<   2013年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧   

■私学、それぞれのカラー   

それぞれいろいろなカラーを持った私学の中から選べる、というのが、中学受験の醍醐味のひとつですよね。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←せっかくだから多めに学校めぐりしとくのがお奨め
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

公立中も、現在は選択性のところがあるようですが(うちの地域は違うけど)、中学校ごとに選ぶだけの違いがあるかというとなかなか難しい。たまたまいる校長、たまたまその年の生徒、組み合わせで左右されるものなので…

たとえば、男女別学? それとも共学?

女子校いろいろ回ってみて思うのは、私はやっぱり女子校が好きだなー、ということです。
女子校、最高!!(100%ガールズ) …ほとんどフェリスの話

女子校ってどんなところ?
スクールカーストと女子校

女子校育ちの、強みと弱み
「女子校育ち」ということ
恋愛下手!? 女子校育ちの弱点その1
空気読めない!? 女子校育ちの弱点その2

母親が男子校を見に行くと、ピンと来ないって危険があるかも? 人によるらしいけど。
女子校と男子校、わくわく度の違い!?

学校あれこれ
麻布の自由、JGの自由
武蔵の「ゆとり教育」
開成流の「自由」と、結果として東大合格する教育
灘の国語授業「銀の匙」
JG文化祭 - 変わること、変わらないこと
学校と宗教、そして歌
大学付属校もいろいろ
小入・中入・高入
ポリシーと、伝統と、そして集まってくる生徒たちがそれぞれの学校カラーを色濃く支えています。

学校比較について
東大合格者数と女子御三家
学校別生涯賃金期待値ランキングのからくり
サービスのいい学校
「出口がよすぎない学校」のイメージ
そして出口のいい学校の探し方

過去問にも学校の意図が表れます。
洗足2011算数解いてみた
洗足2011算数解いてみた(後編)
吉祥女子2011算数解いてみた(前編)
吉祥女子2011算数解いてみた(後編)
鴎友2011算数解いてみた(前編)
鴎友2011算数解いてみた(後編)
早実2011算数解いてみた(前編)
早実2011算数解いてみた(後編)
大妻多摩2011算数解いてみた
カリタス2011算数解いてみた
開成2011算数解いてみた(前半)
開成2011算数解いてみた(後半)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-10-31 12:53 | 中学受験 | Comments(4)

■偏差値を「読む」コツ   

偏差値という言葉はもう使われすぎて、いろんなニュアンスやら思い入れやらでこてこてになっています。単に集団の中の相対的な位置を示す統計数値にすぎないんですが…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←振り回されず、上手に「読んで」利用しよう
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

ともかく、現実問題、学習の指標とするにも、合格可能性の目安を知るにも、「この便利さは手放せません!!」というしろものであるには違いないので、うまく付き合っていかないとね。

塾に入って二年間、三年間と学習を進めていく中で、当然いろんなアップダウンがあります。
入塾後半年、立ち位置は予想できる?
五年から六年、平均偏差値は上がる?下がる?

模試のたびに偏差値を見て一喜一憂するな、とはよくいわれることですが、それでもやはり一喜一憂してしまうのが親というもの。ある程度はしかたありませんが、あまりアツくなりすぎずに推移を見守りたいものです。
模試の結果で「ほどよく」一喜一憂するには

「一回」の結果で見てたら誤差が大きいのは当たり前。でも、トレンドとして見て、なんか下がってる、下がりっぱなしとなればそりゃ気になる。そのときは…
偏差値が「底」の時期を乗り切る
原因を明らかにしたい。わかれば、対処のしようもあります。
ブレが大きすぎる子ってのはまた、頭がイタイんですが…
誤差というよりジェットコースターな成績をどうする

また、偏差値には、いろんな「伝説」がつきまといます。「女の子は後伸びしない」などもそのひとつですし…
女の子は後半伸びない!?

「六年後半はクラス内順位に変動がなくても偏差値が上がる」というものもあります。
これは、ひとつには駆け込み受験組や他塾(サピのことではなくて、もっと中小の塾)からの参入が、元から受けている子の偏差値を押し上げるという効果を指していると思われます。ただし、この効果はそんなに派手なものではなく、せいぜいあっても1~2ポイントというところでしょうか?

