<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

学校の価値は入学後に決まる   

「お得な学校ランキング」的なものがあったりすると、それぞれの学校の価値というものが、まるで何か決まった数値のようにあって、一列に並んでいるかのような錯覚を起こしそうになりますが、

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←親も子も学校大好きだと、イイコトが起こりやすいんです。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

もちろん、そんなことはありえませんね。

仮に、大半の人が「この学校に入ってよかった」と感じ、六年間たいへん充実した学校生活を送ってたくさんのことを学んで巣立って行く学校であっても、

「こんな学校に来るつもりではなかった」と欝々としていて、
クラスメイトのことも避けるようにして友だちを作らず、
学校滞在時間は最低限にしてもちろん部活も入らず、
放課後は早々と塾に通って、学校の授業はほぼ無視して塾の勉強をする

…というような過ごし方をしていたら、当たり前ですがその人にとってその学校の価値はとても低いものになります。

入試の本番までは、よりよい(合う)学校を選び、その学校に合格できるようにするということが、中高の六年間の価値を高める方向の努力ということになりますが、

いざ進学先が決まった、そのときからは

学校を好きになり、学校から最大の価値を引き出す生活(もしくは考え方)をするということが「お得」ということになります。

熱望の第一志望に合格して入学することは、なにしろ期待感に満ち溢れ、すでに学校のことが好きな状態ですから、とても恵まれたスタートが切れるということになりますが、

それだけで決まるってものでもありません。

むしろあんまり理想化してしまうと現実に興ざめってこともあるかも。
だって、実際の学校はうれしいこと楽しいこと、しんどいこと嫌なこと、いろいろあるわけだものね。

あるがままの出来事を受け止めながらも、
どんどん楽しいことを見つけていく、
困ったことがあったら、解決したり、ときには逃げたり、上手に渡っていこうとする、

それから、ちゃんと夜寝て朝起きて食べて元気に学校へ行く、というような健康・体力面が気持ちに及ぼす影響の大きさも侮れません。

そう考えると、新しい生活に、ほどよくポジティブな気持ちで馴染んでいけるように、親のできることってのも地味ですがいろいろありますね。

まずは落ち着いた健康的な生活が、ゆとりを持ってできること。塾や習い事や、歯の矯正とか(^^;; 受験中いろいろとてきなかったことを一気に盛り込もうとするよりは、まず学校生活を軌道に乗せる。

学校の良い面を見出していくことを、少なくとも邪魔しない。入学する学校に不満が実はあっても、ゆめゆめ、マイナスオーラをまき散らさないこと。できれば、子どもの話を興味を持って聞いてあげて、学校の他保護者や先生とのコミュニケーションも円滑に。

部活選びの際には、親がやいのやいのいったり押し付けたりせずに、子どもの意向を尊重する。けっこう親にとって意外なものに入ったりするんですが、たぶん本人なりのわけがあります。その「わけ」のほうが親の意見よりは後々重要です。

部活、けっこう重要です。クラスと、部活の二場面に根を生やすことによって、人間関係の安定性が増します。誰かとうまくいかなくなったときも逃げ場がありますから。

よいスタートが切れますように(^^)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2016-03-29 22:44 | 中学受験 | Comments(2)

数字じゃない褒め方   

何事も、一回目より二回目のほうが勝手もわかっていてうまくできるということはあるものだけど、
私の場合、こじろうの受験のときとはなひめの受験のときで決定的に違う条件がひとつあった。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←勉強の楽しみが分かる人になってほしい
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

それは、こじろうのときはまたろうの高校受験とダブルだったということ…(-_-;;

またろうの高校受験のたいへんさは筆舌に尽くしがたいorz

手をかけるとしたらまずはまたろうのほうであって(提出物とか英語とか)
こじろうにはその余力でなんとかしたりしなかったり(^^;;
日能研は長時間預かっててくれてたいへんありがたいというか

まぁそんなところがあった。

はなひめになってからのほうが、断然中身を見る余裕があったんで、たとえば社会科について
こじろうのときはメモチェ覚えるのに、私が解答冊子を持ってて、こじろうが口で答えをいうのを
「ウ!!」「ブブー」
「じゃ、イ!!」「ピンポン!!」
てなもんで(だから私は日本史をまったく理解しないまま終わった)、はなひめのときには
いっしょにテキストの音読をしたり、
暗記も「よりぬきまとめノート」を作ったり、
ずいぶん中身に関わったんですよね(だからようやく私も日本史がおもしろいと思った)。

