任せください、となるわけがない。

まだ見ぬ過去問の群れたちよ…心苦しいが待っていてくれ。余裕があったらまた戻ってくるからっ!!
#ってか、たぶんないだろうけど…余裕…

現状の解きなおしは、下記のように進めている。

こじろう:
国語: 第一志望校のみ、全体を解きなおし。塾のない水曜日に、2回分ずつ消化する。昨日が初の取り組みで、残る水曜日はあと2個(笑)なので計6回分できる。
算数: 再チャノートで、毎日1~2題ずつ消化。のろのろと続いてます。
理科: 再チャノートで、間違えた問題のみを解きなおし。毎日1回分ずつ消化できるとすぐ再チャ材料がなくなってしまうので、ときどき前期日特の過去問集から苦手分野類題のピックアップまであり。
社会: 夜勉時間に、再チャノートで、間違えた問題のみを解きなおし。毎日1回分ずつ消化できるので、過去問分がだいたいちょうどできるかなと。

またろう:
私立チャレンジ校、英数国とも、全体を解きなおし。

こじろうの国語、昨日が初回だったので、出来が特にひどかった回のは避けて、中くらいの出来の2年分をやってみた。すると、ひとつめは、前回書けなかった漢字が書けて(^^) 前回誤解していたところを理解して、3つくらいプラスしたのが、問題の読み違えその他でちょうど吐き出し、きっかり同じ点数に

「こ~じ~ろ~う~(-_-## これじゃ何やってんだかわからないでしょ!!」

問題条件の読み落とし、字数確認間違えについては、自分が何をおろそかにして間違えたかを徹底確認させ、それと、前回と今回で同様に間違えたところについてはじっくり探し方を確認。ふたつめの過去問は、「後退」がないように慎重に取り組んで、1問のみ間違えの95点。

本人がまず解きながら前回学んだことを想起して確認できるし、再度間違えたところは直しでも理解できていなかったところとして浮き出てきて、そこにフォーカスできるから、これはなかなかいい感じ。

またろうの私立チャレンジ校については、まだ三年分しか解いてないけど、さっそく再チャレンジ。初回チャレンジでは、特に英語なんか、全体的に解いたとはいえず部分的に拾った状態。再チャレンジを通して全貌が明らかになったところで、あらためて初見の過去問に挑戦していってほしいという作戦。長くなってきたので詳細はまた後日。


今日の献立:
豚汁、厚揚げと水菜のさっと煮、めかぶ、ごはん、黒豆、いちご

by an-dan-te | 2009-01-15 14:12 | 中学受験

<< 過去問の解きなおし、の続き ××な子ほどかわいいといいますから >>