人気ブログランキング |

いよいよ初本番!!   

晴れてます。初受験日和です(?)

起きたらすぐ、中○屋の肉まんあんまんを蒸しにかかる。こじろうとよしぞうを起こす。

「蒸すのに時間かかるから、先に着替えて計算だけして」。計算だけはオマジナイみたいに当日朝もしていこうという計画で、こじろうもそれは了承していたが、ノートを開くとすぐブーイング。「なんで今日が直しなの~(-_-)」

毎日やる「計算と一行題」は、小問が一日分5つとなっているが、ミスした問題にチェックをつけておいて、それがある程度たまるとチェック分から5つやることにしている。直しの回を本番の日にぶち当てようとか、はずそうとかまったく思ってなかったのでたまたまなんだけど。

「いいじゃない、間違えやすい問題を注意深く解いていったら、効くかもよ」とそのままやらせると、1個間違えた。「だって苦手な問題ばっか集めたんだからしょうがないじゃない」とこじろう。といっても、間違えた原因てのが、単に「1.8」を分数に直すときにキミが「18/5」って書いたってだけの話で、ちっとも難しい問題じゃないんですけど?? こういうことにならないように、今日はぜひ適度に緊張し、集中してやってください。


昨日の夜、定番の夜勉で「メモチェ確認+社会再チャ」をやろうとしていたのだが、早く寝たほうがいいということで30分前倒しにして、20:30-21:30とした。さらに、よしぞうが「最後10分とっておいて。話をするから」というので特急で切り上げて21:20終了。

よしぞうの話というのは、緊張と集中のことで、二人で子供部屋にいき、しっぽり話しておやすみをして戻ってきた。

こじろうに、これまでに緊張したのはどんなときかと聞いたら、「太鼓の本番の三回目くらいまでと、ピアノの発表会(ただしホームコンサートのときを除く)」で、試験のときに緊張したことはないとのこと。あれ?? 学習発表会のとき、何百人が聞いているところで、独唱したのは緊張に入ってないらしいなー。試験のとき緊張したことはないというのは、意外ではないけど。

今日の入試は、進学したいと思っている学校ではないので、そのまま受けてしまうと、特に緊張することもなくふだんどおりに終わってもったいない。ぜひ、ちょっといつもと違う気分を味わって、徐々に2/1に向けて、よい意味で慣れておいてほしい。

なので、今回の会場はセンター模試で行ったことのある会場でもあるし、前回と同様、送りだけ父がついていき、そこで待たずに、帰りは一人で帰ってきてねーでもできるんだけど、あえてそうしないで待っていて、お昼は外でいっしょに食べて戻ってくることにした。本番仕様。

それで、これまでの緊張体験の中で、不安で胸バクバクになってしまったことがあるかと聞くと、それはないといっていたそうなんだけど、もしそうなってしまったときはどうしたらいいかというのを、呼吸から自分に言い聞かせる言葉までレクチャーしておいたそうだ。今日実践できるといいなぁ~

会場入りのあとよしぞうから電話あり。会場前はものすごい渋滞だったが、室長先生がちゃんと向こうからこじろうを見つけて握手してくれて、気分よく入っていけたらしい。

がんばれ~こじろう(^o^)/

またろうは私立チャレンジ校過去問中(H17)。→数学だけ調子よく(小問1個間違え)、英語と国語は…(-_-;; うーむ。


今日の献立:
白菜小松菜と豚肉の重ね蒸し、ごはん、納豆、たくあん、りんご

by an-dan-te | 2009-01-11 10:11 | 中学受験

<< KAIZENの日々 アーモンド入りチョコレートのワルツ >>