タグ:塾 ( 311 ) タグの人気記事   

疲れない夏休みにしよう   

長いような短いような夏休み。正確に言うと、その入り口では長く感じられ、その出口では短く感じられるというものですが(^^;;

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←日々暑いですね。塾に通うだけでもエラい
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

実際のところは、たとえば塾の授業時間の長さは丸々「一学期分」に匹敵し、かつそれ以外の時間(塾でも学校でもない時間)は「一学期分」より長いってくらいのものです。つまりほんとは長いんです。そんだけしっかり勉強したらまぁどれだけの成果が上がるかしらと思わず夢を見てしまいそうになりますが…

しかし暑いです。詰めすぎると疲れます。疲れると成績が下がります、それもものすごく(←ほんとうです)。

じゃあ疲れないためには、勉強しなきゃいいかっていうと、話はそう単純でもないんです。

今日は何々しようと思ってたのに、ついつい取り掛からないで一日終わっちゃった…とか。
なんかお母さんがイライラしてる~、とか。
予習復習さぼってたら、なんだか授業がわからなくなっちゃった、とか。
日にちは容赦なく過ぎていくのに宿題が終わってない、とか。

そういうのって、疲れるんです。精神的に。

いっそ受験生でないなら、のんべんだらりと遊ぶ夏休みというのも、子ども時代の思い出というか、それも人生ですけど、
受験生である以上、勉強が進まないのも疲れます。

受験生の疲れない夏というのは、
・日々やることを集中して済ませ、
・それ以外の時間は(罪悪感を持たずに)リラックスして遊んだりのんびりしたりできて、
・塾の授業は興味を持って聞けてちゃんとわかる、身になる。
というものなんです。

そういう意味で、こじろうの六年夏はいまいちだったし、はなひめの六年夏はとても良かったと思います。
親が不在なんで、ユリウスの助けを借りていますが、勉強する時間の「枠」というのがわかりやすく作れて、
日々の計算・一行題・漢字・語句をきちんとこなしたうえで、
塾授業のためのフォローもある程度できる。

そういう感じ。

はなひめの夏は、体感的には楽だったし、秋の模試成績は自己ベストでした。「毎日まいにち」のコツコツが効いて、計算が速く正確になってきたのも大きかったです。

こじろうの夏、過去記事:

こじろうの六年生夏を再現してみた(勉強計画編)

こじろうの六年生夏を再現してみた(メモチェ、過去問編)

こじろうの六年生夏を再現してみた(夏のお疲れ編)


はなひめの夏、過去記事:

ユリウスの助けを借りて天王山へ。

夏休みの家庭学習は、何時間くらい?

算数の予習効果はあったかな


時間活用 過去記事:

夏休み、倒れない計画の立て方


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2017-07-13 22:21 | 中学受験 | Comments(0)

中学受験に有利な街って   

SUUMOっていうマンションの広告誌(無料)のタイトルが「中学受験に有利な街」っていうのでつい手に取ってしまったけど…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←またろうが生まれてからは引っ越しナシで住んでます
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

まぁもちろんたいしたこと書いてあるわけではなく、(1)近くに(受験して行く)中学がある、(2)近くに塾がある、(3) 受験する子が多い地域、って話なんだけど…

たとえば(2)については、単位面積当たりの学習塾数がランキングされてたりするわけです(^^;;

でも塾なんて、別に密集してる必要はなくて、ただ通えるところに、合ってる塾がいっこあればいいだけの話で。
うちはランキングでかすりもしない地域ですが、数駅乗れば日能研早稲アカサピその他、よりどりみどりです。別に困りません。

ただ、塾は、理想をいえば徒歩圏ならなお良し、と思うので、
通いたい塾の近くに住めれば現実問題便利ではありますね。
通う時間のこともありますが、電車が止まったとかいちいち心配しなくていいのはいいですよ…

(徒歩圏というより自転車圏、というのは微妙です。自転車はけっこう安全面の心配がありますし、夜とか雨とか困ります。)

(1) についても、別に密集してる必要はなく、行きたくて合格できる一校が通学できればいいわけで…住んでいる市区町村の中になくてもいいし。

とはいえ、家を買う段階ではどの中学に実際行けるかわかんないからね。手広く構えるということでいえば、数多くの中学がdoor to door一時間以内に収まるような場所、というと都心近くとかターミナル駅近くとか。

…それはだいたい高い、ということになりますね。

まぁお金の問題はないということならそれもいいかと思います。うちはバブル崩壊直前に買ったもんでわりと高いけどわりと田舎です(笑) 今、これから中学受験するようなお子さんお持ちの方はもっとこなれた金額で物件探せると思いますけど、でも田舎いいですよ子育てには。保育園に入れるし緑の多いところで遊べるし(ザリガニ釣りとかも)。

そして一番、好みが分かれそうなのは (3) です。

受験する子が多いほうが、子どももその気になるし周囲も勉強する雰囲気だからよい、というのが一般的な考え方なのかもしれませんが(このSUUMOはおおむねそのスタンス)、

うちは中学受験率が相当低い街に住んでいるので、周囲が受験とか塾とか関心なくて、何も詮索されることもなく、比べることもないのは平和だなと思います。まぁお好みですが、ほとんど半分以上の子が中学受験するような地域だと、誰がどのクラスにいてとかおおよその成績も丸わかり、同じ塾に通う子も多くてツーツーですから、どうしても「その話題」避けようがないしお互い気になりますよね。

とはいえ、受験する子が多い小学校のほうが、しっかりした授業ができたり宿題に配慮があったりするというならそのメリットも大きいかなとは思うんですが。ただしハズレの先生に当たればそれで無効ですからあんまりあてにはなりませんね。

ということで、総合的に、ターミナル駅までスッと行ける程度の田舎、なかなかお得だと思います。
(個人の好みによります)

塾まで30分、中学校まで一時間、保育園はだいたい入れて、周囲は緑がたくさん。ま、そんな感じ。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2017-07-06 23:10 | 中学受験 | Comments(0)

