<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

中学生活における部活というもの   

中学生活が充実した快適なものになるかどうかに、「部活」というものは深くかかわっています。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←あの部活に入りたいといって受験する子もいるよね
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

そのことは公立中であれ私立中であれ変わりありませんが、部活のあり方は公立と私立でかなり違っていました。ということをずいぶん前に書いたのですが→公立中と私立中、部活の充実度

はなひめが中三になり、私立と私立でもけっこう違うもんだ、ということがわかってきましたので補足。

一言でいって、中学生活の中で部活の占める割合というのがすごく違います。

こじろうの学校は、なんだかんだいって部活の学校(^^;;
みんな部活メインといっちゃっても大筋合ってるくらいです。学校のほうとしても、部活の教育力というものを信じて託しているという感じがします。部活に入ってない人は基本いませんし(部活にない活動を外部でやっている場合などを除く)、その部活にかかる時間が長い。

同じく週5日活動の部活といっても、こじろうの学校と、はなひめの学校では時間はだいぶ違います。

下校時刻が違うので、1日分の部活の時間が違うのです。また、長期休み中の部活も、こじろうが9:00-16:00とか(o_o) 一日やってたのと違って、はなひめは数時間で区切られています。

部活によってもだいぶ違いはありますが、傾向としては大きく、こじろうの学校では長時間、はなひめの学校では比較的短時間です。

もっとも時間は違っても、熱心さというのはまた別です。はなひめもこじろう(当時)に劣らず熱心で真剣に取り組んでいますし、そういう子はかなり多いと思います。

でも、部活以外のほうが重要という子もけっこういますし、もっと多様化しているという印象です。部活をメインにしたくない場合は、週一回しかないような同好会に入ってたりすることもあります。

学校も、部活は部活でだいじなんだけれども、力点はより「授業」などのほうに来ていて、授業を通して生徒に「伝えたいこと」をたくさん伝えていると感じます。というか、学校は授業するのがメインの責務だと思えば、こっちのほうがふつうで、こじろうの学校のほうがヘンか!?

ともかく、はなひめの学校で、入ってから驚いたことは授業、特にいわゆる副教科(英数国理社以外)の充実ぶりで、これはこじろうの学校とはかなり違います。幅の広い知識や経験が、教科の枠を越えてのちの学問なり、生活なりに実を結んでいくことを特に意識しているように感じます。

主要教科は、こじろうの学校だってがんばって授業してます(たぶん)。大学受験はなくても、全員を系列大に押し込むには、最低限クリアしておきたいレベルってのがあって、それを譲るわけにはいかないですからね。

結局のところ、中学生活の充実度という点で、総合的に考えればこじろうの学校とはなひめの学校であまり違わないように感じますが、その中で「部活」の占める割合というのは違います。

どちらがいいということではなくて好みだと思いますが、こじろうにとってはこの「部活の学校」はぴったりでした。六年間で、こじろうのもっとも苦手とするジャンルだった「人間関係」の成長ぶりはほんとうに部活のおかげです。何ごとかに熱中するということ、より上を目指す努力や工夫や気合、といったことなども幅広く学ぶことができました。

一方、はなひめがもしそんな長時間の部活に巻き込まれたら、中学生活をやっていくことはできなかったと思います。時間の使い方がものすごく下手でいつでもゆっくりまったりしていますから。今のような部活ペースであれば、「部活に熱心」であることを保ちつつ、なんとかほかの時間も確保することができるので、ちょうどよかったと思います。

今、「響け! ユーフォニアム」というアニメが放映されていますが、部活であのように、「大会など上を目指してがんがんやりたい派」と「ゆっくり楽しくやりたい派」が対立するというのはよくあることです。

こじろうの学校では、ぶっちゃけみんな部活派ですからわりとそういう摩擦は少なく、学年が進んでも部活をやめたり変わったりする人はかなりレアです。はなひめの学校だと、部活はこじろうの学校に比べるとあらかたぬるいと思いますが、その中であってもテイストの違いで揉めることはあるようです。

ただ、それで合わなければわりと気軽に別の部活に移ったり、部活以外のものに軸足を移したりということができて、そこからまた楽しい中学生活を組み立てていく柔軟性は高いようです。

