タグ:生活 ( 687 ) タグの人気記事   

「戦場のピアニスト」   

…を、みました。

子どもが小さかったころは、九時に寝かしつけてあとはお茶を入れてテレビをみたりとか、ゆっくり「大人の時間」を過ごすのが楽しみだったんだけど、いまや子どもの寝る時間と親の寝る時間は30分~1時間くらいしか違わない。

しかも、子どもが起きている間は、リビングが勉強または子どもの見たいテレビで占領されているので、ほとんどまったくテレビを見る時間がなくなってしまった。

もともと、そんなにたくさん見てたほうではないと思うが、それでも見たいものは週にいくつかあって、「エンタの神様」「囲碁将棋ジャーナル」「スーパーピアノレッスン」「のだめ」など。

それを、かろうじて、子どもが塾にいっている間とかに細かく消費していっても、まとめて見たい映画とかは見る機会がまったくない。封を開けていないDVDがたまる一方。

そこで、親のストレス解消だって重要!! と思い立ち、誕生日のプレゼントとして、よしぞうにポータブルDVDプレーヤーをリクエスト。いまどき、たいていの人は電車の中用にはワンセグとか買うんだろうけど、とにかくDVDをそのままさっと持っていって見たいのだからしかたがない。

そんなわけで、ここ2~3日かかって、「戦場のピアニスト」を見たんだけど、はっきりいってこれは大失敗…映画が駄作なわけじゃなくて、それどころかとても名作だと思うんだけれど、とにかくこれから会社というときに見るものではない。

あまりにたくさんの人が死んでいくので。。それも、人が人を塵芥のように扱って (今、一瞬、「虫けら」と書こうとしたが、虫けらだって生きているのでこのたとえはあまり適切ではない)、数え切れないくらいの命を奪っていくので、見ていて胸が苦しくなって、気持ち悪くなってしまう。

なのに、結局気になって最後まで見てしまった。ストレス解消じゃなくてストレスフルな映画だった。

昼休み、同僚にこの映画を見た話をしたら、彼女は「私はあの主人公みるとイライラしちゃって~。運命にただ流されていくって感じで、もうちょっと自分で考えてなんとかしろよって」といっていた。そんな見方もあるのか…けど、あの状況で何かほかにできることがあるのか??

本のほうはだいぶ前に読んだのだけど、映画はきっちりと原作に沿って、相当忠実に作ってあって、本を読んだときのイメージがほとんどそのまま、リアルな映像となってたんたんと流れていくようだった。映画的に作り上げたヒーローではなくて、実際の人物なんだから、運命をバシバシ切り開いていくかっこよさがなくたってしかたがない。

スピルマン(本の著者、映画の主人公)は、類稀なる強運の持ち主で(でなければホロコーストの中生き残れない)、それだけではなくて数年間におよぶ絶望的な孤独の中、気が狂わずに自分を保つことができた精神力を持っていたこと自体が十分にすばらしい。加えて、彼のピアニストとしての才能に惚れ込んだ人たちが次々と、自ら危険を冒しながら彼を助けてくれたことが、このストーリーの骨格になっていると思う (その意味で、同僚の言ったことは当たっている)。

本と違っていたところは、クライマックスにドイツ人将校の前で演奏される曲。原作ではノクターン遺作だったが、映画ではバラード1番。静かに始まったあとは、派手な技巧も入れて盛り上げて終わるようにしたかったのかもしれない。ドイツ人将校のその後の言動を観客に納得させる、不思議な神々しさを持つ場面に仕上がっていた。

こういう重い映画は数ヶ月後、日常がストレスフルでなくなってから後に繰り延べることにして、当面は刑事コロンボとか見るようにしようと思う。コロンボなら、話の中で人が亡くなってもショックじゃないんで…

------------
映画を見た後、ノクターン遺作を弾いてみたことはいうまでもない。バラードとかアンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズも弾けたらよかったんだけど(無理)。

by an-dan-te | 2008-10-18 08:22 | 生活 | Comments(4)

