お食事タイム   

昨日の昼はよしぞうが作ったラーメン。

みそ系こってりの味付けともやしのシャキシャキ感がうまいラーメンでしたが、間が悪いことに我が家の麺食い大臣またろうの胃の調子が悪く、だいぶ残りました。いつもは、はなひめが残す分をまたろうが平らげたりして家族全体では間違いなく完食となるわけですが。

ま、ともかく、家族揃って食事というのはやっぱりほっとします。最近は「たったこれだけのこと」が難しいのはほんとさびしいものです。土曜日の夜も結局、塾の都合で個食になってしまいます。

またろうは、「家で食事」を売り?にしているのかお弁当文化のないI塾ですが、そうはいったって前に食べるとしたら「6時夕飯」。後に食べるとしたら「9時半夕飯」。こじろうは、塾弁必須のNですが、土曜日は少し短くて弁当なし。とはいっても帰ってくると「8時夕飯」。

通常の晩御飯時は「7時」くらいなので、下手すると、1人食べて3人食べて1人食べる、になっちゃいます。昨日はこじろうを待って4人を食べましたが…はなひめの生活リズムを考えるとちょっと遅い。

会社の同僚が、子どもをSに通わせていて、「お弁当がいらないのも塾選びの決め手だった」といってますが、結局、6年になると塾終了も9時ごろになったりして、それじゃNと同じ。というかそれから帰ってきて家で食べるというのも…片付かないし…なんか健康に悪そうだし…

お弁当作るのと食事時間ずれるのとどっちがうっとおしい?? と聞かれたら、
究極の選択ですけど私はお弁当派かな。家でごはんを食べることより、三食安定した時間に食べるほうを選ぶ。そんなわけでI塾はちょっと悩ましい。

九月から、またろうは金曜日のみ4時なんぼから9時なんぼまで塾ということになりました。間の休み時間はあるようなないような。誰もお弁当とかは食べてない(食べちゃいけないわけではないらしいが)とのこと。そしてまた授業が延びることが多くて、10時半とかにごはんになります。

そういえば、子どものころ、父がいつも10時とかそれ以降にひとりで夕飯を食べていたと思うんですけど…つまり昭和の企業戦士並みってことか!? 早く受験終わってほしい。
#カゲの声: 受験終わっても、子どもの成長に伴ってますます時間はずれるよ~
[PR]

# by an-dan-te | 2008-09-21 08:57 | 休日 | Comments(1)

塾に通う力   

またろうに、「ホームタスク(塾の宿題)やった?」と聞くと、「あ、今からやる。えーと、どこやるんだっけ…」ごそごそ探しているが、カリキュラム表が見つからない。そこで「わからないからまた今度にしよう(^-^)」などと言い出さないうちに、母はすかさず「じゃ、これで確認して」と隠し持っていたコピーを見せる。

紙類をなくしやすいまたろうの代わりに、母は、ときどき塾カバンをチェックしては「これはなくすと面倒」というものをコピーして自分の手元に保管し、現物をカバンに戻すという涙ぐましい努力をしているのだ。

中三にそれはないでしょ?? 過保護じゃないの?? というご意見も当然あろうが、だって「勉強をする」ことができるようになるまで待ってたら受験終わっちゃうもん。


またろうは、中一の秋から塾(I)に通い始めた。高校受験としては、わりと早いほうだと思う。

なんのためかというと、「塾に通う力」をつけるのに時間がかかることがわかっていたから。

家を出るときは財布、Suica、携帯、鍵を持つ。時間を見計らって、ちょっと余裕を持って出る。というより、それ以前に、どの日のどの時間から塾が始まるかを知っておく(これ大事)。今日は何を勉強するか知っていて、必要な教材をカバンに入れていく(これは次に大事)。

これらの作業が、勉強の中身よりもっと苦手なのが、またろうというものなのだ。

塾に通い始めてから、二年くらい経った。経っただけのことはあって、最近は駅で「ゆかいなサザエさん」になって戻ることもほとんど…あまり…ないし、教材は、わすれちゃいけないから全科目持ち歩くという方針を編み出して大きなリュックを準備した。「塾に通う力」はほとんど身についたといえよう。

それでも今日は、先週から行き始めた講座なので、始まる時間がわからず、「何時からだと思う??」などとまぬけたことを言っていたが(お母さんがどう思うかと塾の開始時間は何の関係があるんだ)、最終的には時間が書いてある紙を発掘することができた。最近では、もらった紙はだいたい、リュックのどこかに押し込まれているのだ(なくなってない)。だいじょうぶ、落ち着いて探せば、出てくる(たぶん)。
#探すところは手伝えるけど、持って帰るところは手伝えないからね

母と子の力を結集して!! 塾に通う力の完成まであと一歩だ!!

このてん、こじろうは非常~に優秀な子なんです(当家比)。
[PR]

# by an-dan-te | 2008-09-20 18:55 | 高校受験 | Comments(0)