もうひとつには、全国的に上澄みレベルの、もともと偏差値70らへんを取っていた子の場合です。六年後半で問題が難しくなり、点差がつくようになると偏差値が「自動的に」上がるんです。問題が簡単なころには、いくらできても偏差値80とかは出ませんから。ただし、この効果については「だんご集団」の中にいる限り無縁ですけどね。


そして、偏差値を材料に合格可能性を「読む」ことに関するあれこれ。

数字どおりにいかない、番狂わせの要因になる事柄というのもあります。

模試の難易度による違い
模試の問題が簡単だとうれしい!?
模試の偏差値「解像度」の違い

これはほんの一例ですが、科目ごとの難易度に大きな変化があると、有利不利が分かれます。
難しすぎる公開模試国語(12/23)と偏差値精度

そういうときに、科目バランスが良いタイプの子なら良くも悪くも影響を受けにくいですが、バランスが悪い子にとって、得意科目で稼げない事態は致命傷にもなります。
科目バランスが悪い子の合格力

「データの日能研」は、相当細かいところまでわかるデータを開示してくれます。そのデータを読み解くためのあれこれ。
プレ合判の結果をいっしょに見る
プレ合判-登録してない学校の判定も見てみよう
上昇レンジと下降レンジ
祝! 白書データ復活!!(合格オン・ザ・ロード)
白書データの読み方
白書データを去年と比較してみる
「持ち偏差値」と「進学先偏差値」
日能研結果R4偏差値表を観賞する
予想R4偏差値と結果R4偏差値
結果R4偏差値で見る午後受験…午後受験の難易度は読みにくい
合格率からみる合格力!?

合格オン・ザ・ロード行ってきました
サピの「白書」データ

そして、一般的な模試でいう偏差値をものさしとしてみる限り、せいぜい合格可能性は「80%」くらいまでしか読めません。「その先」を求めるならば…
合格可能性80%じゃ嫌なんです

逆に、偏差値は足りなくても合格の目はあるか? と考えるときは…
逆転合格を目指せる根拠

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-10-30 13:11 | 中学受験 | Comments(4)

■曲がり角ごとに塾の面談   

振り返ってみると、節目節目で塾の面談に助けられてきたなと思います。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←百戦錬磨の室長先生、頼りになります。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

話題としては、国語だったり算数だったり、併願校だったり、いろいろなので、まとめの切り口としてはちょっと変ですが、塾との付き合い方、受験の流れをよく示しているかと思い、こじろうのときとはなひめのときの「面談」を並べてみました。

[こじろう]
こじろうのときは六年秋からのブログしかないので直接引用できませんが、関連する記事から、面談があったことがわかります。

五年生の年末くらいの面談。上のクラスの平均点あたりを取れるようになってしばらくしたころ、第一志望校についてと、クラスアップについて相談しています。このときの結論は「クラスアップさせましょう!」となりました。

六年生の五月の面談。ここをきっかけに、毎日まいにち「漢字語句」に取り組むようになったわけで、これは大きい。
漢字語句ノート10冊達成(^-^)

そして六年秋には併願ラインナップを決めるための面談があります。
第一弾は、ふだんの校舎の先生ではない人がする面談。主にデータ上から、客観的なアドバイスが行われます。
併願面談
さらに一ヵ月後くらいに、今度はいつもの教室の室長先生とやはり併願について相談。
併願面談ふたたび
この二回の個人面談はルーチンで、全員に対して行われるものです。

そのほかに、個人的にお願いして年の暮れも押し詰まったころにもう一回。
塾の個人面談

これは、受験によい流れを作るようにするために重要なポイントとなった面談だと思っています。こういうときに「すがる」ために塾はある!! という感じです。

この面談では、「受験の流れ」のような大きな話のほか、「社会のメモチェがなかなか仕上がらない」という相談もしました。そこで塾から助け舟を出してくれたというのがこちら:
暗記モノに勢いをつける


[はなひめ]
はなひめのときは、国語を担当する先生が…ベテランなんですけどとても変わった先生で、授業も宿題も破格だったため、面食らいました。入塾したてですが早速先生とお話し合い。
国語の授業、見学へ
国語の授業の中身
国語宿題アレンジの相談

そして、しばらく塾に通ってみてから、算数レベルがクラスに合っていないのではという相談。
クラス分けポリシーについて室長先生に聞いてみた
算数の予習についての考え方