学校に何度も足を運んで、生の姿を見たつもりであっても、やっぱりわかってなかった部分は「部活の生の姿」。たまたま、本人に合う状況が得られてよかったけれど、なかなかリスキーなことであったかもしれないと思いました。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2015-06-29 12:51 | 中学生活 | Comments(8)

早め通塾開始のメリット   

「遅い通塾開始から追いつく方法」記事の続きです。つまりここでいう「早め」は五年生でなく四年生、大手塾の本格カリキュラム開始時のことであって、低学年のことじゃありません。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←正解はひとつじゃない。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

新五年生で通塾開始しても、塾のカリキュラムに「穴」があるわけではありません。入試が始まるころになって、「あれもこれも習ったことない」「四年生でしかやらなかったんだって!!」なんてことはないんです。必ず、ぐるぐる繰り返し出てきて徐々に深めていくシステムですからね。

なので、そのぐるぐるの何回目かのところからは合流してゆるゆるとついていけば、なんだかんだで入試に間に合うように「到達点(その子のポテンシャルからいって妥当な偏差値)」に落ち着く、言葉を替えていえば、成績の伸びがだいたい止まることが多いでしょう。

こじろうやはなひめも、仮に四年生から日能研に行かせていても、結果に変わりはなかったと思います。

それならば、四年生から行かせる意味はまったくないのかというと、私はそう思っているわけではありません。

大雑把にいって、「急ごしらえ」の場合と「じっくりフル期間」の場合の違いは、安定性だと思うのです。見た目だいたい同じ偏差値は出ていても、どうかしたときに崩れるかどうか、あるいは、幅広い出題傾向に対応できるかどうか。

日能研の志望校対策って、わりとウスくて、圧倒的に「偏差値/データ」で見る受験になってるでしょう?

私は、子どもを通わせている当時、そのことがやや不満でしたが、考えてみれば、それはそれで理に適っているのかもしれません。

「持ち偏差値60の子が、偏差値58の学校を受けたら、絶対負けない」

そんな、偏差値で読む受験指導をしているのは、原則としてすべての子がオールラウンダーであることへの信頼ともいえるでしょう。三年間で完結する、しっかりしたカリキュラムを組んできて、特別な志望校対策でがんがんにチューニングしなくても、偏差値どおりの結果が残せる子を育てる。

大規模塾で、ひとクラスの人数も多く、費用はリーズナブル、それでそれなりの成果を上げるには、よい戦略のような気がします。カリキュラム、教材、授業、テスト、データ、そういったものをものすごくしっかり作って、ピンポイントの志望校対策や、記述の添削往復など、個別に手のかかるところは薄め。

それで確実に成果を出していくには、ほんとうは四年生から来てほしいんだと思います。あんまり駆け込みで来られたら、カリキュラムが生きませんから。

早めに塾通いを始めることで、塾に通うということ、それに合わせて生活のリズムを作りその生活の技術(持ち物管理とか時間活用とか)を身に着けるということ、勉強をするということそのもの、など、そういったことを丁寧に立ち上げる余裕が生まれます。

塾でも、理科や社会はいきなり覚える・計算するでなしに、興味を持たせるところから話を進めても間に合います。

こじろうの受験のとき、第一志望には受かったけれど、置いてきぼりになっていたのは、途中式をきちんと書くとか、後で活用できるノートの取り方とか、地図をじっくり自分で調べることとか、プリントを自力で整理することとか、勉強内容の優先順位を自分でつけるとか、そういうものでした。

足りないところを足りないまま、ある部分は親が補って、成績はまぁとりあえず出てる。

そのまま中学生になるのは、やはり、中学受験ということを体験することから得られる果実の、一部を取りこぼしているといわざるをえません。

もちろん、時間というものは、何かに使えば、ほかのことには使えないわけですから、早め通塾して中学受験の側の成果が大きくなっても、遅め通塾で得た別の成果は得られないことになりますよね。

だから、どっちがいいとは決まったものではないんです。中学受験の結果として違うから、というよりは、中学受験の成果として得られるものの中味が微妙に違うから、四年生通塾開始と、五年生通塾開始はやっぱり違うものです。どっちもありだとは思います。