ユリウスにどこまで頼れるか…   

コメント欄からご相談をいただきましたが、アドレスは書いてなかったので公開でお返事します。
(なので詳細は伏せますね)

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←個別塾のわりにリーズナブルな値段だとは思う(つまり内容もそれなり)
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

六年生、そろそろ待ったなし、の気持ちになっているところ、
ユリウスがいまいちうまく使いこなせてない…というご相談です。

週1コマ、算数で通っているとのことで、はなひめの状況と似ていますね。
ただし、はなひめの場合は六年前期が「週1コマ、算数」で
夏休みは午前中ユリウス(1コマと自習とかそんな感じ)午後は日能研夏期講習
秋からはユリウスを辞めています。

辞めたのは、特にマズイことがあったからということではなくて、当初からの予定です。
誰か見てないと勉強しない(^^;; という傾向や
兄たちが遊んでいれば勉強しない…まぁゲームしてるそばでなかなか勉強できませんね…という環境の問題があり、
とにかく「勉強をする」という時間枠を作るためのユリウスでした。

秋からは、誰か見張ってなくてもやれるようになりなさいね、って話と
往復時間ももったいないから家でやろう、って話で
(あと、秋からは親が腹くくって自分でなるべく見ようってことでもある)
夏休みまでだけ利用しようというのは本人とも話し合っていました。


お困りの点は、
「ユリウスの室長先生は熱い人で相談をすると真剣に聞いてくれますが
精神論が多く具体的な家庭勉強法などはまったく教えてくれず」
また、こちらから「ほかの苦手分野もやってほしい」とリクエストしたのにやってくれなかったり
家で済んでる部分(たとえばテスト直し)をされたりと
どうも連携が悪い。

そして過去問は9月からやるといっていたのに始まらず、これからのことを聞いても回答がないとのことです。

先生の説明はわかりやすいそうなのでそれはよいですね。

まず重要なポイントですが…
リクエストどおりのことをやってもらうには、室長先生にいくら面談してもダメです!!
必要な教材(テストなり過去問なり)と、今日やってほしい具体的内容のメモを先生宛に書いて、セットにして持たせることです。

室長先生は親とのコミュニケーションをとるプロですからめっちゃ聞き上手ですが
…ほんと、上手に聞く、だけ、ですよ…
もちろん親の気持ちを整理したり不安を解消したりするのも大事な仕事ですけどね。
授業コマを受け持つ先生(こじろうのようなバイト学生)には伝わっていません。

ユリウスの上手な利用はまず親の明確な指示メモからです。

内容は…テスト直しであれ過去問であれ、日能研で配られた補助プリントであれ、何をすべきか明確であればこじろうのような学生バイトでも真面目に取り組みますし誠心誠意説明しますんで、無駄ではないですけど、

でもですね…

たとえばこじろうのような先生であれば、算数の問題を自分で解くところには問題なく、
説明もそれなりにわかりやすくできると思いますけど、
過去問と現状とのギャップ分析とか対策とか
そこまで適切にできるかっていうと難しいです。なにせ子育て経験とかないんで(^^;;

たぶんですがそういう戦略的なところは親が見たほうが精度高いですよ。算数の解き方は別に解答見たっていいわけなので、問題はソコじゃなくてお子さんの状況ですからね。

親が見たほうが確かなところと、ユリウスの先生でいいところを分けて…
親の時間も、お金も有限なので
効率よく無理なく組み立てください。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2016-10-13 21:56 | 中学受験 | Comments(6)

こじろうの六年生夏を再現してみた(夏のお疲れ編)   

六年生の八月後半、こじろうは風邪での体調不良をきっかけに、ぐずぐずと気分ダウンが長引きました。そのころの様子を…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←夏休み後半、疲れを溜めずに来てれば上出来。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

【08年 08月 22日】
うちは風邪でダウンしてしまいました。昨日今日は塾に行っていません。元気で塾にいってるだけが頼りだったので(^^;; ちょい焦りますが…焦ってもしょうがないんですけど…

今回のテストの結果が、本人がいうとおりの「最悪」だったのですが、その内容がちょっとアレ?? という感じで、ぜんぜん集中できてないというか、処理スピードが妙にのろいというか。テスト直しのときもなんだかぐにゃぐにゃしてたのでなんか具合悪いのかも、と思ったら案の定、熱が出ました。

滅多に風邪を引かない子だったのですがどうもこの夏は調子がよくないようです。親からみれば「もっとあれやこれをやらないと」「みんなはもっとやってる」などと思わないでもないですが、本人にしてみればめいっぱいなのかもしれません。ま、よそと比べてもしかたないですし、子どもを見て進めるしかないです。健康第一。

とりあえず今日でなんとか直して、週末は絶対、「明るい選挙」ポスター(←宿題)の色塗りをさせないと…学校始まっちゃう〜

【08年 08月 23日】
復活しました(^-^)今日は行けそうです。

それはともかく、立ち直ったところであらためて考えると夏は残りわずか。なんかわけもない焦燥感に取り付かれる気がするのは子どものころのトラウマか(^^;;

【08年 08月 29日】
実は、数日夏期講習をお休みして土日復活した後、また体調を崩してずっとお休みでした(泣)
昨日、後日受験だけして(授業は出ず)帰ってきました。

今日からは…二学期カリキュラムの始まりですね。

後日受験したテストは、お初にお目にかかるレベルの低得点。講習も出てないし勉強もしてないしこれは予想の範囲内、ただ、どうせ休んだとこの穴埋めなんかできっこないんだから、せめてテストだけ受けてその直しくらいしておこうという意図なんですが(親は)。

子どもは結果にげんなりしちゃってよけいヤル気をなくしたらしく、昨日は帰ったらテスト直しはもちろん、漢字語句計算すら手付かずでだらだらしてました(-_-#

それで、そこから「巻き」を入れてテスト直し漢字語句計算を済ませてから、きっちり向かい合って「お話し」。

・泣いても笑ってもあと五ヶ月。
・林間と体調不良で講習をだいぶ休んだことは、しかたないし、過去のことだ。
・その結果、夏期講習テストが悪かったのは、当然だ。これも過去のことだ。
・明日から本科が始まる。新しいことでめいっぱいになるので、手付かずの講習テキストはまとめて「なかったもの」として葬り去れ。
・ただしここからは新たに気合を入れろ。お母さんが怒るからとか、お小遣いがどうだとか、関係ない。自分が結果を出したいなら、「見てないとやらない」「押し問答しないとやらない」「お兄ちゃんがいるとやらない」からは脱却しないと時間が足りない。
・まずなんとなくだらけるのではなく、自分で組み立てて、やることやって息抜きしなさい!

