<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

高校受験の偏差値表はわかりにくい   

中学受験ではお馴染みの、合格可能性80%ラインの偏差値がずらりと載った、偏差値表というもの、あれって、すごくわかりやすいですよね。どのくらい「偏差値」で物事を測るかということは人の価値観によって異なるにしても、目安として便利であることについては誰も異存ないでしょう。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←中学受験はやっぱりわかりやすくていいよね
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

でも、あんなわかりやすい「偏差値表」というものは、中学受験で終わりです。高校受験にも、大学受験にも、あんな便利なものはありません。一律に比べにくくなってしまうからです。

中学受験では、大多数の私立中学が、算数国語理科社会の四教科、試験当日にペーパーテストをして合計点どん!! で決めるという入試を行っています。もちろん、細かく言えばと、出題傾向に差があったり、難易度に差が合あったりして、合う合わないということはあり、わが子の合格可能性は最終的にもっと慎重に考えなければいけないでしょうけど、一次近似的には、非常に優れた一覧性の高い比較ができます。

ところが、高校入試となるとわけが違います。三教科(英数国)入試あり、五教科入試あり、内申もあってその比率は様々。一律に比べることができないんです。

何を言ってるかというと、昨日、久しぶりにこのブログの記事を更新したら、気になる記事「なんかおかしい偏差値表」を見かけたからなのですが、その記事にコメント欄がなかったし、書きたいことが長くなるからこちらに書いております。あ、私もサピファンじゃないので、特に反論するとかそういう意図ではないのですが、ただちょっと批判のポイントに違和感がありましたので。

それでですね、だから高校受験の偏差値表が「おかしい」のは今に始まったことではなくて、当たり前なんです。特に、内申なし一発勝負の私立と、内申ありの都立を並べると、わけがわからなくなるものなんです。ちなみに、この記事で書かれている偏差値表というのは、サピックス中学部のものと思われます。
2014年度受験予測偏差値

たとえば、またろうは第一志望が高専でしたが、普通高校も受験させておきたいと思い、塾の先生に相談したら、奨められたのが、この表中でいうと偏差値50くらいの私立ひとつ、都立ひとつでした。またろうの学力というのは、基礎穴だらけ、英語壊滅、不注意が服着て歩いてるタイプ、数学だけできるというものですから、中学受験的にいえばぜんぜんたいしたことないレベルですが、高校受験の、いわゆる塾模試偏差値的な位置づけからいうと、こんな感じ。数学テストが難しくて、大きく稼げるという前提があればわりと有利だからです。一方、公立中でのポジションは、定期テストでいって上から1/4、内申でいって1/3というところでしょうか。非常に目立たないあたりです。

先生はそれこそ塾の偏差値表から見て「このへん」ということで学校を奨めてくれたわけですが、実際に受かるかどうかは別です。偏差値より内申が破壊的に低いまたろうは都立だとぜんぜん違う話になっちゃうので、まぁたぶん無理だろうということで、そのときは私立を受けて、合格しています。逆に、中学校できちんとやれてる子だったら、都立のほうが鉄板(内申で稼げるから)、あるいは、そこそこやれてる子だったら、稼げるまでではないにしても、当日試験の前に固まってる部分が多い都立のほうがやや安全ということになると思います。周囲の合格・不合格状況から見ても、相対的な難易度順は、大まかにいって妥当なようでした。

つまり、入試当日のペーパーテストの目安でいうと、そんなに間違いではないと思うんです。相対的な位置関係は、またろうが当時通っていた市進の偏差値表(*)も、ここにあるサピックスも、あんまり変わらないですね。

ただ、「利用上の注意」をいっぱい書かなきゃいけないことになるんです…

それと、くだんの記事でもうひとつの疑問点は、いくらなんでも新宿高校が43、戸山高校が50とか低すぎじゃないか、そんな「上」の集団だというならそんなんで塾商売成り立つもんかね、というところですが。

中学受験のサピックスと違って、高校受験のサピックスははっきりいって弱小です。合格実績を見ても、最難関の国私立に絞ったニッチな戦略を取っていることが見て取れます。日比谷、西あたり以外の都立なんてほんの付けたしポジション、県立千葉は1名、県立湘南は2名ですよ。

要するに教材も、テストも、そういう照準を合わせてやってるってことです。その中で、またろうレベルが偏差値50(真ん中)だとしたら、その上が半分下が半分。まぁそんなもんかなというか、むしろ下に寄りすぎでしょう。私なら、またろうレベルの子をサピに入れたりしません。ただのお客さんになっちゃいます。というか、トップ都立三校以外の都立が志望校だったら、こんな塾に(模試だけでも)関わるのは時間の無駄だということがひしひしと感じられますよね。この表を見ると。