はなひめのときは、四年生から「近所のぬるい塾に通う」という折衷案を選びました。これは我が家的にはちょうどよかったと思うのですが…でも親はめんどくさかったです(-_-;; 趣味とでも思わなくちゃやってられません(というわけでブログ書いてたんですが)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2015-06-23 08:19 | 中学受験 | Comments(3)

遅い通塾開始から追いつく方法   

大手塾で中学受験をする場合に、新四年生から始めればカリキュラムに従っていけばよくてスムーズですが、遅くなってから合流しようとするならある程度の配慮は必要です。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←空回りしなければ、ちゃんと前に進む。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

「遅く」といっても程度がいろいろですが、ここではとりあえず、四年の途中、新五年、五年の途中くらいを考えます。六年になってからだとさすがに「駆け込み受験」感が漂ってきて別の話になりそうなので。

途中から入ると、当たり前ですが、入ってすぐの成績は本人の本来のポテンシャルほどは出ません。いわゆる、「偏差値30からの~」という感じになります(^^;;

早めに追いつかせたいと思うのは親心ですが、そのために
「周りも足踏みして待っているわけではないのだから、
追いつくためには、みんなより余計に勉強しなければ
と思っていませんか?? 流れに乗るまでは、みんなより多い勉強量でがんがんやらせないと。乗ってからは、ややトーンダウンして通常どおりでもいい。そんなイメージ。

…昨日、久方ぶりにインターエデュを見たら、たまたまそんな書き込みを目にしたので、つい気になってこの記事を書いています。

何がいいたいかというとですね、
「追いつくときにも、自分のペースで行くのが吉」
「勉強量が周りより多くなくてもちゃんと追いつきます」
ということなんです。

理解力や、論理的思考能力、処理速度とかいうことは本人の「ポテンシャル(という表現が適切かどうかわかりませんが、たとえば新四年生から通っていた場合に出せる成績)」に大いに関わってきますが、もうひとつ、
「どのくらいの勉強量をコンスタントにこなせるか」
言い換えれば
「どのくらいの勉強量をこなすと一番よい成績を上げられるか」
ということも本人の能力によって大きく異なります。

だから、そもそも、流れに乗った後の勉強量よりもっと多くこなすとか、そんなの無理というか、考えるだけ無駄なんですね。

むしろ、こなせる勉強量自体が、慣れで多少上がってくるものですから、
最初は、小出しに。
だんだん、増やしていって、通常状態に。
と思うほうがうまくいきます。

最初は、塾に行って帰ってきて、「楽しかったよ!!」…お弁当もきれいに食べて、エライエライ。
無事、テストも受けられた!!…そりゃよかったね(←成績問わず)

それだけでもかまいません。そこから、漢字は毎日少しずつやろう…計算も追加しよう…一行題もやろう…宿題は基本問題だけやろう…テストの直しもあとちょっとでできそうだった問題はやろう…と、長期計画で勉強量の「ふつう」を目指します。

そうやっていって、たとえば、「ふつう」に到達するまでに三か月かかったとします。その間、勉強量は「しょぼい」んですが、別に成績的にみんなとの差がぐんぐん広がっていったりはしないものです。

むしろ、ぐんぐん上がるほうがふつうです。そして、助走期間の三か月に、通常走行期間の三か月~せいぜい半年くらいを足すとほぼ「ポテンシャル」どおりの結果が得られて、
あらうちの子、天才じゃない? このままぐんぐん上がったらどうなっちゃうかしら♪
と思う頃にはピタリと止まります(笑)

こじろうもはなひめも、新五年から日能研ですが、似たような経過を辿りました。はなひめのときのほうが、親の経験値が上がった分、立ち上がりのカーブはずっと急でしたが。どう変えたかというと、やることを最初から増やしたのではなくて、逆に減らして「基本」に絞ったんです。そのほうがスムーズに立ち上がるようです。