父は普段から説教が長いタイプなんですが(^^;; 母は感情にまかせて(?)単発でどなるタイプなので、これだけ「こんこんと」話をしたのはちょっとびっくりしたみたい。めずらしくおとなしく「はい」といってました。

だからって今日から別人になるわけはないのだが〜徐々に本気になってくれるといいなっと。

【08年 08月 29日】 「本気」って何なのかわかってないのかも?
前述の「お説教」はとりあえず親の本気を示すデモンストレーションです。真剣な顔と声の調子が最も重要で、さらに言葉がところどころひっかかって残ってればよりよいかなという感じで。当面の目標は、というか、そのあと具体的に約束したのは、直近のセンターどころか

今日は塾に行く前(つまり親不在で、兄がいる状況)に計算漢字語句メモチェをやる。
やるにあたっては、グダグダグダ、しょうがねーなー的な態度ではなく、心をこめて真剣にやる。

というたった一日分のものです(^^;; 毎日PlanDoCheck。まずは通常リズムを軌道に乗せたい。

鳥頭な子は手がかかりますね(ため息)。でも手がかかる子ほどかわいいといいますから…ひょっとして、うちの子(たち)ってめちゃくちゃかわいいんじゃ(爆)

【08年 08月 31日】
皆様、ハードな夏期講習お疲れ様でした。

うちは結局、行けなかった日が多すぎてなにか達成感というものを味わいそこねてしまったようです。最後のほう、体調が回復しないというよりは、いまさらみんなのテンションについていけない不安のようなことから行けなくなってしまったように見えます。

休んだ期間の前半は確かに風邪だったようですが、後半の発熱パターンやその他の症状は、兄が中二の最後くらいに学校も塾もいけなくなった期間とそっくりでした。サボリという意味ではないですが(実際、さわって熱い)、たぶん心因性のものです。兄の場合はなんとかおおごとにならないうちに春休みにもつれこみ、中三でクラス替えがあってからはいじめもなくなって熱も出なくなりましたが。

今回の場合は、夏期講習から本科に変わるタイミング(金曜)に波に乗せたいと思ったのですが、結局その日はどうしてもいけず、昨日からやっと塾。昨日のノートを見ると、きちんと丁寧に書かれていて、行ったあとはふつうに過ごしていたようです。

午前中、近所の塾仲間が図書館に誘ってくれたのもよかったらしい。

「波に乗せる」にあたっては、本人にとってそれでいいのかどうか話し合いをしました。まず、塾で何か具体的に困ったことや嫌なことがあるかどうか…これについては、即答で「ない」といっていました。塾の雰囲気やお友だちや先生もおおむね気に入っているようです。強いて言えば塾にいって(ハードな)勉強をすること自体気が重いということのようで(-_-;;

そこで、日能研に通い続けるほかにいろんな選択肢があることも話しました。受験を辞めて兄の通う中学にいく路線から、自宅学習でいける範囲の受験をする路線、ぬるい塾に変える路線、日能研のままでクラスを下げてもらう路線など、いろいろあるよと。

親子ともたんたんとじっくり話ができたと思います。けどどうしても親のほうが話がうまいんで(^^;; 誘導しちゃわないように気をつかいました…結局、本人としては、「日能研のまま続けたい」。

この結論でほんとにいいのかな?? 迷いながらの通塾、とりあえず今日で二日目。

【08年 08月 31日】
テストの点…はともかく、今日は元気に午前は日特、午後はテストと元気に取り組めたようでなによりです(^-^)
とにかく生活と気持ちと学習リズムを軌道に乗せるってことで。

日特では、初日の今日からいきなり最新年度の過去問を時間はかってやったそうです(算数・社会)。社会はしょぼいけど算数はけっこう取れて、足したら合格者平均点くらいいったとか(?)で、それでごきげんなおったらしい。ま、なんでもいいんです。ウソでも気分なおってくれればとりあえず。

【08年 09月 05日】
土日は元気に塾にいっていたので(成績はともかく!)すっかり油断していたら、火曜日また携帯に電話あって「お腹がいたいけどどうしよう…熱もある…」とグズグズ。

私がとっさに「とにかく、行きなさい」と静かに(←ドスが効いてるともいう)即答したら、意外にも子どもも「ハイ」と即答。塾へ行きました。セーフティーメールによれは10分ほど遅刻でついたようです。

塾から帰ってくると元気で、楽しそうに塾の話もしてくれるし、何なんだか。

どうも、親が家にいるとスムーズに塾に出かけていくのに、学校から帰って家でひとりだと、だんだん気持ちがぐじゅぐじゅしてぶるぅになってしまうようです。困ったなぁ。。

昨日も、また電話がかかってるくんじゃないかと気にしてましたが、かかってこず、塾には行けました。でも、またしても10分遅刻(-_-;;

帰ってくるとまたまた元気で、「今日の国語の授業は、ほんとによかったよ!!(^-^)」(何がよかったか不明)まだまだ続くハラハラドキドキ。

【08年 09月 06日】 秋の公開テスト
前回は外で、今回はいつもの教室となります(日和った)。

外で受けるときは、腕時計をしていったのと、それからいつもはいい加減だったけど受験票を忘れないように指差し確認したことです(^^;;

それと地図、乗り換え案内で調べた時刻と路線。あとはふだんどおりですね。

行きは父が送っていき、帰りはひとりで帰りました。

【08年 09月 07日】
前回のセンターのとき、再現答案作って自己採点するかどうかという話が出ましたが、今朝、私は子どもに「今日は再現答案作って見直しやっちゃおうね〜(^-^)」と持ちかけてみたんです。