憂鬱な水曜日   

水曜日は憂鬱だ。なぜなら、またろうもこじろうも塾がなく、学校は早く終わるので、家庭学習をする時間がたくさんある。なのに、家に親がいないから実際にはやらない→ストレスフル(親にとっては)というわけ。

しかし、いくらなんでもそろそろ、またろうに勉強習慣をつけないと後がない。今週は、日曜日のうちからExcelで美しいスケジュール表を作って印刷し、本人ともよく話し合って遊ぶ日や時間帯や、こなすべき課題について確認したはずなのだが (もちろん、当日朝にも再度確認)。

会社から、家に3時ごろ電話を入れると、すでにまたろう不在。こじろうによれば、「**くんちに遊びにいった」とのこと (-_-# そしてこじろうは「ぼくは5時までは友だちと遊ぶから (←キッパリ)」「それからで間に合うの?」「大丈夫 (←これまたキッパリ)」

またろうに電話をかけて追いかけると「あっはい」「今日は遊びにいかないはずの日だよね」「あっ…はい」。意外に素直に家に戻った。が。

家に帰ってみると (6時半くらい)、こじろうは "必死"で勉強中。「5時からで間に合う」宣言を実行にうつそうとしている模様。今日やる課題は、計算、漢字、語句、再チャ、栄冠への道(理・国)、それと夜勉強(9時から)のメモチェ社会。現状の進み具合からすると、とにかく5時以降は集中してやっていたらしい。

またろうは公文の数学のみ済。母の電話のあとすぐに家に帰ったというが、ほんとに帰っただけ。勉強開始はついさっき (意味なし)。

それから慌しく晩御飯の支度をしていると、こじろうは「語句と漢字の丸付けして! いますぐ! じゃないと直ししないから!!」とモロ上からものを言う。「はぁ? 今ごはんの支度してるんだからこっちが先。ごはん終わったらいっしょに直しするから」「それじゃ遅いの。遊ぶんだから」…なんと、こじろうは、5時までは遊ぶし、夕食後はゲームをする気十分で集中勉強していたのだった。

それで、野菜洗うわ火にかけるわ、リビングに戻って丸付けするわ、また台所に戻って味噌とくわでエライばたばたして、なんとか語句の直しも終わってごはんもできた…はぁ疲れた。

それでごたすかしている間に、またろうはまた「ぼわーん」に戻ってしまったらしく、公文の英語がさっき始まったきり、まだ終わってない。ありえなーい。

ごはんが済んでからはようやくまたろうも軌道に乗り、ホームタスク(数・理)、ベートレと進み…しかし、その時点ですでに時間切れ(10時)。これまでであれば、寝る時間優先でここで引き下がっていたところであったが、この「またろう強化週間」だけはとにかく課題をすませた (ことがあるという) 実績を作りたい。ということで、数プリ、英長文、漢字と続けてやらせてみた。

母は11時におやすみなさーい。結局、11時半までかかったそうである。遅いよ!!(-_-)

はい、またろうくん。昨日の反省は? 「とりかかりが遅かったし、そのあともぼっとしてた」
そうね。わかっちゃいるけどね。

朝の食卓、食べながら英長文と漢字の直しをして、ようやく昨日の課題終了。お疲れ様でしたー。

by an-dan-te | 2008-10-16 07:16 | 高校受験 | Comments(2)

理系クンとの相性   

昨日は、バタバタと忙しい日だった。まず朝起きたらすぐはなひめ(ひとりで留守番)用のお弁当を作り、私とこじろうは文化祭へ。またろうとよしぞうは説明会&入試問題開設会へ。私はこじろうとお昼を食べて塾へ送り、帰ってくると休む間もなく、はなひめをスイミングへ。

スイミングの間は休憩タイム。本屋に行ってぶらぶら物色、一冊買ってタリーズでどっかり腰を落ち着けて読む。昨日のこの衝動買いが大ヒットで…「理系クン (高世えり子)」、理系クン妻にはもれなくお奨めです。

よしぞうが「理系クン」であることは間違いなく、いろいろな点で「まったくそのとおり!!」なのではあるが、違う点も多いので全体としてはあまり似てない。一番違うのは、学生時代こんなにまじめに研究したことはない(^^;; ということでしょうか。

この漫画で指摘されている、ファッションセンス(--;; とかプレゼントのズレとか、「現在のケンカ方法」とかはどんぴしゃり、「おなじでーす」。

早速、よしぞうにも読ませ、あまりウケてるのでまたろうも読んでしまい、また大ウケ。「これ、高専の説明会で配布すればよかったのに」と、またろう。なにそれ、理系クンでも無事結婚できる「こともある」から安心して高専にきてねって話??