その問題は、なんとなくだましだまし…すっきりした解決を見ないまま続いてきて、のっぴきならなくなってきた六年夏。
算数の授業時間がもったいない
観賞用と、演習用に分けて考える!?
そして結論は…

併願を決める面談が二段階になっているのは、こじろうのときと同じです。
数字からドライに併願面談、の意義
一月校組み立ての岐路
R4表に引かれた三本の線

はなひめのときは、一月校を除けば志望校ラインナップにあまり迷うところがなかったので、二段階目…室長先生との面談は、むしろ学習相談のようになっていました。
勉強意欲の源は、チャレンジ校とは限らない

このときまで、非常にいい流れで調子を上げているらしいはなひめだったのですが…
最終回の公開模試でどかっとやらかしましたので(^^;;
厄払い個人面談
旧年中に「厄」を落としておかねばということですがってみたわけです。

このとき先生がおっしゃったことはそのとおりになりました。「どかっと下げた」模試は、一月校の失敗と同じように、プラスにも効くということ。そして
> 「大丈夫、2/1に決まると私は思っていますよ(^^)」と先生。
この笑顔。

ということで、二回とも、信頼できる室長先生にお世話になることができて、ほんとうによかったです。

でも、信頼することと、うのみにすることは違います。塾の先生が詳しいこと、よく見えていることもあれば、そうでない部分もあるわけですから、親としては子どもと自分の家庭の都合に立って、先生のアドバイスを消化して取り入れればいいのです。過剰に振り回されないように。

塾の営業的都合
塾による志望校誘導ってある?

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-10-29 13:10 | 中学受験 | Comments(2)

■うっかりミスとうまくつきあう   

世の中には、ひどくうっかりしやすい人とそうでない人がいます。テストであんまり「うっかり」していると大幅に失点してしまいますから、これは大きな問題です。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←うっかり「体質」は変わらなくても「技術」があれば世界が変わる!!
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

「あてはまらないものを選びなさい」の罠
うっかり体質

もちろん、「うっかりミス」も含めて実力です。という言い方は正しいのですが…

ミスも含めて実力です…けど

理解不足と「うっかり」で、対処の方法が異なる以上、分けて考えるのは適切な態度なのです。言い訳をするためではなくて。

「以後気をつけます」なんて言い方がありますけど、漠然と「注意して」どうにかなるって話はほとんどありません。

うっかりするにはわけがありますので、うっかりしやすいところ(=しっかり定着していない、演習不足)を具体的に地道につぶしていくのも大切なところです。

うっかりするにはわけがある(計算)

それと、どうやってもうっかりはしてしまうとしても、テスト中に適切に「見直し」できれば、結果としての失点は避けることができます。見直しの上手下手で結果は大きく変わります。

「見直し」は、技術です。正しいやり方を知り、それを実施できるかに尽きます。

見直し行為の前提となるのが「紙と鉛筆」を適切に使えていること。
外部記憶/演算装置「紙と鉛筆」

そして、自分の特性をよく把握して、効果的なチェックを組み込むこと。
見直しの「技術」を磨く
ケアレスミスとの付き合い方

ミスが多いタイプでも、大きく不利にはなりにくいテストというのもあります。それを狙うんだって立派な戦略だと思います。

また、「見直し」をプロセスに組み込むためには、そのための時間のゆとりが必要です。つまり、処理スピードが高いことが正確性を作りこむための基礎体力となるのです。
スピードか正確性か
計算ミス対策: 速さを追求する

入試本番が近づいてきたら、本人の自覚を促しきっちり追い込むというのも効果的かもしれません。
ついにミスノート作成開始!

うっかりミスを防ぐためのよしぞうの実践はこちら:
計算ミス対策: もうひとつの視点を持つ!?

私が自分で公文をやりながらミス低減の方法を追究してみたという(^^;; ちょっとよそではお目にかかれない記事はこちら:
うっかりミスと付き合う
計算ミス対策: 公文の効果は??