そしたら子どもは案の定「やだー」といったんですが、「ま、新たな発見があるかもよ。やるだけやってみよう」といって送り出したんです。

すると、先ほど子どもから電話がありまして「今日は、答えを(問題用紙に)写してきたんだ。だから見直しできるよ(*^-^*)」

「えっ。。そんなことする暇あったん??」
「大丈夫、記述書いてないし写すの簡単だった」

この大ば○やろう!!(-_-##
母、朝の声かけ大失敗。

【08年 09月 08日】
天王山(?)の夏休み、講習をずいぶん休んでしまった後の初センターだけに、結果でるまで心臓に悪くて…。でてみたら、六年前半平均偏差値ぴたりでした。状況を考えれば上出来。

得意の理科と算数がいまいちぱっとせず、不得意の社会と国語でなんとか踏みとどまったような感じ。ここから気を取り直して、安定して塾に通えるといいけど…。

* * *

登り損ねた天王山。でも公開テストの結果はふつう。という秋を迎えました。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2016-08-11 00:08 | 中学受験 | Comments(2)

こじろうの六年生夏を再現してみた(メモチェ、過去問編)   

こじろうの六年夏、インターエデュから再現の続き。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←もう8月。時間はいっぱいあるようで、でも暑い。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

【08年 08月 11日】 (メモチェの話題)
うちは、理科のほうは特に問題なく一巡したものの、社会はもう敷居が高くてえっちらおっちらです。特に地理がやる気しないらしくて、手付かず。今ようやく歴史がひととおり終わるくらい。

今日は、新六年のカリテ社会第一回〜第五回をまとめて置き、「一気に今日やりなおしてごらん! 地理の見通しがたってメモチェもやる気でるよ!! 全部やっても(2時間半)講習より短いよ」と発破かけてきたけどどうかな…監督がいないので難しいかも。

本人的には過去問のほうが興味があるようで、時間計ってやるようにいったときは、親が留守でもちゃんと終わってました。一日1〜2教科のペースですが。これまでに併願校候補の2つ、それぞれ一回分が終わりました。

いずれも、センター模試とかと違和感なくて、特別な対策はいらないから併願しやすそうです。もう一校、併願校としては本命(って、変ないいかただけど実際に行く可能性の高いところ)と思っていたところの過去問をみたら、ちょっとくらっときました。偏差値的には他二校より低めなんだけど、この問題はうちの子を「呼んでない」感じ。日能研でがんがんにやった子じゃなくて、地頭がよくて日常いろんなことに興味を持って目配りできてる子がほしいのかなと思いました。

過去問の旅、もう少し続く…

【08年 08月 11日】 (まだ過去問は皆勤になってない、という話を受けて)
うちも「過去問はまだやらないように」と言われています(笑)
親判断での勝手なフライングです。
第一志望校の過去問はだいじにとってあります。

うちの子の併願校あたりだったら、ちっとも難問ではなくて、ふだんのセンターとあまり変わらない難易度ですから、別に自信をなくすとかはないです。点数的に、算国理はまぁまぁ、社はしょぼいけど四科合わせれば合格者最低点くらいは現状でもとれるようで、「あとは社会の暗記をどんどん進めれば大丈夫なのでは」という感じです。
#だからメモチェまじめにやれよ、というプレッシャーをかけてみる…

子どもとしては、「なんとか行ける学校がありそう」と少しホッとしたらしく…いやホッとしてもらってる場合じゃないんだが…もうあと二校くらい、毛色の違うところもやってみて、相性の良し悪しについておよそ感じ取って今後の勉強と併願校選びに生かせればと思ってます。

メモチェについての指示はほんとにいろいろなのですね。子どもの現状により、志望校により、違ってくるのは当然と思います。うちの子のクラスでは、戦略的にというより、理科の先生と社会の先生のテイストの違いにより、理科はお盆前に一巡という指示があり、社会は夏休み中に一巡という指示があったようです。

うちにとってはちょっと…理科はどうでもいいから社会をはやくひととおりやらせたかった。でも子どもは社会をやりたくないのもあり、塾の先生がこう言ったというのを大義名分にして、社会メモチェはあとまわしということになってしまって。

うちの場合は、社会メモチェはサラリとどころではなくて「真っ向勝負の難しさ」です。捨てずに毎日じわじわ馴染んでいってほしいものです。

【08年 08月 12日】 (お盆休みの使い方)
うちは、月・火・水と六年社会カリテの地理・歴史総復習!! という壮大な計画を立てていて、昨日はとりあえず予定まで終わりました。これは本人的には非常に敷居の高い企画なので(社会超苦手だから…)、木は完オフ。ジジババ宅に一泊お泊りでついでにポケモン映画という予定です。しっかし六年でまだポケモン見たいかね??

【08年 08月 13日】
メモチェ、理科はずいぶん簡単ですが、さらっと終わって、「そうだ、星座のとこと岩石のところがあんまり覚えてなかった」などと確認できたのでよかったなと思います。

社会のメモチェはよくまとまっていてうちにとってはとてもよいと思ってます。しかしとにかく穴だらけ?? 空白地帯?? で先は長いですが、ここはぜひしっかり…もう、暗記パンで隅から隅まで貼り付けて全部食うくらいの気持ちで臨んでほしいと思ってます(^^;;

五回、確かにうちもそれくらいやらないと頭に入らなそうですが、例えば漁港とかそこで主に水揚げされるものとかがパッパラパーだったとすれば、次の日は白地図で確認させるとか、廊下ですれ違いに「壬申の乱て、誰が亡くなったときに起きたんだっけ?」て聞いてみるとか、変化をつけて「一回」の中身を濃くしたいな。。

【08年 08月 19日】
子どもが寝た後、塾のかばんを漁ると…
漢字の小テストが出てきて、「自伝をカンコウする」→「観光」、「ミゼンに事故を防ぐ」→「末前」(-_-##