それにしても、私はかろうじて理系なのでよしぞう (当時) と話がとぎれることはなかった。それに二人とも不真面目な学生だったからいっしょにいられる時間も長くて、とにかくひたすらしゃべってたって感じかな…

この話の、えり子さんはバリバリ文系で、大方の話は通じなかったらしいし、彼氏はあまりにも忙しくてなかなか会えなかったりしたのに、よくぞ理系クンに合わせてゴールインまで持っていったなー。奇特な方だ。えり子さんと私にはほとんど似たところはないが、ひとつだけ、親近感を持ったところがあった。

研究室に遊びにいったら、彼が「しゅばばば、カタカタカタ、カチカチ」と、すごい勢いでプログラミングをしている後姿をみて、えり子さんは「ちょっと萌える…」
わかります、私も。その気持ち(^-^)

よしぞうに連れられて、某コンピュータサークルにいったとき、ある先輩がデバッグしてたんですね(文化祭直前だった)。「ああ、ばかですねー (かちゃかちゃかちゃ)」…無駄のないステップで問題点を見つけていくスマートさ、プログラムを修正していく指さばき (そういえば「vi」とかいうエディターを使っていた)、知的な容姿とすべてモロ好みで、それはもぅ。。

…あ、よしぞうの話ですね。確かにその先輩の後姿にはクラッと来たんですけど、そのころよしぞうとちょうど盛り上がってたところだったんで何事も起こりませんでした。

よしぞうが、ただの友だちから彼氏に昇格するにあたっては、そのとどまるところのない「語り」と、鋭い理系センスと、それから意外に深いコミュニケーション能力が決め手だったかな、と、思います。あともちろん、電器屋さんとしての便利さ。商品選びから設置から。

「それで、お母さんは、文系なの理系なの??(数学も社会も苦手だから疑問に思うらしい)」と子どもに聞かれると、私は「事務系」と答えています。理系出身ではあるが理系センスはあまりなくて (現在の仕事は語学系)、膨大な資料を整理して切り張りして格好をつけるとか、そういうのが得意。書類の扱いが不自由なよしぞうの代わりに、ファイリングも書類作成もするしね。だから事務系。

理系男と、理系の話題を聞きかじった事務系女は、能力が補完的で話も合うという意味からは相性ばっちり。


またろうにもよき理解者の現れんことを。

by an-dan-te | 2008-10-12 14:44 | 生活 | Comments(5)

ジョブ・ローテーション   

受験本番の秋(?)を迎えるにあたって、我が家ではジョブ・ローテーションが行われた。

現状の役割分担は以下のとおり:
[またろう] ゴミ捨て、食器洗い、その他もろもろ(蛍光灯交換、買い物の荷物運びなど)
[こじろう] 風呂洗い
[はなひめ] 牛乳パック切り、生協宅配取り込み

ところが、こじろうが風呂洗いを忘れて塾にいってしまうと、もうつかまえようがないので他の人がやらないといけないし、またろうも、塾がある日は夜の食器洗いができない。それと、はなひめがこの役割に飽きていて、まじめにやらん(-_- という問題もあった。

そこで、無理のない分担を目指しつつ、新風を吹き込むというコンセプトに基づいて、下記のように変更してみた。

[またろう] 朝食調理、その他もろもろ(蛍光灯交換、買い物の荷物運び、生協宅配取り込みなど)
[こじろう] ゴミ捨て
[はなひめ] 風呂洗い

はなひめは、我が家の中で現在唯一「ヒマをもてあましている人」なので、風呂洗いの習得をするのは好都合だ。背も伸びてきたので底にも届くし。

またろうのゴミ捨ては、声をかければ素直にやってくれるし、力もあるから古新聞を運ぶときなどはちょうどいいんだけど、なにしろ曜日を思い出して「今日はなんの日」をするのが下手なので、とにかく親が声をかける必要があった。こじろうならわりとそういうの得意だからね。

