<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

読書好きは国語が得意になるのか?(アクセスラボ最新記事のお知らせ)   

読書好きの子どもに育てるには、幼いころしっかり読み聞かせをしてやるのかいいんでしょうか?

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←若いころはほんと本ばっかり読んでた。今はそうでもない。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

しないよりはしたほうがよさそうに思いますが、同じようにたっぷり読み聞かせをしたつもりでも、読書好きな子(またろう、はなひめ)も、そうでない子(こじろう)もいます。環境は多少助けになるにしても、結局は本人の持って生まれた志向ってことでしょうか…

それで、読書好きなら国語が得意になるかっていうとまた、それも一筋縄ではいかないんですよね。

またろうは決して国語得意とはいえません(ま、そんなにひどくはないけど)。
こじろうは事前(小学校中学年時くらいの)大方の予想どおり、国語はほんとひどくて、
はなひめは、初めのうち国語が得点源でしたが途中で大崩れしました(その後持ち直した)。

本をたくさん読んでること自体は財産ですが、それで自動的に得点できるとは限りません。
漢字は読めるでしょうが練習しないとやっぱり書けませんし、
読書量は多くても、偏っていればボキャブラリーが豊富とも限りません。

漢字と語句はあらためて勉強したほうがいいでしょうね。でも、本をほとんど読んでない子(こじろう)よりはずっとずっと話が早いです。

読書好きの子が陥りやすいところは、「勝手読みの罠」だと思います。

はなひめが当初、勉強しなくても国語は得点できてたというのは、問題がそんなにややこしくなければするっと適当に読んでいくだけでなんとなくわかっちゃうんですよね、慣れてるから。

それが通用しなくなったあとは、やはり素材文の読み方、設問の読み取り方、根拠を持って選択肢を選ぶこと、求められるポイントを過不足なく表現する記述など、ただ楽しく読む以外の「勉強」が必要になります。

ここを乗り越えないと、ほんとにもったいないです…

乗り越えるのにかかる労力は、やはり本をほとんど読んでない子より断然少ないんですから。

塾の集団授業は、国語において「ちょいと乗り越える」ところがうまくいかないことってけっこうあるように思います。親は別に教える技術とかなくても、子どもに直に寄り添うことができるので、ちょいと手助けするには向いています。もちろんそんなこといつもいつもやってられませんが、読書好きの素地がある子なら、親の忍耐が切れる前になんとかなる確率も高いかと。

アクセスラボ最新記事→「本を読むのは好きだけど」

というわけでこじろうの国語は中学受験時にあんまりなんともなりませんでしたが(でも第一志望の国語だけはなぜか解けた)、
…これがまた不思議なことに、高校生になるころには国語得意になったんですよ。親は何もしてません。ただ本人の成長です。
なのにまだあんまり読書好きではないんです…どうしたわけか…

人生ここから先、国語の読解問題ができるかどうかより、むしろ読書好きかどうかのほうが大きいような気がするんですけど。ま、そうはいっても、読めば読める(読み取れる)ようにはなったということで、実際たまにはけっこうややこしい本も自主的に読んでますし、これは逆に、読解問題で練習したら本もまぁ読めるようになったってパターンでしょうか。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2014-11-10 20:55 | 中学受験 | Comments(16)

入試問題に表れる各校の本気   

要するに、どういう生徒を確保するかに学校の未来がかかっているわけですから、入試問題には各校の本気が表れます。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←「入試問題は学校の看板です」
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

当日、受験しに来た中で、どの子を合格させるのかが鍵なのですから、
ほしい素質と学力を持っている子を見分ける精度がとことん高い問題を作らなくちゃいけないわけです。

また、いったん入試に出された問題は、過去問集として次年度以降の潜在的受験生の手に渡りますから、これは学校のアピールでもあるのです。

こんな入試問題を出す学校にぜひ行きたい!!
問題を解いていて楽しい!!
と、ほしい人材に思ってもらえれば成功。さらに、実際に入学することになるであろう子たちの、ほしいスキルをあらかじめ育ててもらえるような題材を提供できたら尚可ですよね。え? そこまで欲張るのかって?

いや当然考えていると思いますよ。熱烈志望校の過去問を解いていて、これは難しいけどおもしろいね、となれば、それが解けるように補う努力をしてきてくれるのですから、スムーズに入学後につながります。

そんな具合に、問題とじっくり向き合えば、いろんなことがわかるものです。でも、私がしっかり味わった問題なんて、はなひめの第一志望校ほかいくつかくらいで、あとはね。そんな、手が回らないし。ブログでいくつかの学校の算数解き比べ記事を書いたりしましたけど、その程度。そのくらいの表面的なお付き合いでも、わかることはいろいろありますけど、結局学校側の意図はどこにあるのかとか、想像でしかないので。

そんなわけで、先日、おおたとしまささんからいただいた「名門中学の入試問題を解けるのはこんな子ども」(日経Kids+)という本を見たときは、ヤラレターって思いました。私、こういう本を書いてみたかった。できないけど。