ま、それはともかく。。
重た〜い教材持って帰ってきました。これが噂に聞く「銀本」なのね。

【08年 08月 20日】 (後期日特をどうするかという話題)
日特は第一志望校が同じお子さんが集まっているとはいえるでしょうけど、併願校の面倒まで見てくれるわけじゃないですから、それでいろんなスレを見ると秋以降時間が足りない足りないって皆さんおっしゃってますよね。

カスタムメイドで組めるんだったら効率最大、というプラス面は確かにあると思います。日特に行かせる決断をした場合(我が家含む)であればそのプラス面が気になるし…

日特に行かせない決断をした場合であれば、ダレるのでは?? というマイナス面が気になるというわけですね。
#隣の芝は青い(^^;;

日特に行かずにご本人も「秋から」本気モードが入れば最強!!(^o^)/

…うちはどう考えても親にそんなフォローをするエネルギーがないので迷いませんでしたけど(笑)。それで、併願校過去問の対策にかける時間を最小化したいので夏休みに「匂いかいでおいて」特別な対策がほとんどいらなそうな学校をピックアップしとけ…てな姑息なことを考えたわけです。

* * *
これを今改めて読んでの感想はまた別記事で。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2016-08-03 21:29 | 中学受験 | Comments(2)

こじろう夏休みの勉強計画に物申す   

それでこじろう六年生夏の記録を掘り出してみたわけですが、それを見て思うこと…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←しちゃった欠席、気にしすぎないで前へ。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

なんかズレてる~(-_-;;

まぁ今更ですし、結局合格したんでいいですけど。

ちょっと言い訳しておきますと、このときはまたろう+こじろうのダブル受験で、またろうの内申点ピンチ(と、英語)のほうがほんっとう~にヤバイ状況だったんでそっちに忙殺されてたんです。

気分としては、こじろう元気で留守がいい、くらいの勢いでしたからね…

・計算、漢字、語句 - ふだんどおり
・メモチェ - 理と社それぞれ1つか2つずつ
・休んでしまった分の講習テキストから1コマ分
・学校の宿題(自由研究以外)

ってありますけど、つまりは私が介入しなくても進むような内容で並べただけですね。

・計算、漢字、語句 - ふだんどおり
・学校の宿題(自由研究以外)
この二つは別にいいです、必須です…

けど。まず、メモチェ。一日いっこタラタラやってても、ぜんぜん残らなくて、一周回ってきたら元の木阿弥、賽の河原。こんなことやっててもラチが明きません(うちの子の社会の場合、ですけど)。

範囲を区切るか、口頭確認にするか、何らかの方法でサイクルを短くしてそれこそ忘却曲線に対抗して叩きこまないと前に進みません。

理科は大丈夫です。メモチェ一周した段階で、できないところがあんまり残っていませんので、おしべの数とか暗記物を集中して二周目やれば事足ります。けど社会はね…それまでに覚えてなさすぎたから…

それと、「休んでしまった分」の講習テキスト。こちらは、やることに意味がないとまではいいませんが、効率は悪いです。もう過ぎてしまった分の講習にはあっさり目をつぶり、これからの講習の効果を上げるべく、予習復習に時間を回すほうがまだしもです。

あるいは、こじろうにとって必要な順で考えた弱点補強とかできるんであればそのほうが。

まぁ要するに手抜きモードだったってことですね。


…ただですね。言い訳するわけじゃないんですけど、別に親がいちいちそんなに手をかけないで、本人と塾に任せて中学受験したって悪いことはないです。それで行けるところに行けばいいんです。結果に大差はありません。違うとしたらちょこっと。

いけないわけじゃないんですけど…

行けなかった分の講習の穴埋めにこだわるのは、効率としても悪いですし、いまいち充実感もなく、気持ちもやや後ろ向きなので、あまりいい手じゃないと思います。すでに六年なので。六年夏は、すでに何度目かの復習にあたるわけで、講習が抜けたからって、そこがその子の弱点とは全然限らないわけですね。

はなひめのときは、ちょうど同じ状況で、夏期講習スタートに四泊五日分欠席してるんですけど、その穴埋めにはこだわらず、必要と思うことからやっていました。こじろうのときよりは「暇」だったからですけど(^^;;

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2016-07-21 22:01 | 中学受験 | Comments(2)

こじろうの六年生夏を再現してみた(勉強計画編)   

このブログはこじろう受験のときの六年生秋から始まっています。なので天王山(?)と言われる六年生夏の記録はここにはなく…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←「登り損ねた天王山」事例
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

実はインターエデュの「日能研」板の「六年生の部屋」というところにかなり詳細な記録があります。それを拾ってみました(他の方の記述と合わせないと意味不明なところがありますので適当に省いています)。

* * *
【08年 07月 22日】
うちの場合は、なにしろまだ夏期講習いってなくて(林間から帰ってくるのは24日)なんともいえませんが、予定としては

・計算、漢字、語句 - ふだんどおり
・メモチェ - 理と社それぞれ1つか2つずつ
・休んでしまった分の講習テキストから1コマ分
・学校の宿題(自由研究以外)

を午前中に、という感じで…

学校の自由研究と、カリテ復習あたりは盆休みに。

【08年 07月 25日】
遅ればせながら、うちの子も今日から講習に参加します。
休んだ分は一日5コマ×4日分で20コマ分…ひー。。穴埋めたいへんだ。
、、などという親の心配をよそに、本人は「今日は、リハビリだから(^-^)」と称して、
計算漢字語句とメモチェだけの予定だそうです。

穴埋めは?? 学校の宿題は?? カリテ復習は??
焦ってるのは親だけ。

周囲がどうだからといってプレッシャーを感じる心配だけはありません。そのてん、大物です。

今日のお昼は、おみやげに買ってきた野沢菜でチャーハンを作って食べるそうです。

【08年 07月 29日】
そういえば、うちでは、塾で出た「宿題」とか、塾の授業の「復習」という考え方をしていなかった…ということを、あらためて皆さんの書き込みを見て気づきました。