中学受験の話と違いますがおもしろい体験をしました。こじろうが中三のとき、あまりに英語が(勉強してなくて)ひどかったので、高校受験用の塾に英語単科で通わせたことがありましたが、最初のころの英語偏差値は40いくつか(o_o)でした。そこから週1の塾授業を聞くだけ(授業の復習や宿題は全ブッチ)で、みるみる直線的に上がっていき、四か月後くらいには60くらいになり、でもそこでピタッと止まりました(^^;; 模試の結果を英数国合わせると、ちょうど「こじろうの行く高校に外部受験で合格できそう」なところに落ち着きましたから、まーそういうふうにできているのかなぁと。

大雑把にいえば、ペースを守っていけば「なるようになる」んです。無理をすると、「なるようにもならない」危険があります。


と、いうことになると、ではちゃんと早くから(新四年から)通塾した場合のアドバンテージってどこに行っちゃったのよ、というのが気になると思います。(→つづく)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2015-06-18 16:58 | 中学受験 | Comments(11)

小学校の宿題は「道徳」の課題である   

先日、「提出物とか答え写しちゃうとか」という記事を書きましたが、あれは主に中学校での宿題についての話で、宿題というものが本人の学習のためであることが前提です。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←夏休みの宿題がまたやってくる
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

まぁ「本人の学習のため」ってソレ当たり前でしょとも思うわけですが、それが案外当たり前でないのが小学校という不思議ワールド…

計算や漢字の内容がとても簡単なのは、それはそれでいいと思うんですが(実際、それが必要な子もいるわけで、というかそういう子にこそ宿題が必要なので)、
「漢字を覚える」が課題ではなくて
「漢字を○回書く」だったりすると…写経か…

ましてや、その漢字のノートのフォーマットにえらく細かい決まりがあって、そのとおり作ること自体にむやみに時間がかかるとかになってくると、もはや「本人の学習のため」という納得の仕方では無理がある。

前に、「○回書く」でなく「覚える」が宿題だったとき、お、それなら問題ないね、と思ったけど、
…満点じゃなかった…あれ!?
と思ったら、同音異義語が全く何の文脈もなく出題されていて、今回の範囲にどの漢字が含まれているのか暗記していかないと満点は取れないつくりだった(笑)

それでも宿題は宿題としてやっていくべき理由というのは、
(うちの場合、別に内申を気にしていたわけではないので)
やはり、「道徳」というものだろうと思うのです。

教室運営を乱さない。和を尊ぶ。
先生の顔を立てる。

とか、

内容に納得できてもできなくても、指示された課題を期日どおりこなす練習

とか。

特に、後者ですね。中学生、思春期、反抗期になって、中だるみ、勉強意欲あんまりなし、という状態になったときでも、「宿題」ならいちおうやる。という道徳さえ本人の背骨に刻み込まれていれば、最低限の学習はつなぐことができ、高校生になって本人が今度は自覚的に勉強をしようとしたときも、ある程度の基礎はある状態でスタートできるというわけです。

この「道徳」を尊重したいと思えば、親の立場からいうと、小学校の宿題について「なにこれアホらしい」なんて口が裂けても言っちゃいけませんし、答えを写しちゃうとかましてや親が代わりにやって出しちゃうなんてもってのほかです。

我が家では、よしぞうと私の話し合いの結果、基本的にはこの側面から見た道徳を尊重し、宿題は内容問わずやる、という態度を取っていました。

この道徳のよい面は確かにある、と、子どもたちが中学生以上になったあと実感することもあったのですが…

でも、白状しますと、個人的には、この道徳が嫌いです。

権威者(この場合、教師)がいったことをうのみにして、役に立つ立たない、いい悪いについて思考停止してこなすなんて態度は、時と場合によっては超~危険です。

まずは、自分の頭で考えようよ!? 疑問があったら、ちゃんと質問しよう!! 話し合おう。
あるいは、
時間は有限なんだから、価値あることに使おう。

これまたひとつの「道徳」ですよね。私はどっちかっていうとこっち派なので。

まぁ道徳ってのはそういうものなのかもしれませんね。見方を変えれば答えが変わる。正解はひとつでない。

そういえば、小学校の宿題には奇妙なルールがあって、「学校にいる間はやっちゃいけない」ということになっていました。このルールがあるということはつまり、宿題というものが本人の学習のためにやっているのではないことが明らかですが(だって本人のためにやるものだったらいつやったっていいものね)、もうひとつ、私がまぁまぁ納得しているひとつの道徳「中学校時代の最低限の学びを守る態度を育てる」ということにすら反しているルールです。