合格可能性60%なのか、80%なのか、サピでもオープンとかいくつかの模試をやってるだろうけどどの模試が基準なのか、書いてないのは不誠実っちゃ不誠実ですけど、ぶっちゃけ、そんな精度は出ないってのがほんとのところではないでしょうか。高校入試がいろいろすぎるし、サピ中学部が抱えている受験生母数もたいしてないわけですから。

長くなっちゃいましたが、そんなふうに長々と留保の必要な高校受験偏差値表というものを、HPに説明抜きで公表しているサピックスさんの意図は何かって、そんなことは私にはわかりませんけど、別にありがたがってサピックスに入塾しようという人が増える効果とか、難関私立高校や、中学受験の方に誘導する効果とか、ないと思いますね。っていうか、高校受験偏差値表を見るころには、中学受験年齢過ぎちゃってるしね。

むしろ、学力的には都立がかなりお買い得…真面目に内申を稼げる子なら、学力イマイチでも、天井知らずの実力を持つ学友に囲まれて(偏差値表の学力目安はあくまで下限であって、天井知らずなのがトップ都立です)部活に文化祭に楽しく過ごすっていいじゃない?? とか思う役には立ちそう。でもそうするとサピックスさんの意図には反しているかもね…

まじめにいうと、サピックス中学部の真のターゲットを取り込み、それ以外は跳ね返す効果があるから掲げているんじゃないかな、というのが私の想像です。

(*)ただし、市進は表を出すとき、国私立と都立は別表にして、混ざらないようにしてたみたいです。

「アンダンテのだんだんと中受日記」総合インデックス

連載: 日経DUAL 「共働きファミリーの中学受験」
*第一回 共働きのメリットもある
*第二回 学童保育の次の居場所
*第三回 通塾開始時期、4年生と5年生の違い
*第四回 5年生「わやくちゃ」な中学受験にしないために
*第五回 「塾弁」よりも大切なこと 共働きの塾選び
*第六回 共働き中学受験 「塾弁」生活を乗り切るコツ
*第七回 中学入試本番シーズン 親の休みはどれだけ必要?
*第八回 共働き率の高い学校、低い学校はここが違う
*第九回 勉強を見てやる時間がない親が今日からやること
*第10回 受験勉強の「やる気」は勉強から生まれる
*第11回 中学受験、夫婦の役割分担はどうすればいいか
*第12回 子どもが宿題の答えを丸写し 親の対処法
*第13回 共働き中学受験 個別指導塾は使えるか
*第14回 子どもの勉強 親子のほどよい距離感は?
*第15回 「中二病」の季節迎える子どもに親ができること
*第16回 中学受験のコストパフォーマンス(コスト編)
* ブックマークするならココ→日経DUAL「受験」カテゴリー記事一覧

インターエデュ
*みんなの中学受験満足度向上委員会 : 体験談インデックス

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2014-03-25 13:09 | 高校受験 | Comments(4)

ウケてなんぼの間違い直し   

---- 5年半前、我が家の光景
今日の書き取り:
「親しい友だちと『寒談』する。」

母「意味考えて書け!! これって、あんたが『ふとんがふっとんだ』とかいって、友だちがしらーっとしてるって意味になっちゃうじゃないの!?」
子「まぁそんな感じかな? あるでしょそういうこと。」
…ないよ。。
----「中学受験 叫ばせて!!」より

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←愛あるツッコミ、入れてますか?
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

こじろうの中学受験をやってたころ、我が家では日々このような楽しい(!?)やりとりが繰り広げられていたのですが、はなひめのときはそういう「ウケ」から遠ざかった淡々としたやりとりをしていたような気がします。

性格の違いというか(はなひめは、笑われるのが極端にキライ)、
笑いのツボを押さえるセンスの差というか(はなひめの間違いは、そんなにおもしろくないことが多い)。

あえていいますが、親子でせっかく間違い直し(テストでも、ふだんの勉強でも)をするんだったら、「ウケてなんぼ」だと思うんです。つまんないよりおもしろいほうがいいし、覚えるでしょ。

先日、「模試は熱いうちに直せ!!」を書いたときにもコメントにいただいたように、間違いを指摘されると切れたり、やる気をなくしたりという子はけっこう多いでしょう。気持ちはわかります。気分はよくないものね。「(もうちょっと注意すれば、時間があれば、など)できたはずなのに!!」というのもイライラに拍車をかけます。