家での学習は、やるものを親子で相談のうえ選んでやるという感覚だったもので、いまだに時間に追われて勉強している雰囲気がありません。

ちなみに、現時点(夏休み前半)で「やる」と決めているものは
・計算、漢字、語句各1ページ
・理社メモチェ各1回分〜2回分
・夏期講習の休んだ分から、ある一科目の1回分
・学校の宿題から1枚
です。
(ただし、テスト当日は、「テスト直し」が入ります。)

これだと普通の日は例えば朝8:00からゆっくりやっても、10:00ごろには終わってます。それから好きなテレビを見て、長丁場の講習に備える…というか、テレビをみようというモティベーションがないと、なかなか上記の分も滞ってしまうもので。

いきなりみなさんの真似をしてここに講習の復習を足すとかえって崩壊しそうなのでやめときます。ふだんから、授業の復習はしたことがないんでおんなじです (開き直り…)。でも7月が終わるとちょうどあと半年、となりますのでそろそろここにプラスしてペースを上げていきたい…と母は目論んでいます。しかし本人の同意を得ないことには話が進まないので…

まずは算数の「ミスノート」を作ってやらせたいと考えていますがどうなることやら。

【08年 07月 31日】
外がこう暑くて、電車とか妙に冷房の効いたところに出入りすると、なんか微頭痛がしたりだるくなったりしてしまいます(私は)。上の子もそんなことをいって、何かにつけてウダウダしていますが、弟は比較的元気です。

ときどきサボりながらも縄跳びが続いているので、このままいけるところまでいってほしいと思います。親はフラフープのほうがいいかな(^^) フラフープは持ってないんですけど、「腰回し」が流行りみたいなので? ときどき(ゆーっくりですけど)ぐるぐる回すようにしてみたら、ほんとに肩こり腰痛はやや良いようです。お試しください。
(注: 教室の椅子にあまり長時間座るもので、腰痛になる子もけっこういてその話題が出ていた)

講習がこれだけ長時間なので、その間に集中できるかどうかが鍵だと思ってます。睡眠を削っても授業中眠くちゃ意味ないし、他の時間詰めて講習でダレてちゃしょうがないので、ぼちぼち本人のペースをみながら、プラスアルファくらいを狙っていこうと思います。

【08年 07月 31日】
今日からやっと兄のほうも夏期講習が始まるので気分的にちょっと楽です。夏休み始まってここまで、弟以上に自立してない兄の、「税金レポート」(社会科の宿題) 「食の安全レポート」(家庭科の宿題)「ミステリーツアー」(総合学習の宿題つまり修学旅行の下調べ) などに忙殺されていたので…

気をとりなおして、算数のミスノートを作ろうと思い立って、早速始めました。過去に解けなかった、そしてそのあと説明は聞いてわかったような気がした程度の問題 (つまり説明聞いてもこりゃむりだわと放棄した問題を除く) をいくつかコピーしました。時期的には、1~2カ月くらい前のものです。

ところが、やってみてわかったのですが、すごく変な記憶をしているのです。例えば、「この問題は『男の直感』でここが直角!と決めちゃえばすぐ解けたはず」とかそういうの。新たな気持ちで問題に向かえないんです。それでいて、肝心の解き方はさっぱりだったり。意味なーい!!

私は昔から鋭い忘却力が自慢で、どのくらい鋭いかというと、「推理小説を読み直しても最後まで犯人がわからないくらい」なんです。だから、薄くてすごくよくまとまった問題集があれば、それを繰り返し、毎回「まっさらな気持ちで」練習して、解き方の発見、考え方を身につけることができるという、便利な体質だったもので、わが子のこの半端な記憶力? が信じられない。。

それでいて社会のメモチェは、昨日やったところを聞いてもさっぱりなんだからねぇ。役に立たない記憶力だこと。

そういえば、私の友人でも、「問題集を繰り返しやったら、このページの右下の問題の答えは「イ」とか覚えちゃうからダメ」といってる人がいました。それも不便ね。

ミスノートより類題探しのほうがいいのかな。うーん面倒だ…

【08年 08月 04日】
ほんっとに暑いですね〜私は昨日の日中、どうしても家から出たくなくて日が落ちてからようやく買い物行きました。ドラキュラ的生活。。

今日はそうもいきませんので会社に来ましたが、即バテました。子どもたちとにかく毎日通うだけでも偉い!! と思います。

直感、私自身はダメダメで夫と兄はすごくあるらしいけど弟は明らかに私に似ました。でも経験である部分は補えてきて、図形もこのままいけばなんとかなるかもしれない (難問除く)と思えてきました。日能研てすごい。自力では絶対できない…と思うくらいの演習量を塾でやってくれますからね。

最近前よりましになったなと思うのは図の描き方です。なにしろ不器用で、丸が丸に見えないくらい (おにぎり? じゃがいも??) だったので(^^;; 意味のある図が描けなくて、直感もなにもなかったんですが。だいぶわかる絵になってきました。

意味のある絵を描く練習としては、「ミスノート(初回は解けなかったやや難問)」は効果ありそうです。おぼろげに記憶している方向性に助けられますので…

このまま夏になんとか目鼻をつけて、涼しくなったらパーッと成果が!! 出てくれたらいいなぁ〜

【08年 08月 10日】
カリテの成績見てからお買い物いこう、と思ってたらなかなか出なくて、遅くなってしまいました…結局、帰ってから見たら出てた。

社会の平均点、高いですねー。もぅここんとこ、社会は平均点ムリだー、、てあきらめてて、なるべく離されないように、ぐらいで。塾が休みの数日を使って、社会のカリテ復習だけはさせたい!!