まぁ、こじろうは匂いに弱くて、特に「燃えるゴミ(生ゴミ…)」運びは嫌がりそうだという懸念はあるのだが。

またろうは、比較的朝に強いし、調理は好きだからばっちりだ。

新ジョブ配置初日は、またろうが自分でかけた目覚ましで始まった (もうちょっと遅くかけてくれてもいいのに…と、目覚めてしまったよしぞうから小声でブーイング)。

お湯を沸かして紅茶を入れ、牛乳をつぎパンを並べ、ウインナとキャベツをゆでてできあがり。弟妹をたたき起こしにいくところまで自分の仕事と思っていたらしく、そこもやってくれた(あまりうまくはいかなかったが)。

こじろうも、自分から「今日は燃えるゴミの日?」といって、大袋二つ下げて捨てに行った。実はそのうち一つは、前回にまたろうが捨て忘れたものだが (玄関にわざわざ出してあったのに、それを「またいで」学校にいってしまった)、「これは前職の責任範囲ではないか!?」というクレームをつけることもなく、スムーズに終了した。

はなひめも、最初嫌がっていたけど、よくいい加減な洗い方のときに文句をいっていた手前もあって、プライドをかけて丁寧に洗い上げた。

というわけでひとまず快調。またろうは、負担が大きいかな? と思っていたんだけど、むしろ朝のリズムができてよさそう。夜は、何かいろいろと時間がおしてることが多くて、食器は親が洗っちゃって宿題をさせたほうが?? とか悩むシーンが多かったので、朝の仕事なら悩まなくてすむし。

…あれ?? 牛乳パック切りと食器洗いは誰がするの??

by an-dan-te | 2008-10-09 08:39 | 生活 | Comments(0)

紙・紙・紙   

我が家は今、紙の洪水の中で暮らしている。

もともと、家族五人にまつわる紙の種類と量は、はんぱじゃない。学校だより、保護者会のお知らせ・名簿などなど学校関係。入所の手続きや行事のお知らせなど学童関係。楽譜(本としてまとまってもるものだけでなく、プリントアウト含む)。やたらパソコンやAV機器が並んでる家なので保証書・説明書・コピー用紙・写真用紙などなど。本、雑誌、通販カタログ…

そして、ものの片付けが異様に苦手な人が数名。十分な収納場所の確保ができない公団間取りのマンション。悪条件が重なり、相当すでに溢れていたところへ…ざっぱ~ん!! 大~きな波がやってきた!! 塾関係の紙の群れである。

N塾でいうと、本科テキスト・栄冠への道(演習)・ノート・資料集・時間割やお知らせのプリント、そして毎週溜まりに溜まるテスト。I塾のほうは、ホームタスクなど、まとまった形態をしているものの厚さは意外に少ないが、毎回の授業ではプリントが配布されるため、混迷の度合いは深まるばかり。

またろうとこじろうは、狭い一室を共同で使っているため、二段ベッドと机を二台置くと余分のスペースはほとんどない。机についてる棚はすでに学校関係物品でいっぱいで、Nの膨大な紙類を置くスペースはどうやってもとれないし、こじろうはリビングで勉強することが多いので、いきおい、あらかたのものがリビングに定住地を求めてさまようことになる。

リビングとキッチンの境のカウンター下を改造して、棚を確保したのが数年前。ここの、雑誌などを入れていた棚を思い切って二段(二段のカラーボックス1つ程度相当)空けて、N棚と命名。これだけ空けたのに、テキスト類とノート、資料集など、現在使っているものだけで満杯。古いテキストその他はこども部屋のベッド下などに押し込む。