そうするとどうなるかというと、
成績(数字)を褒めなくても、
褒めるところがいっぱいあるんですよ。

たとえば、
「今回、範囲の漢字を丁寧にやってったらちゃんと取れたね」とか
「基本問題を二回転していったら最後まで間に合って解けたね」のような、「努力」→「成果」をほめてもいいし、

「この途中式を書くようにしたら間違えなくなったね」のように、お奨め事項を守っていることをほめてもいいし、

「○○って、△△と似てるね」
「この説明ならよくわかってすっきりしたね」
「へーー、~なんだ」
知って/わかっておもしろかった、というポイントに共感してもいい。

厳密にいえば、「共感」は褒めるのと違うかもしれないけれど、
案外、うれしさ楽しさでは一番かもしれない。

「受験うつ」に「間違った褒め方」という話があったけれど、
頭の良さを褒めるのはその後の「努力しない」アピにつながったり、
成績(数字)を褒めるのはその後のちょっとした挫折がモチベをへし折ってしまったりと
マイナスになる褒め方というのは存在する。

けれど「知って/わかっておもしろかった、というポイントに共感」するのなら、親の本音である限りにおいてはいくら続けても間違ったプライドを増長させることはないし、
結局のところ、勉強のおもしろみってそういうところ(共感)からふくらんでいくと思うんです。

中学以降は是非、親がそんな中身に立ち入ることはなくっても、
おもしろさのツボを共有できる仲間がたくさんいる場で(そのために中学受験するわけだから)
どんどん成長していってほしい。

でも小学生の間は、親がそういう手助けをしてもいいかなと思います。

そんなことを突然思ったのは、はなひめ中学三年生と、こじろう中学三年生を比べた場合に、
何か課題を調べたりまとめたりしているときの態度…深掘りを楽しんだり、それを文章にまとめたりするときの…が多少違うような気がして、

そういやこじろうのときにはかなり手抜きしたわ

と思い至ったんです。やや。もちろん素質の違いというのもあると思うが。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2016-03-22 22:59 | 中学受験 | Comments(0)

母ちゃんのためならエーンヤコラ   

モチベーションに関する実験で、「受験うつ」の本に紹介されていたたいへん興味深いものがあります。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←母の存在はよくも悪くも偉大だ。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

実験課題は、小学生たちにやや難解なパズルに挑戦してもらうというもので、どのパズルに取り組むかは
(1) 実験者が指定する
(2) 自分で選ぶ
(3) 母親が選ぶ
という三つの場合を設定します。

これはコロンビア大学で行われたもので、実験対象はみんなサンフランシスコの小学生。ただしヨーロッパ系の親子と、まだアメリカ文化に染まってない日本または中国からの移民親子で比較したのがおもしろいところです。

どちらの子も、(1)のように他人に勝手に決められた場合は最もモチベーション低く、すぐ投げ出してしまう傾向にありました。これはなんとなくわかりますね。

ところが、ヨーロッパ系の子は(3)だとほとんど(1)と変わらず、(2)で最もがんばるのに対して、
日本・中国系の子は(1)より(2)がよいけれど、それよりさらにモチベ高いのが(3)だったのです。

ここでは遺伝子の違い(?)なのか文化の違いなのかが区別されていませんが、ともかく、日本・中国系の子どもたちにとっては母親の存在というのがモチベーションに深く関わってくるということがあるようです。自分で選ぶより母親に決められたほうが粘り強く取り組むって…私もびっくりしたくらいですから、アメリカ人の研究者はもっとびっくりしたでしょうね。


このことを経験上に引きうつして考えますと、まぁそんなに素直な子どもばかりじゃありませんので、というか少なくともうちの子たちはそこまで素直じゃありませんので、勉強しなさい…ハイ、この学校を受けなさい…ハイ、というわけじゃないんですけど、親の影響というものはやはり大きいと思います。

それはつまり、「~しなさい」という形でなくても、「中学受験のほうが合っていると思う」とか、「この学校は雰囲気ぴったり」とか、親が自分自身の感触として持っている意見を子どもがじわじわと取り込むという形で効いているような感じです。