算数は復活しててよかったです。なにしろ、暑くなって気合ぬけ~だらだらモードになったら、算数もどうもならなくって、数回連続で低迷してました。今回は、「点数よかったら夜はお好み焼き!!」といって送り出したら復活。けっきょく食い物だのみ…

今日、個別受験相談会の申込書をやっと書きました。書きながらも併願はあーだこーだ迷ってて。子どももへんてこりんな視点から唐突な意見をいったりするし、それでいてなんとかその中からかすかな「真意」を汲み取ってやりたいし、なんか混乱します。

その、個別受験相談会というのは、いつもの校舎の先生ではなくて、日能研のあちこちから大勢応援が来て、一気に個人面談をしてしまうとか聞きました。夏休み前の保護者会での説明によれば、「子どものふだんの様子を直接みてる人ではなくて、データからのみで相当キツいことも言いますから、毎年数人のお母様が泣いてかえります」とか(!!) こ、こわい。。何いわれるのやら…

* * *
長くなりましたのでいったん切ります。これを現在から振り返って思うことについては別記事として書きます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2016-07-19 17:45 | 中学受験 | Comments(0)

塾との上手な付き合い方(アクセスラボ最新記事のお知らせ)   

中学受験の(大手)塾って、ほんとうによくできてると思うんです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←元気に塾通いしてる?
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

受験に必要な学習内容がきちんと揃っていて、カリキュラムに沿っていけば受験に間に合うようになっている。
しっかり身に着くように、「繰り返し」をするタイミングも組み込まれている。
先生の話、周りの子どもたちからの刺激、ちゃんとモチベーションが上がるように仕組まれている。

ただし、比較的拘束時間が長いといわれる日能研ですら、塾カリキュラム(学習)というのは塾にいる時間だけで完結するものではなくて、家での学習込みで成立するのですよね。

勉強というものが、人から説明を聞くだけでは身につかなくて、必ず、一人で考えてみる、演習(アウトプット)する、あるいは基本事項を覚えるということが不可欠なのだから当然です。

家庭学習の習慣がないまま放置して、ただ塾と家との往復をしていると、
あらかたの月謝分はドブに捨てることに(-_-;;

で、今月のテーマは塾をうまく活用するってことで →「塾との上手な付き合い方」(アクセスラボ最新記事)

こじろうの場合、わりと早くから、塾授業を聞いて吸収すること、復習教材(栄冠への道)をやることは定着したのですが、「計算と漢字」がしばーらく放置でした(^^;; えっなにこれ自分でやるの、みたいな

そういう、独習が前提の基礎教材を生活サイクルに組み込むことと、それからテストの振り返りをすることが軌道に乗ってくるとようやく本格的に「塾に通ってます」って感じかな。

でもそれだけで学習効果がきちんきちんと上がっていくのは「塾(既製服)にフィットしてる子」ということ。実際には、いろいろなギャップがあったりします。

こじろうの場合は、漢字…漢字の形はわりとすぐ覚えられるんだけど、漢字に意味があるということがどうにも飲みこめていなくて、独創的な当て字を連発してくるので、母が身振り手振りで漢字の意味を演じてみたり(^^;; 同じ漢字を含む熟語を並べてみて意味を確認したり。あと、漢字よりもっとギャップがあったのが語句・文法問題で、これがほんとにまったくわからなくて(←日本人と思えないくらい)補足が必要でした。

家庭学習習慣をつけなくては始まらない、前提スキルが欠けていれば補わなくてはいけない、ということを(親が)学習したところで一人目の中学受験終了、これでもう要領は掴んだと思ったものの…

そうは問屋がおろさなかった。はなひめのときは、前提スキルを補う(主に算数)だけではなく、この超ゆっくりさんの生活と作業ペースに合わせ、家庭学習量と質(応用問題)を大幅に削るというカスタマイズが必要になったわけです。

なかなか奥が深い…

面倒といえば面倒なのですが。しかし改めて見渡してみると、実はこじろうって相当処理能力が高かった(やる気はいまいちだったけど)とか、塾はそういう子に合わせて学習材料を(十分すぎるほどに)提供しているのだけど、実は塾の想定する学習量(質)が多すぎることでうまくいってないケースが多いもんだな、とも実感したのです。

中学受験をする、塾に通うという決断が(あるいは少なくとも了承が)親のしたことであるならば、少なくとも「過ぎれば毒」にならないようにすることだけは、親の責任と考えるくらいでうまくいくかと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2016-07-03 08:14 | 中学受験 | Comments(4)

クラスアップがいいとは限らない   

中学受験の大手塾に通うと、成績でクラス分けというのがつきものですが、その中では、とにかく全力でクラスアップすべしというのが「セオリー」と思われているらしい…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←自分にとって有効な授業でなければ結局実力アップできません。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

なんか、家庭教師や、個別塾で、大手塾に通ってる人ターゲットで広告とかいっぱい出ません??

クラスアップさせてあげますよ、それが合格への早道です、って。
曰く、教材や取り組む問題の範囲や、そしておそらくは先生の質も違うしクラスメイトも違う。
まずは、「(塾の)クラス分けテスト対策」してでもぐいっと押し上げて、塾の価値を存分に享受しよう、的な。

それは、ある面では真実ともいえますが、そうですねぇ…
私はあまりクラスアップっていい印象ないです。

こじろうの中学受験、あるいはまたろうの高校受験のときも同じですが、クラスアップしたあとってのはむしろ成績が失速しました。理由はそれぞれですけど…

またろうの場合、クラスアップといっても総合成績でいえばまだ余裕のあるクラスへのアップでしたが、なにしろそれはもっぱら数学で稼いだもので、英語はハラホロヒレハレだったので、英語の授業がわけわかんなくなっちゃって、成績低下。

こじろうの場合、Mクラスが2つある校舎の中で、M1からM2に上がったら、M2って「鉄板」な方々がいらっしゃるじゃないですか、灘渋幕開成筑駒と総ナメにするような。それで、こじろう的にいくら頑張っても「ノート」(クラス三位までもらえる)に届かないし、あーぁみたいな(←そういう問題じゃないだろぅ!! と親は思いますが、おこちゃまなので致し方なし)

もちろん、良い面もあるのですけどね。出来杉くんたちを観賞するのも目の保養、というかやはり刺激はありますよね、へーそんなふうに考えるんだ、とか。塾だって、先生からだけでなく「横」のつながりから得ることは大きいですから。しかしそれもある程度自分がそこの中に溶け込んでいる、「近さ」というものも吸収のための条件です。

そして何より、授業や課題のレベル(質と量)が自分に合っていることが最重要です。そのために塾に通うんですよね??