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-10-28 12:40 | 中学受験 | Comments(8)

■何はさておき、計算と一行題   

中学受験をするということは、とりもなおさず、計算練習を毎日まいにちすることだと私は思っています。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←計算と一行題、漢字と語句を「積んで」いれば大きな間違いはない
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

計算が速く正確にできなきゃお話にならないから、ということでもあるし、
毎日まいにち積み重ねることがどうつながっていくのかをわかりやすく体験できる場であるから、でもあります。

だから、はなひめが入塾したときはともかくまず「計算と一行題」という教材の消化を軌道に乗せることを考えました。

計算力向上、まずは「見える化」
スピードと正確さを記録することで、本人に努力の方向が見えるようにします。
計算一歩一歩
まじめにやると、けっこう1~2ヶ月で改善されてくるものです。

数とおともだちになろう

だんだん、数が「ぱっとみえて」来るようになると、見通しがきくようになります。また、計算の「おっくう度」が下がります(^^;;

間違えたものは、その場で修正するだけではなくて、必ず後日再チャレンジして、確実につぶしていきます。
「うっかりするにはわけがある」もので、ミスしやすいものは特に念入りに練習しておく価値があるからです。

計算ミス対策にも、やっぱり穴埋め!!


計算と一行題を重視するのは、簡単な問題を落とさないためだけではありません。ごくごく簡単な問題がすいすいすらすらできるようになると、不思議とはるかに難しい問題がすっと解けるようになるからなんです。
算数苦手女子の霧が晴れるとき
「計算と一行題」で化学反応を起こそう

教材ですが、「計算と漢字」というのが日能研スタンダードでありますが、「一行題」部分が弱いです。はなひめの通う教室ではそれを補う、手作り感あふれる教材が配布されていたのでそれを軸にやっていたのですが。
「計算と一行題」の教材
補足: 「計算と一行題」問題レベル
理想の「計算と一行題」を夢想する

「計算と一行題」重視は、算数苦手女子の専売特許じゃありません。
こじろうも、とにかく毎日計算すること、ミス問は再チャでつぶすことは確実にやっていました。2月1日の朝まで。
算数偏差値70への道も60への道も
ただ、ほんとに「やってるだけ」で、途中式の書き方までは踏み込みませんでした。踏み込まずに済んでしまったというか。いいことかどうか微妙ですが。
暗算したがる人々

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 4点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-10-27 10:12 | 中学受験 | Comments(2)

■個別塾(ユリウス)活用法   

というわけでまとめシリーズ第一回。はなひめのユリウス体験と、個別塾活用の考え方をまとめてみました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←関連記事探すのが大変なので、検索しやすい話題からぼちぼち
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

ユリウスに行かせることを思い立ったのは、もうすぐ六年生カリキュラムが始まるというころ。
ユリウスってありでしょうか
体験授業に行ってみたら、感触よし。
親のいぬ間にユリウス
ユリウスのある生活
長期休み中、追加コマをどのくらい取るかで悩む…春休みは短いけどね。
ユリウスの春期講習
ダブル春期講習、始まる。
夏休みは、もっと長いから、どーんと使いでがある。
ユリウス個人面談つまり夏期営業
ユリウスの助けを借りて天王山へ。
こちらの意図を率直に紛れなく伝えるのが吉。
ユリウスの活用方法、わかってきた

秋に学校が始まると、もう残すところ半年。そろそろ自分で勉強できてほしいし、往復時間ももったいないのでユリウス卒業。
ユリウスやめます
これならユリウスなくても大丈夫かな?

夏休みはほんとうに、ユリウスに助けられました。親がいなくて、リビングではお兄ちゃんがゲームをやってたりという状況で、ひとりしっかり勉強するのは難易度高すぎるので…
朝の比較的涼しいうちにユリウスに行ってひとコマ見てもらい、長めに自習室を活用して計算・一行題・漢字・語句・メモチェ。実はこの自習時間がとても大事だったような気がします。

ユリウスに依頼する内容は、極力わかりやすく、書いて渡すとよいです。自習の監督をしてもらうのが基本と思うとうまくいきます。テスト直しのような高度なことを頼むのはうまくいかないこともあるかも。
解けない問題

個別塾をどういうときに、どうやって活用するか。
ユリウスにお願いしたくなるとき
夏の個別塾使いこなし
任せっぱなしでうまくいくとは思わないほうがよいです。
個別塾の落とし穴
個別塾の落とし穴~自学自習時間は取れてる??~

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 4点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-10-26 14:06 | 中学受験 | Comments(6)

