<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

発達障害と中学受験   

りんこさんのブログに、「発達障害のお子さんを持つ母より」学校選びのポイントや体験談が数回にわたって掲載されていたので、たいへん感慨深く読みました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←りんこさんのファンです
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

「発達障害」というひとことでくくることに無理があるくらい、状況は個々人で様々ですから、「この学校ならよい」という一般的な解はないでしょう。上記の体験談では、とにかく親御さんが労をいとわず足を運んで、生の「学校」をよく見て感じて選んでいるところが印象に残ります。私学は学校によってほんとうに色々(カラフル)ですから、合えばハッピー、合わなければ公立に行くよりマズい場合だってあります。ことに子どもが「標準的」でない場合は学校選びがものすごく重要になります。


またろうが小学生のとき、私は中学受験をさせることをまったく視野に入れずに過ごしてしまったのですが、こじろうが中学受験を経て私学に通い始めたあとになってときどき「またろうに中学受験をさせていたらどうだっただろうか?」と思うことがありました。

またろうの通った公立中学校と、こじろうやはなひめが通っている私立では、授業はもちろんですが学校生活の快適さに雲泥の差があり、これは、ハナっから無理だと決め付ける前に、合う学校があるかどうかまじめに探すべきではなかったのだろうか、という気持ちがよぎったものです。

とりわけ、中二病が嵐のように吹き荒れる中、浮いてしまって数々のいじめのターゲットになり、不登校になりかけた時期のことを思うと心が痛みます。中三になると急速におさまって、クラスの結束や行事など、公立中ならではのよい面もたくさん体験することができたのではありますが。

今となっては…「今」というのは、忘れ物での留年という痛い経験のあと、順調に進級を重ね、最終学年として次の進路を考えるところまで来たということです(*)…またろう自身、公立中に行ったおかげで高専という進学先にめぐり合うことができたのだからよかった、といってくれていますし、確かに、高専という場はまたろうに合っていると思いますけど、でも中学校の三年間もそれなりに大きなものです。

中学受験ではなく高校受験を選んだメリットとしては、高専という進学先が広がったことのほかに、本人のいろいろな成長が追いついてきて、学力面でも三年前より相対的にかなりよいポジションに上がってきたこと、生活面でもなんとかやれるようになってきたことがありました。

メリットもデメリットも大きすぎて比較困難です。それに両方のコースをやってみることはできませんので、どちらがよいか実証することはできません。
またろうの場合…公立中・高校受験コースを辿って、どうだったのか、ということを、ひとつの例としてこのブログ(【高校受験】 またろうインデックス)や下記の本から参考にしていただければと思います。

アマゾンから予約できるようになりました:
「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」(アンダンテ著、ダイヤモンド社)
* 今回もイラスト担当はまたろう。

f0185839_1238736.jpg



(*) 一般の大学入試と違って、大学編入入試は6~8月が旬です。またろうは国立大学を三校受験します(国立大学がいくつも受けられるというのもおもしろいところです)。ひとつはもう合格が出ているので、来年度、何がしか「学生」になることは決まっています。あ、卒業できればね(^^;;

「アンダンテのだんだんと中受日記」総合インデックス

インターエデュ
*みんなの中学受験満足度向上委員会

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2014-07-04 12:42 | 中学受験 | Comments(15)

勉強しなくちゃと思ってはいるけど   

アクセス進学ラボの連載、第二回が掲載されたのでお知らせです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←アクセス進学ラボ、おおたとしまささんの連載もあるよ
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

「勉強しなくちゃと思ってはいるけど」 ←アクセス進学ラボ
----- リード文
勉強しろって言われるとやる気なくなっちゃうんだよね、って思わない? けど、お母さんが「勉強しろ」とさえ言わなければするかというと、それもちょっと違うかもね(笑) 行きたい中学もあるし勉強はしなくちゃ、って思ってはいるけど、なかなか集中できないときには、どうすればいい??
-----

ところでこの連載って、特にシリーズ名もなくインデックスもなく、第二回を読んだときに第一回へのリンクもないということでなんか謎が多いんですけど、自分的に不便なのでとりあえずシリーズ名を決めておくことにします。

中学受験生の読むサプリ(仮)(全6回シリーズ)
* んで、6回分揃ったらまたインデックス・ページを作るとして

それで、やはり一番の謎は、このシリーズって受験生本人が読むということになってるんですが、ほんとうにこういうWeb記事を自分で読んでる小学生がいるのか?? ということと、

あと、実際読んだらどう思うか? ってことですね(^^;;

うちにはもうサンプルがいませんし。

こんな感じでいいのかな?? と思いつつ、残り4回、依頼どおりがんばって書きますけど…
もしよろしければ、どなたかほんとに中学受験生が読んだら感想・反応どうだったとか教えてください。

ちなみに第一回
「どんな中学校に行きたいの?」 ←アクセス進学ラボ
----- リード文
これまでいくつくらい中学校を見てみた? どの学校がどのくらい気に入るかって、ご両親と同じだったかな? 同じこともあるし、違うこともあるでしょう。親とはいっても別の人間なんだから、好みや価値観が違ってても不思議はないですね。通う本人がいいと思うのがいちばん。うまく話し合って、卒業するときに「この学校で本当によかった」と思える選択ができるといいよね。
-----

「アンダンテのだんだんと中受日記」総合インデックス

インターエデュ
*みんなの中学受験満足度向上委員会

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2014-07-01 12:17 | 中学受験 | Comments(0)