この本は、おおたさんが各校の入試問題を解いてみた感触を書くだけじゃなくて、各校に取材して、入試問題にかける思いを語ってもらっているんです。

「知識量より、科学的に物事を捉える姿勢を試しています」(武蔵)
「便利なものが発明されると、その利点にばかり目がいきがちですが(略)利点があれば必ず欠点もあるということに気づける生徒になってほしい」(豊島)
「コツコツと地道な努力ができる生徒を求めている」(聖光)
「少し長めの、ヒントがたくさん詰まった問題文を読んでもらい、あたかも出題者と対話をしているような気持ちで、『私はこう思う』を表現してほしいと思っています」(鴎友)
などなど。

私がなんとなく想像していたとおり、入学後につながる入試問題ということについても、たとえば
「この問題では、経済合理性や効率主義が蔓延する現代社会へのアンチテーゼとしてのアグロフォレストリーを紹介したかった。そして、私たちも、そのような社会の風潮に流されるのではなく、たとえ微力でも、個人として抗うことができるということを伝えたかった。本当はさらにその先を議論したいが、入試ではそこまで。続きは入学してからのお楽しみということ」(海城)
…こんなコメントもありました。

取り上げられているのは13校なので、受けたい学校が含まれているかどうかわからないけれど、具体的な入試問題と、解いた感触と、それに込められた思いがセットになってたくさん示されているので、あらためて志望校の過去問と向き合うときに、含まれたメッセージを読み解く助けになると思います。

「入試問題は学校の看板です。入試問題をどのように作るかというノウハウは、学校の無形財産です。毎年の入試問題作成を通して、その無形財産を若手教員に受け継ぐことは、入学者の質を担保し、学校の質を守るための生命線なのです」(ラ・サール)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2014-11-06 12:35 | 中学受験 | Comments(5)

過去問は出題意図まで汲み取って生かそう(アクセスラボ最新記事のお知らせ)   

今から思うと、こじろうのときとはなひめのときで、過去問の取り組み方はものすごく違っていました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←学校の本気が見える過去問祭り。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

こじろうは、問題傾向との合う合わないがものすごくハッキリ出る子だったので、過去問の取り組みというのは、合う(入試問題を出す)学校を探す旅、という様相が色濃かったのです。

元々、第一志望校との問題相性はほとんど理想的といってもよく、秋口からすんなり合格点。ところが、安全校と思っていた、持ち偏差値マイナス10くらいの学校ですら、「ぜんぜん滑り止らない(o_o;;」って状態だったり。だから、受かりそうな併願校をあれこれ探す格好になったわけです。

必然的に、受験ラインナップはほとんど記述の出ない学校で固められ、私の過去問採点もラックラク(笑)

私は過去問の内容を深くみることもほとんどなく、ただ、こじろうができる問題とできない問題を選り分けておき、できない問題をちょちょいと「対策」するだけでよかったのです。この場合、「対策」というのは、こじろうの弱い分野の補強をすることで、たとえば入試直前はよく前期日特テキスト(分野別に入試問題が載っている)を引っ張り出してジャガイモとか植物の問題を解いていました。

それとは別に、第一志望校の過去問はかなりの回数解きまくって、せっかくのチューニング(ロックオン!!)だけは外さないように気をつけました。

それにしても、ほんとに、第一志望校に関してはこじろうは「呼ばれている」といえる相性の良さでした。公開模試では悲惨な国語ですら、高得点が見込めたのです。これならこじろうをお任せして間違いないだろうと、「運命」を感じるくらい(^^;; 実際、こじろう(現高三)のこれまでを総括すると、こんなにぴったりだった学校はないと自信を持っていえます。

一方、はなひめの場合は、第一志望校の問題を秋の入り口に解いたときにすっかり万全合格点。。とは全くいかず(-_-;; ただし、第二志望校として目をつけていた学校の問題はすんなり解けて大丈夫そうだったので多数の学校を「漁る」必要はありませんでした。

そこでひたすら地道に第一志望校の過去問と「おつきあい」していくことになりました。まず、こじろうの学校と違って、記述が多いので、読み込まないと採点ができません。塾の採点は頼りにならない状況だったので(九月に提出したものが一月に返却されたり)、否応なしに中身に踏み込んでいったわけです。

すると、どういうことができる子を求めているのか、何ができるようにして来てほしいのかということがはっきりわかりましたし、それはまたとても納得できるものでした。難しいとみえる問題でも、決して無茶なことを要求しているわけではなく、よく読み解いていって、その道筋を身につければ、ちゃんとステップアップできて、それが別のシーンでもちゃんと役に立つというような。

文化祭や説明会や授業見学で惚れ込んだ学校ではありましたが、さらに数ヶ月にわたる過去問とのお付き合いで親子とも惚れ直しました。

深く味わって、この問題が好き、この問題を出す学校が好き、解いていて楽しいといえる境地までくれば、まず落ちることはないでしょう。

というわけで、浅いのもあり深いのもあり、過去問とのお付き合い。深く付き合ってみたら、11~1月の三ヶ月でも、世界が変わりますよ。

アクセスラボ最新記事→「過去問は出題意図まで汲み取って生かそう

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2014-11-01 10:50 | 中学受験 | Comments(0)