小学校の宿題というものは、本人の学習のためでもなく、本人の将来の学習/生活態度を育てるためでもなく、先生や教室という場への忠誠心を示させるためにあるのだ、ということがわかります。

このような混迷の状況の中で、子どもと自分の時間を守りつつ、どのような道徳を子どもに伝えていくのか、子育ての根本が問われています(←ちょっと大げさに言ってみた)。

え、私ですか?? んーーーーいちおう「宿題ってのは、しのごの言わずにやるものだ」を貫いてきて、でも私自身の子ども時代は宿題ブッチを基本にして育ってきてもう大人になっちゃってますし、だからといって仕事を期日どおりにやらない癖なんかないですしね、なんかもう建て前と本音というか。子どもが小学生の間はずっともやもやしていたので苦しかった。

今はもう幸せです(^^;;

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2015-06-15 12:26 | 中学受験 | Comments(7)

早め学校見学の真のメリット(アクセスラボ最新記事)   

六月になりましてアクセスラボに最新記事が掲載されました:
早めに学校見学にいくことの真のメリットとは?

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←歩く方向を照らす学校見学。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

何をもって「早め」というのか、人により状況により違うでしょうけど、こじろうの受験のときは明らかに「遅すぎた」学校見学でした。

なにしろ、こじろう本人が直接見に行った学校は、第一志望校候補のA校とB校のみ(^^;; ほんとそれだけ。シンプルすぎ。

その二つの比較で、どちらを第一志望にするかはいちおう本人と親とで自信を持って選べたとは思うんですが、第一志望以外のどこの学校に決まっても、本人は「受験の日に初めて行った」学校に入学することになってたわけですよ。怖。。

なんでこんなことになっちゃったかというと、段取りも準備もなく新五年生から日能研という(親子とも)未知の世界に飛び込み、何をどうすればいいのかようやくわかったらもう五年秋(^^;; 日能研生って土日までいちいち忙しいんです。しかも小学校は脱ゆとりとかで土曜日に授業があったりで、空いてる日がほとんどない。

で、これは間違いなく「悪い例」なんですけど(でも結果オーライではある(^^;;)

それを踏まえて、はなひめの受験のとき私は思ったんです:
「もっと前もって学校見学をちゃきちゃき済ませて、ゆとりの受験学年を迎えよう」
…あはは。

今考えると笑っちゃいます。何をどう段取りつけたからって、ゆとりの受験学年、そんなものは来やしません。青い鳥みたいなもんです。

結局、四年のころ見せておいた第二志望校は「忘れちゃったからまた行きたい」と言われて本人連れて受験直前に行ったり、四年五年のうちに親が回っておいてアテをつけておいた併願校も、また入試説明会とかいわれれば気になるから再度行ったり…

暇にならないじゃないかorz

というわけで狙いは外れましたが、私は、四年のうちから回っておいてほんとうによかった、と思ったんです。

それは、子どもにとっては(親にとっても)長い三年間を、
「こう育ってほしい」
というか
「こう育つだろう」
という成長の方向を見据えて過ごすことができたからです。

四年のときに親子で惚れた学校では、中学生・高校生がいきいきと活動している様子に「こうなってほしいはなひめ像」を無理なく重ねることができました。また、中学生・高校生になったはなひめが、この学校で過ごしている様子を無理なく想像することができました。

イメージ、ぴったり。

そのころは、ふつうの意味で、受験学年での偏差値を予想することもできないんですけど、なんとなく、このくらいにはなるんじゃないか、と思えて、それに向かってこつこつ勉強していける感じ。

もっと受験が近くなると、過去問の内容を見て、またそれに合わせて勉強していきます。このような入試問題によって選抜された、あのような生徒たち。その筋道に納得がいき、またその道に沿って学習の仕上げをしていくことができます。

こじろうのときは、入ってから、「おぉぴったりだった、よかった」という安堵があり、
はなひめのときには、「そりゃうまくいくでしょう」という確信がありました。

というわけで、早めの学校見学、お奨めです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2015-06-02 23:09 | 中学受験 | Comments(12)