この力は、当然ですが、いい面と悪い面があります。子どもの幸せを考えないで悪意を持って捻じ曲げる親もいないでしょうけど、子どもの在り様とか価値観とか幸せとかを大きく誤解して、何々があなたのためなのよ、ということを信じていたら、子どもはそれに影響されて進行方向を選びつつも、なんだか居心地悪い道を進むことになります。

あるいは、親が子どもの在り様の捉え方や、価値観にひどく迷っていて、これはどうだろう?? いややはりこれは?? というふうにいつも揺れているという状況では、子どももそれに影響を受けて振り回されがちということになります。

理想をいえば、子ども本人をよくよく観察していて、親としてのポリシーもしっかり持ち、子ども自身の意思や意向を汲みつつ将来展望を含めた本人視点(あたかも成人した本人が考えたらそうなるというような)を補うということでしょうか。

そのためには子どもと密に関わる必要もあり、その一方で、子どもに寄りかからないで済むように親自身がしっかりしていることも必要です。このさじ加減の難しさが結局、子育ての難しさということなのかなと思います。変なところに落ち込みそうになったときは、話が戻りますが「「やる気」の源」に書いた「「遂行目標」より「熟達目標」」という考え方がヒントになると思います。

要するに、親パワーは「あの学校に行け」という「遂行目標」の提示に使うのではなく、
適切な「熟達目標」を提示して日々の学習がうまく積み重ねられるように発揮すればいいのです。
そうすると、道を踏み外しにくく、結果として志望校合格も果たしやすくなるでしょう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2016-03-13 22:54 | 中学受験 | Comments(2)

中学受験のメリット(アクセスラボ最新記事のお知らせ)   

今月のお題は中学受験のメリット(←アクセスラボ最新記事リンク)でした。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←「ここでは自由に呼吸できる」が私学選びの基本。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

これまでさんざん…ほんとにさんざん、中学受験について語ってきて、それこそ本一冊におさまらないくらい語ってきて、それでもって「中学受験のメリット」を1500字にまとめよってのもかなりクラッとくるお題ではあったのですが(笑)

これまで、自分が公立中に半年通い私立中高に5年半通い、
子ども一人を公立中に通わせ、
子ども二人を中学受験から私立中に通わせ、

自信を持って言えることがあります。

最大のメリットは、
「色とりどりの私学の中から、合うものを選んで進学できる」
ということ、

そしてその次のメリットは、
「中学受験勉強をすることそのものに大きな価値がある」
ということ。

だからこの二つにしぼって記事をまとめました。

思春期の六年間を丸ごと見てもらえる環境が得られる…
一生の友だちができる…
部活が充実している…
大学受験に(たぶん)有利…
などなど、いろんなメリットとして語ることができますが、大きくいえば上記の二つから派生したものだといってもよさそうです。

リラックスできる環境に
興味の持てる授業がいろいろあって(興味が持てない授業もいろいろあっても-笑)
話のノリや、関心の方向が合う友だちがいて

ありのままの自分でいられる。やりたいことに安心して没頭できる。

…ここでは自由に呼吸できる…
という感触。

そういう中高六年間であれば、それは大学受験だってうまくいくことが多いでしょうけど、
興味関心の方向が大学受験に合致するとも限らないわけで、
別に私立に行かせりゃ親が満足するような大学合格が得られるとは限りません。

そこはぜんぜん保証の限りじゃないんで、

費用がいくらかかるということ、
小学校生活をどれだけ「犠牲」にしなければ合格できないかということ、
大学合格実績がどれだけだということ、
それを学校の「コスパ(?)」と考えて中学受験をさせようと思う人は、
うまくいくことも、裏切られることもあると思います。

本人のキャパに合わせて(今の生活を「犠牲」にしない範囲で)、学習をこつこつと積んでいく、
その結果、手が届く中から「合うところ」(←においかいでみて)に入れる、

子どもが楽しく学校に通っていて、
山谷いろんな出来事があるけれど、
六年間振り返ってほんとあっという間に感じられ、
でもそういえば子どもがぐぐっと、なんだかんだいって大人になっている。

そういうことが中学受験のメリットだと思えるならば、だいたいにおいてハズレはないと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2016-03-02 07:57 | 中学受験 | Comments(2)