<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

女子学院今昔: 変わらないこと、その先へ   

「中学受験 注目校の素顔 女子学院中学校・高等学校」の帯にあるのは、

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←変わらない強さと、変わる強さ。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

女子学院には「人と違っていい」という文化があって、その延長上に「価値観や表現方法は違ってもそれを認め合うことができる」という意識が芽生える

という、卒業生の談話から切り取った話。これはまさに、昔から変わらない女子学院の姿。

世間がなんていうかとか、前例がないとか、そういうことが怖くなくて、思ったことを発言し、思ったことを実行する。本文中では「卒業生には「日本初の…」が多い」とか「フロンティア精神」と表現されている。フロンティア精神というと新しいところを開拓しようとする精神のようだが(そういう人もいるかもしれないけど)、どちらかというとやりたいようにやったら「初」だった、というほうが多いような気がする。

夫婦で話し合って、育児休業は夫の側で取るほうが(家族全体として)都合がいい、となればそうしようそうしよう。それには世間でそれがどの程度一般的かどうかなんて関係ないんだけど、いざ申請してみたらすんごいレアケースで、数少ない前例をあたってみると、あらメーカー勤務で初の男性育休取った人の妻もJG卒。みたいな。

この本で書かれているエピソードで、昔と変わっていないことなのに、それは意識してなかったというのが一点あった。ある生徒が全国的な大会とかで賞をもらった場合など、朝礼や広報誌などで全体に知らせるよう表彰する学校が多いと思うけれど、JGの場合はそれがない。一人でひっそりと院長先生のところに呼ばれて表彰される(笑)

学校の中では、本人が考えて実行に移したことが、常識とか規範に外れていても、よほどのことがなければとがめだてされないけれど、それだけじゃなくて、よいことのほうも、「これこれが良い」ということを全体として共有しようとはしないということ。「○○全国大会優勝」「東大○○名合格」とか、なんにも。この両面が揃っているからこそ、みんなあそこまでのびのびと「自由に」振舞っていたんじゃないだろうか。

ただ、「価値観や表現方法は違ってもそれを認め合うことができる」というのは学校内ではそうかもしれないが社会に出てしまったら相手はそうとは限らない。それでたいへん苦労したりする場合もあるけれど、まぁそれでもみんななんとか、対話で解決するとか、解決しなくても気にしないことにするとか、切り抜けていくだろう。それだけの地力はつけてもらってきたと思うし。

ところで、JG生のこうした特徴は長所なのか短所なのか、それはもうどちらでもあるとしかいえないが…
この本の「おわりに」にあるように、女子学院の欠点を知りたければ、この本に書いてあることを裏返してみればよい。
・言いたいことははっきり言う→デリカシーがないのでは
・人と同じことを嫌う→協調性に欠けるのでは
など。「きっとそれもまた真なりである」(本書) (^^;; まぁ否定しづらいっていうか…

しかし、この本を読んで知った新しい動きとして、「「個」の最適化よりも「全体」の最適化」というのがある。「自己実現のための『個の最適化』ではなく、世界市民として『全体の最適化』の視点をもった人になってほしいという理念が、女子学院には伝統的に根付いています」(院長談話)

ここで、院長談話には「伝統的」とあり、私があえて「新しい動き」といったのは、つまり昔にも確かにそういう精神はあったんだけれど、昔は暗黙的カリキュラム、というか空気に断片的に書かれていて、受け取り方が人それぞれであったものが、もっと明示的カリキュラムとして実施されるようになったということだ。

自分のポテンシャルを高め、自分の頭で考えて発言・行動し、より豊かに社会に貢献するということを、より意識化して取り組んでいるのが21世紀の女子学院なのかなと、この本を通読して思った。ということはつまり、「言いたいことをはっきりいう」ことと「デリカシー」、「人と違うことを言う・する」と「協調性」、その両側もしっかり統合していかなくてはいけないわけだ。変わらないものと、その一歩先へ。

「アンダンテのだんだんと中受日記」総合インデックス

インターエデュ
*みんなの中学受験満足度向上委員会

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2014-09-30 08:08 | 中学受験 | Comments(7)

女子学院今昔: コンテンツの充実   

おおたとしまささんの「学校研究シリーズ」、去年は「開成」「麻布」「武蔵」と男子校が三タテで来て、今年は女子校。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←20世紀と21世紀でそりゃ違うよね
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

「中学受験 注目校の素顔 女子学院中学校・高等学校」(*)
…たいへん興味深く、一気に読みました。私のいたころ(ン十年前)と驚くほど変わらないことと、そして大きく変わったこと。

毎朝の礼拝、毎週の聖書の授業、学年対抗の体育祭、修養会など、枠組み部分はあまり変化ありません。合唱大会がなくなったことはショックですけど。

でも、中身は、というか考え方が、大きく違うようです。中でもびっくりしたのが、
「聖書」にペーパーテストがある!!(o_o)

昔の聖書の授業というと、先生がたんたんと思うところを述べているというか、生徒はそれぞれ睡眠や休息や英語の予習や、思い思いに憩い(?)のひとときを過ごしていたのですが、今はちゃんと学年ごとに深まっていく学習内容が組まれており、「暗記しなければいけない基礎知識も非常に多いです」とある。

キリスト教の信者になってもらうためのものではなく、自分の頭で考える土台となる知識。「客観的なテストができないような授業をするつもりはありません」。聖書を通して、キリスト教の基本を学び、ヨーロッパ文化や学問の源流に触れる。世界史や、人間そのものについて、キリスト教という切り口から学ばせる教養教育としての位置づけになっている。