でも、入試本番で間違えて、その分で合格ラインから転落しちゃったら、そりゃもう悔しがってもいいけれど(というか、悔しがっても役には立たないけど)、宿題もテストも間違うためにあるんだから。つまり、間違うところを調べてるんですよね。それで、そこを改善すると、前進するわけ。

----
「テストって、さやか、嫌いだなー。だって、点数が出て終わりでしょ」
「そっかなぁ。僕は点数が出てからが始まりだと思ってる。だって、できないことがわかったら、そこからできるようにすればいいだけじゃん?」
「おー、先生、前向き。すげー。じゃー、さやかはこれからいっぱいできるようになるね」
そう言うと、さやかちゃんは、カラカラと笑いました。
---- 「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」(坪田信貴)

ほら、坪田先生も同じこといってますよ。いや、誰だって同じことをいうでしょうけどね。

だから、自分の間違いをまっすぐ見つめて、そこから抵抗なく吸収していけるならそれはすごい強みなんです。この本の「さやかちゃん」は基礎学力の「き」の字もない状態で高二夏、そこから劇的ビフォー/アフターで学力を伸ばしましたが、それを支えている力のひとつが「ボケとツッコミ」なんです。

----
「地動説って誰が唱えた?」
「コロンビア!」
「いや、それをいうならコロンブスだろ…しかもそれも違うし!」
----
坪田先生は生徒を「いじる」ことを常に心がけているらしいですが、特にさやかちゃんは「無知の極みのような解答を僕がいじっておもしろがった時の反応が、なぜか誇らしげで、うれしそうだった」のだそうです。「それで内心、「この子はいける」と、めちゃくちゃいじりながらの指導の日々が始まったわけです」。

変なプライドが邪魔して、間違いにキレる、目を背けるというのは大きな損なのです…ということを、本人がわかってたら話が早いんですけどね。

それと、そういう間違い直しスタイルを本人が受け入れるためには、親(先生)の側にも条件があります。それは、その子のよいところを認めていること、好きだということ、間違いに親(先生)自身がキレていなくて、修正可能なものだと思っているということがちゃんと本人に伝わっているということです。「こんな点数じゃダメだ」と見放すようなことを思っていて、ツッコミを受け入れてもらえるわけがありません。

「この子はいける」「この子はすごい」
と思っていて、キラキラ光る間違い(だって成長のモトですからね)に愛を持ってツッコミを入れてるってことが大事なんです。

最初、間違い直しに激しい抵抗を示したはなひめですが、最後はずいぶんスムーズになりましたよ。「笑い」まで到達することは少なかったですが、ちゃんと前進できるようになりました。


「アンダンテのだんだんと中受日記」総合インデックス

連載: 日経DUAL 「共働きファミリーの中学受験」
*第一回 共働きのメリットもある
*第二回 学童保育の次の居場所
*第三回 通塾開始時期、4年生と5年生の違い
*第四回 5年生「わやくちゃ」な中学受験にしないために
*第五回 「塾弁」よりも大切なこと 共働きの塾選び
*第六回 共働き中学受験 「塾弁」生活を乗り切るコツ
*第七回 中学入試本番シーズン 親の休みはどれだけ必要?
*第八回 共働き率の高い学校、低い学校はここが違う
*第九回 勉強を見てやる時間がない親が今日からやること
*第10回 受験勉強の「やる気」は勉強から生まれる
*第11回 中学受験、夫婦の役割分担はどうすればいいか
*第12回 子どもが宿題の答えを丸写し 親の対処法
*第13回 共働き中学受験 個別指導塾は使えるか
*第14回 子どもの勉強 親子のほどよい距離感は?
* ブックマークするならココ→日経DUAL「受験」カテゴリー記事一覧

インターエデュ
*みんなの中学受験満足度向上委員会 : 体験談インデックス

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2014-03-24 12:46 | 中学受験 | Comments(2)

模試は熱いうちに直せ!!   