はなひめは、総合的なレベルでいうと十分適正なクラスにいましたが、それが幅広いMクラスだったために、苦手な算数の授業レベルはまったく合わないってことになってました。それであれこれ悩んだのはブログに書き尽したとおりですが、結局のところ、出来杉くんたちもいるクラスであることのメリットを享受しつつ、算数は授業で吸収してこられない分、家でフォローするという(-_-# 道を選んだわけです。


ひとつ、怖い話をしましょう…中学受験の話ではないのですが…

こじろうの英語があんまりなので、高三のとき、塾に通ってみたらという話になり、集団授業をする某大手塾に行きました。クラスのレベルとして、「早慶」みたいのと「MARCH」みたいのがあって(名称不正確)、君は「早慶」に行くんでしょ、ならこっちと言われた。

まぁ行くといえば行くんだけど、内部進学だし、その中でも英語ができないから通おうってんだから早慶クラスは無理なんじゃ?? と、私もこじろうも思ったけどとりあえず授業を受けてみた。

したら、「徹頭徹尾謎だった」とこじろう。「意味不明すぎてまったくわからねー」。それで、プリントを見せてもらうと、その長文がのっけから、一行に2つ以上は私でもわからない単語が出てくるくらいで、超難解(話題自体が難しいのもある)、こじろうに読めるわけがない。

結局もう一度相談してクラスを下げてもらって、こじろうにも理解可能な授業になり、「文法の総復習とかできてよかった」。超ひどかった英語が、やや持ち直し、まぁ行ってよかったかなという程度にはなった。

現状レベルを無視し、どこそこ大学に行くという目標地点だけでクラスを決めてもしょうがないわけで。そのコーディネーターはアホか?? と思ったのですが、実はそのコーディネーターさんはこじろうが行く予定の大学を聞いただけで早慶クラスに割り振ろうとしたわけではなく、レベルチェックテストもしたんです。レベルチェックテストの結果は…実際その成績の人は早慶レベルクラスに行ける資格があるそうで、こじろうが甘くされたわけじゃないんだって。

こじろうがいうには、その下げてもらったクラスで、自分的には授業内容ちょうどよかったんだけど、周りの人は驚愕するほど英語わかってなくて(あてられたときの答えとか…あとクラス平均点から推察しても)たぶんその授業でもかなり無理な人がほとんどだろうと。

つまりほとんどの人が自分に合わないレベル(しかし自分の目指す大学が冠についてるクラス)で授業を受けている…

大学受験ともなると、親はお金を出すだけになり、子どもが塾で適正な授業を受けているかとかチェックしないですよね。月謝と時間がもったいないわほんと。

ホラーでしょ。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2016-05-15 10:10 | 中学受験 | Comments(12)

「使える英語」流行りの中で公文は   

自分の子どもが中学生になって(つまりまたろうが公立中に入学して)英語の教科書を見たらば、自分のときに比べて…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←誰かよしぞうとまたろうの英語に効くクスリおしえて
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

難しくなってない??
と思いました。

昔の教科書が、「This is Japan.」「That is America.」とかで始まっていて、1ページにひとつずつ文型を説明していって、わりと厳密にその範囲で本文が書かれていたのに対して(だからえらく不自然なシチュエーションでつまらない内容になりますが)、

今の教科書は、もうちょっとナチュラルな流れを重視して、でもおそらくはその場で理解しきれないであろう(そしてそれでよしとする)英文も混ざってるって感じかな。

実際に英語を「使う」場面は当然、わからない部分というのが混じってきて、それを気にしすぎないという態度も大いに重要なので、これはこれで正しいのかなという気はするんですが…きっちり仕組みをまずは理解させよう(先生側)とかしたい(生徒側)とか、そういう気持ちが薄れている感じがしなくもない。

旧来の「使えない(といわれる)」英語の批判というか反動から、文法を気にするよりまずどんどん触れて慣れてみたいな流れがあるんですよね。いい面も悪い面もあるとは思いますが。

公文式英語教育の方法 子どもたちに英語の原書まで」では、文法についてこう書かれています:
「母語のように、しぜんに分の規則性を獲得していけばよいとは思いますが、一般にはごく限られた時間と空間のなかでしか触れることのできない外国語では、省略があったり、常套句の多い、いわゆる日常的で、しぜんな言語ばかりでは、かえって文の無秩序さを語りかけるだけに終わる可能性もあります」
「文は語とその並び方によって意味をなします。語彙力と文暴力が、外国語習得の基本要素であるに違いありません。文法偏重による弊害があるから、文法はすべて悪、と断罪するわけにはいきません。英語習得の道具として、また文理解の手助けとして、さらに自ら語を組み立てて、英語を話すためのルールとして、文法は生き続きるでしょう」

このような考え方に立ち、公文プリントで最初に出てくる文は
「The dog runs.」「I eat apples.」
のような定型文(文のかたちがばらばらな日常文ではなく)です。基本の「型」の英文をひとつずつ身に着けていき、だんだん長くなってきても、常にそこまでの学習内容で理解できるようにリライトされた文章を使っています。(原書で読むのはなんとM教材以降です)

そして常に「対訳」をつけることで理解を助けるわけです。

教材体系の考え方としては、もうほんとに理想的だと私は思うんですが…

それでいて我が家の息子たちにとってはほとんど何の意味もないものと化してしまうというorz
(前回記事:公文の英語について思うこと)

まさに、「馬を水場まで連れて行くことはできるが水を飲ませることはできない」でしたっけ、英語と日本語の対比に興味を示さない、英文を読みたくもない子に英語の勉強をさせるのは大変です。

こじろうの場合はむしろ一般的な塾で、テストとか点数とか偏差値とかあるのがよかったようです(中三時に行った市進)。学校の授業でやる「習うより慣れろ」英語はまったくこじろうには向かず、きっちり形で説明してくれた塾はよかった。加えて、点数とか偏差値とかが彼のモチベーションを支えるというわけです。やれやれ。語学ってそういうもんじゃないと思うんだけどねぇ。

またろう英語に何が効くかは今でもワカリマセンorz

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2016-04-28 21:44 | 中学生活 | Comments(0)