聖書の時間では徹底して「知識」を与え、礼拝を通して内省の時間を持たせる。

これまたびっくりしたのが、
「礼拝」で聖書の話をしている!!
ということで、つまり、昔はホームルーム礼拝(各教室で行われ、生徒が持ちまわりで話をする礼拝)だと、生徒が勝手に選んだ聖書の一節を読み、スピーチをするんだけど、スピーチの内容は単に自分の関心のあることで、およそ聖書とは関係ないものが多かった。トーンとしては、真面目から不真面目までいろいろだったけど。

今は、聖書の一節はあらかじめ「割り当てられる」もので、そしてそれに関連した内容のスピーチをする。なんと、あらかじめ原稿を書いて担任のチェックをもらうそうだ。

いやこりゃすごく違うことだね…

もちろん、他教科でも、中一理科では徹底した実験・実習をやるとか、高校では理文問わず一年間みっちり、明治から敗戦までの歴史を学び、「なぜ戦争が起き、そして負けたのか」に迫っていくとか、驚きのコンテンツの充実ぶり。

昔も、それぞれの生徒にとって「心に残る授業」があって、それを目に見えない宝として持って卒業してはいたと思うんだけれど、そういった授業は、先生一人ひとりの思うところに任されて行われていたもので、たまたまその先生の授業と生徒の間にビビビッとチャネルが成立したときだけ、大きなものを受け取ることになる。

今はもっと、学校としてどういう組み立てでいつ何を伝えていくのか、明確な意図を持ってカリキュラムを整えているらしい。

みちっと、中身が詰まった感じ。

ま、いいことなんだろうけど…

私が好きだった女子学院はもっと、余白があって、暇があって、授業とか宿題とかはあまり存在感を主張しすぎず、茫漠たる時間と、多種多様な個性を持つ仲間がいる空間と、自由が与えられるところ。何をやってもよく、何もしなくてもいいみたいな、そんなところが心地よかったんだけどねぇ。(つづく)

(*) 10/2発行予定。私の本と同じ編集者さんが担当しているので、見本本をいただきました。

「アンダンテのだんだんと中受日記」総合インデックス

インターエデュ
*みんなの中学受験満足度向上委員会

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2014-09-28 08:03 | 中学受験 | Comments(4)

脳の仕組みを味方につけて記憶力アップ(アクセスラボ最新記事のお知らせ)   

9月になりましたので…というかとっくになってますので、アクセスラボに新しい記事が載っています。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←アクセスラボ連載は残り二回
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

今回のテーマは「脳の仕組みを味方につけて記憶力アップ」です。そういうアナタは記憶力がいいんですかって、つっこまれないうちに先に言っておきますと、

記憶力のいい方は、どうやって記憶するかなんて考えないでしょ。

私は、昔から、記憶力が悪いことにかけては、ちょいと自信がありますので、どうやればなんとかヤバイ事態を切り抜けられるかということをしょっちゅう考えて今までやってきたわけです。

まずは覚えないで済ますというのもあります。たとえば大学受験では理系に行くとか(←社会苦手)、あ、しかしこの手は中学受験では使えませんね。けど、細かくいえばいろいろ、わかっちゃえば覚えなくて済むとか、極力まとめる、関連付けるとかして覚えることを減らすことはできます。どうすればサボれるか真剣に考えるというのは、いいですよ!! 理解も進みますし、工夫してるうちにけっこう覚えますからね。

人の記憶できる量って、機械じゃないから、何ビットで表現できるかとかいうことではなくて、ひとまとまり、ふたまとまり、ってな単位だったりします。「まとまり」を大きくすれば実はたくさん覚えられちゃう。

よく言われるのが、将棋棋士がある局面を見てさっと覚えられるのがスゴイんだけど、無意味局面だと一般人並みに落ちちゃうって話。意味のある局面なら、いくつもの駒のまとまりを「矢倉囲い」とかそういうふうに一掴みできるし、さらには「あ、これは去年の名人戦第二局の仕掛け前の局面に似てるけど端の突き合いがあるところだけ違う」なんてこともあるかも。

あるいはピアノの曲を暗譜しようとしたときには、A-B-A' ってなっててAとA'はココだけ違う、とか、コード進行で覚えたり。

というか、結局のところ、ほんとうに自分でどうにかしたいと思うというのが一番の秘訣だったりしませんか?

関心も熱意もないとそりゃなかなか覚えません…

熱意さえあれば、なかなか覚えられなくても、「諦めずに何度も見る」っていうことによって、ちゃんと乗り越えられるものなんですよ。

大昔の話ですけど、私が中学受験失敗したのって、どこかで「社会はまぁいいや」って捨ててたからじゃないですかね(もちろんほかの要因もあるだろうけど)。中学受験で一科目捨てるとかだめです絶対!! よいこのみなさんは決して真似してはいけません。それに、いろいろ工夫して覚え始めると、だんだん要領もわかってきて、そうすると話もつながって、そこからがおもしろくなるんですよ。おもしろがるためには材料が必要なんです。ということを、私は子どもの受験を通してようやく実感しました(-_-;;


「アンダンテのだんだんと中受日記」総合インデックス

インターエデュ
*みんなの中学受験満足度向上委員会

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2014-09-08 21:27 | 中学受験 | Comments(4)