ようやく片付いたと思ったところへ、赤本・銀本が押し寄せてきて大ピンチ。床に適当に積んでおいたら、つまづいて転んだはなひめから苦情が出た(もっともだ)。

膨大なテスト類は、カリテとセンターで大別して手提げ付き紙袋に時系列で押し込み、テレビ脇に床置きしてある。そこへ、学校説明会でもらったパンフの束が一袋加わった。

この膨大な紙類の中で、今すぐに必要なもの - 丸付けするもの/したものや、毎日やる漢字語句ノート、個人宛郵便物など - が埋もれないように、各自の書類トレイをリビングボード上に設置した。これは非常に便利なのだが、見た目はとても悪いし、「とりあえず」がすぐ溜まってあふれ出すのはご存知のとおり。

昨日、お客様が来るので少しは片付けようと思ってリビングを見渡したが、すぐに無力感に襲われて萎えてしまった。…だめだ、どこから手をつけていいかわからない。
というわけで、そのままお迎えしてしまいましたが > Iさんごめん

中学受験が終わり、出しっぱなしの紙袋がなくなる日を私は心待ちにしている!!
Nの「過去問」を取っておいて弟妹のときに使うという話も出ていたが、とんでもない。私はそんな、洪水の二乗には決して耐えられないだろう。

塾関係の紙類を捨てまくって…そして花を飾るの。。
あぁ、待ち遠しい~

by an-dan-te | 2008-10-06 09:23 | 生活 | Comments(6)

時間感覚 -つづき   

またろうがエレクトーンを習っていたとき、一度だけ発表会に出たことがある。エレクトーンなので、みんなフロッピーを差し込んで、たとえ本人は片手演奏でも、データで自動伴奏させてたいへんにぎやかな曲になるのだが、またろうだけはフロッピーなしだった。どぉーしてもデータに合わせられなかったので。

代わりに先生が、もう一台のエレクトーンで伴奏をつけ、またろうが「来ない!」となるとアドリブで一小節余分に入れたり(!)して神業でアンサンブルしてくださった。たいへんスリリングな「かっこう 他一曲」であった。

子どもだから、テンポがふらつくくらいよくあることだし、指が迷って間があいたりするのはぜんぜん不思議ではないが、もうまったくそういうレベルではない。リズム感が悪いというより、「リズム感がない」。まるで、脳みその中の基本機能「クロック」を置き忘れて生まれてきてしまったかのようである。

こじろうのほうは、リズム感がかなりよく、ジャズ風でもサンバ風でも教えればすぐばっちりだった。リズム感と時間感覚の精度は何か関係があるのだろうか??


ともかく、中学受験をするなら時間感覚があるにこしたことはない。まず、またろうは塾に間に合わない(--;; という問題があったけど、それだけではない。時間は有限である中、効率よく課題をこなして、かつ遊ぶ時間を確保したいというのに、時間泥棒が棲んでいたら話にならない。

せいぜい10分くらいで終わるはずのドリルが、一時間経っても終わらない…という場合であっても、お母さんが遠ざかるとすぐ、隠し持っていた漫画を広げて読んでいたので終わらない、というなら何の不思議もないわけで(そういう子はけっこういるはず)、本人にも「勉強はしていなかった」ことの自覚があるだろう。またろうはそこで、漫画も読んでない、本人勉強していたつもりで、なぜか一時間経ってしまう…という状況。

実態は、ぼーっとしていたり、口笛を吹いていたり、クリップやボールペンをいじっていたりするのだが、本人は勉強を「していなかった」という自覚がない。「今日は午前中ずっと勉強していた、がんばった」とか真顔で主張するのだがその中身はせいぜい20分くらいだったり。話が噛み合わないので親子の交渉も成り立たない。

こじろうは、時間感覚がしっかりしているので、勉強をさせるためのバトルはないわけじゃないが、話は噛み合っていてその上で意見が合わないだけの話。じゃあ今日は、毎日分と社会の栄冠への道(塾宿題)をやって、それが済んだら九時まではテレビを見ていいことにしよう。…などと話がまとまったらあとは簡単。

パラパラと問題数や内容などを確認すると、こじろうの時間見積りは異様に正確。「これが25分くらいかな?…」あれやってこれやって、途中ちょっと休憩して。何時に再開すれば何時までに終わる、と。