模試の直しは早いほうがいいとは思うけれど、子どもが答えをメモってこないので、というご相談をいただきました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←もうすぐ春!!
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

模試の直しを当日に(というか、返却されないうちに)しようと思うと
・答えを問題用紙にメモってくる
・帰宅後に再現答案を作る
のいずれかということになりますが、本人がやろうと思ってくれないことにはいずれもできないわけですね。

テスト中は一分一秒が惜しいので写す時間なんかとりたくない!! …まぁその気持ちもわかります。
テストが済んだらゆっくりしたいので再現答案なんか作りたくない!! …その気持ち、めっさわかります(^^;;

ところで、なぜ急いで直しをしたいのかということですが、
そもそもなんで模試を受けるかといえば、真剣に問題を解いてみて、得点できるところ、できないところを明らかにする。そして、できないところの中から、ひとつでもふたつでも改善項目を拾っていくということですね。

うっかりしたならしたで、どういうときにうっかりしやすいのか知ってその対策を。
わかってない分野があればその穴埋めを。
時間配分がうまくなかったなら、配分作戦を立て直す。
問題が読み取れないところがあったのなら、どう考えればよかったのかを調べて、次に生かす。

そうやって具体的にしていこうと思えば、圧倒的に、「熱いうち」にやるのが得策です。
後になればなるほど、なぜ自分がこう間違えたのか!? わかんなくなります。
当日と翌日でも違います。当日と一週間後じゃほぼ別人です。
「熱いうち」であればこそ、「ここでこんなことしたのは悔しい~」という気持ちにもなります。

すぐやるのと、後日やるのを比べると、「直し」にかかる時間はむしろ延びてしまううえに、効果は減ってしまいます。お買い損です。

あと、日曜日に模試を受けたとして、その日のうちに直してしまわないと、翌日からは翌週のカリキュラムが怒涛のように押し寄せてきて、なにがなにやらわかんなくなってしまう、という現実的な問題もあります。

結局、直しをしないままほっておかれた模試なんて、受けた意味が半分以下しかないですからね。
つまり、「観測」はしたけど「改善」はしてないってことです。もったいなさすぎる。模試いっこ受けるのって、けっこう時間とりますからね。直ししない模試受けるくらいなら、家で基礎演習でもしてたほうがいいかも。

しかし、こじろうとはなひめが、ほとんどの場合「当日に直し」をしていて、この「モッタイナイ」事態を避けられていたのはなぜかといえば、日能研のDI採点システムのおかげです。答案はスキャンだけして、実物はさくっと持って帰らせてくれますから、再現答案を作る必要がないんです。

写してくるのも嫌、再現答案を作るのも嫌な「おこちゃま」が、とにもかくにもすぐに直しができる、という意味で、これはものすごく優れたシステムだといえます。

ただ、この便利なシステムがあるため、再現答案を作るスキルを育み損ねる、という面もあります。再現答案を作る時間は一見、無駄なようですが、その日のうちに再現して答え合わせから直しまでしてみると、「振り返り」がものすごく深くなります。自分が何をしたのかよくわかります。たまたま答えが当たったけれど怪しかった部分なんかもわかります。ほんとうは、DI採点利用でちゃらりと直しをするより、再現答案を作るほうがずっと優れた勉強法なんです。

DI採点なんて親切をしてくれるのは中学受験までです。高校受験、大学受験ではそんなものはないので(その上、模試の返却はやたら遅くなるので)、再現答案が作れないってことは、模試の振り返りがぬるくなっちゃうってことなんです。

そんなことをわかった上で、がんばって再現答案作ろうって気持ちになるお子さんは、要するに大人度が高いということです。少しずつ再現答案を作るようにさせようと思ったら、部分で区切って今回はここだけ、とかやってみて、効果を実感させるといいかもしれませんね(しかし、我が家での実験例はないので滅多なことはいえません)。

「アンダンテのだんだんと中受日記」総合インデックス

連載: 日経DUAL 「共働きファミリーの中学受験」
*第一回 共働きのメリットもある
*第二回 学童保育の次の居場所
*第三回 通塾開始時期、4年生と5年生の違い
*第四回 5年生「わやくちゃ」な中学受験にしないために
*第五回 「塾弁」よりも大切なこと 共働きの塾選び
*第六回 共働き中学受験 「塾弁」生活を乗り切るコツ
*第七回 中学入試本番シーズン 親の休みはどれだけ必要?
*第八回 共働き率の高い学校、低い学校はここが違う
*第九回 勉強を見てやる時間がない親が今日からやること
*第10回 受験勉強の「やる気」は勉強から生まれる
*第11回 中学受験、夫婦の役割分担はどうすればいいか
*第12回 子どもが宿題の答えを丸写し 親の対処法
*第13回 共働き中学受験 個別指導塾は使えるか
*第14回 子どもの勉強 親子のほどよい距離感は?
* ブックマークするならココ→日経DUAL「受験」カテゴリー記事一覧

インターエデュ
*みんなの中学受験満足度向上委員会

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2014-03-11 13:29 | 中学受験 | Comments(9)