またろうのほうは、びっちりつきそって、目が漂い出したら起動修正を入れる以外、勉強を進める方法がない(そうやってもたいして集中は続かない)。内申がとれないタイプであることもわかっていたが、中学受験できないのも火を見るより明らかなのであきらめるしかなかった。

またろうはこの後、小四の途中くらいになんとかリズムが取れるようになり、自宅に来てもらうスタイルでピアノを習い始めた。いまや、ごくふつうの「あまりリズムが得意でない人」くらいに成長した。それに伴って(?)一時間と10分の区別くらいはつくようになったらしいが…勉強リズムはまだまだ…

by an-dan-te | 2008-10-03 14:13 | 兄弟 | Comments(0)

時間感覚   

またろうは年長さん後半から一年弱、エレクトーン(ヤマハ個人レッスン)に通ったことがある。挫折の理由は、「時間どおりにどうしても行けなかったから」。

幼児のときは、親が連れて行っていたから何の問題もなかった。弾くのはおせじにも上手とはいえなかったが、そんなことはなんでもない。先生は、あったかくってにこやかで、辛抱強くてやさしい人だったので、またろうもすぐ懐いて、レッスン室からは楽しそうな笑い声がよく聞こえていた。

小学校に上がって、時間の都合で、レッスンには平日ひとりで通うことになった。会社から電話で、「今でたらバスに乗れるからね」と知らせると、「はぁ~い(*^-^*)」といいお返事。本人だって行きたいのだから当然だが、それなのに…もうレッスン終わって家に着いたころかな~と思ってるところへ「お母さん、いま着いたよ」と電話あり。家に?? いや、音楽教室に着いたのでした。えぇ~っ。。

本人によれば、「お母さんが電話くれたとき出た」というのだが…いや実際、そのように着いてないんですがね。どうも、「ちょっと、かばん探してた」「ちょっと、友だちにあって話した」など、そのときによって中身は違うんだけど、ともかく何かしらに「ちょっと」ひっかかるらしい。

「ちょっと」という単位はおよそ、5分から一時間くらいで、本人には5分と一時間の区別がぜんぜんついてない様子。

ともかく、レッスン枠は決まってるわけだから、一時間遅刻したらレッスンは受けられない。そのまま帰ってきたこともあるし、先生が無理に割り込みで見てくださったこともあるが、あまりにも迷惑で失礼なのでしかたなくやめさせた。


またろうが小四になり学童もなくなったとき、本人の希望でスイミングに通い始めた。これも時間どおり着かないとダメなのは同じだが、三年前よりは成長しただろうから…しかし甘かった。電話を入れてやってもどうやっても間に合わない点、5分と一時間がいっしょくたな点、ほとんど変化ないではないか。。

しかし、こじろうが小学生になっていることを生かし、「こじろうもスイミング習いたいよね」とけしかけた。その日は学童をお休みにして、「お兄ちゃんといっしょにいってね」。これでおっけー。なぜかこじろうは時間感覚がまともだったので、これで間に合う確率が格段に増えた。

あるとき二人で家を出て、10分くらい余裕があったもんだからまたろうが「友だちんちに寄ってこうよ」と言い出したそうだ。しかしこじろうが「それでこないだ失敗したじゃない。このまま行こうよ」と止めてくれたとのこと。ナイスこじろう。

これは、時計が読めるとか読めないということじゃないし、時計を持ってればいいというものでもない。またろうだって時計くらい読めた。それでも、見なくちゃ読めないのと同じだし、見たってそのあとすかさず時間泥棒が一時間持ってったら意味がない。こじろうは、時計を持っていなくても公園や学校の時計を手がかりにだいたいの時間をつかみ、およそ約束どおりの時間に帰ってくるという芸当も小学校あがってすぐからできた。

これは何の違いによるのか?? またろうのパープリンがよしぞう譲りなのはまず間違いないが、それにしてもよしぞうはここまでひどくはなかったらしい。またろうの「オリジナルまったり」は筋金入り。

時間感覚の話、つづく(たぶん)。

by an-dan-te | 2008-10-02 18:28 | 兄弟 | Comments(0)