まとめにかかります。   

諸般の事情から、このブログの更新を11月末くらいでストップしようと思っています。
(ほかの場所で書く予定がある、などです)

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←自分でも何の記事がどこにあるかわからないくらいなので
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

せっかくこれだけ長く続けてきた中学受験ブログなのに、最後のあたりの更新が大学受験の話やら百人一首の話やらで埋まっていると、なんのこっちゃという感じなので、ラスト一ヶ月を使って「中学受験の話題に限った」インデックスページを作りたいと思います。

話題ごとに1つの記事を作って、関連記事へのリンクと、今現在から見たコメントを書きます。

・中学受験か高校受験か
・私学の価値
・塾選び、通塾開始時期
・毎日まいにち「積む」こと
・弁当
・偏差値、模試
・クラス昇降
・やる気スイッチ
・学校の宿題
・習い事
・算数
・計算と一行題
・国語
・漢字
・理科
・社会
・スピード、集中
・うっかりミス
・志望校選び
・説明会、文化祭
・面談
・個別塾
・志望校対策講座(後期日特)
・過去問
・受験校ラインナップ
・塾友、ママ友
・入試本番

書いてるうちに項目は変わってくるかもしれないけど…

こんな感じでだいたい一ヶ月分かな?

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 4点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-10-25 08:57 | 中学受験 | Comments(12)

大学受験昔々: 備えあれば憂いなし。   

中学受験のときの反省に立ち、まじめに「志望校対策」をしようと思った私。

  にほんブログ村 受験ブログへ←「大学受験昔々」最終回
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

過去問はちゃんとやろう!! ということで、東大理系と早稲田理工、いずれも青本買った。ちなみに、よしぞうは青本のことを知らず「青チャートじゃなくて?」とか言ってた。青本ってのは、駿台発行の過去問集で、赤本より解説がよかったんです。

元々、駿台で通ってるコースは、そのまんま「志望校対策」みたいなものだから東大はいいとして、早稲田は自分でやらないとね。それで、自分で時間を計ってやってみますと、これが!!

すばらしい~!! ちょうど私にとってベストな難易度にピタッとつけてくれる感じで、英語も、数学も、物理化学も、隅々自信を持って解ける。特に数学が、これ以上難しくなると私には解けないという、絶妙なライン。英語は、けっこう細かいところを聞いてきて、難しいんだけど、こういうの、私は得意なのだ。

採点してみると(記述が少ないから採点は簡単だ)、模試の偏差値から予想するあたりをはるか上回り、めちゃくちゃ余裕あった。早稲田が私を呼んでいる~

でも、油断しちゃいけない、と過去の失敗から学んでいるから、どの年度もどの年度も丁寧に消化した。どの年度でもすごくいい出来だった。

ここまで気合い入れてやってるのに(第二志望)、第三志望以下は過去問集を買いもしなかった。買わなくてもせめて、本屋で立ち読みでもして一度は見るべきだったと思う。今の私ならぜったいそうする。


上智理工の入試は、特に波乱なく…でも、上智ってほら、おしゃれなキャンパスのイメージあるじゃない?? それが、理工の入試会場は全体に「むさい」感じで、男の子同士の雑談が漏れ聞こえてくるんだけど、それがぜんぜんいかしてなくて、つまんないなーと思った。いい男いないなって(カオのことではないです)。たまたまなんだけど、印象よくなかった。

慶応理工は、筆箱忘れという思い出深い入試になった。朝、行く途中ではまだ、筆箱を忘れたことに気づいてなかったんだけど、そのときになにげなくもらった「駿台鉛筆」が奏功した。午前中は、かばんにたまたま入ってたボールペン一本で下書きをし、解答用紙に転記するときは駿台鉛筆を使った。駿台鉛筆のお尻に消しゴムもついてたからなんとか。

昼休みにいくつかの教室を見て回って、友達に鉛筆借りた(^^;; 鉛筆騒ぎが印象深くて、中身のことは記憶にないけど。とにかく帰ってくるとき、日も高いうち(3時台?)に大学を出たのに、家に着いたときはすっかり暗くて、こんな遠いところは無理だと思った。

早稲田一文は、小論文という初体験のテストがあったけど、これはもう天然でいける。時間配分も構成も迷わずすんなりバッチリ決まって、字数もほとんどピタリ。英語も問題なし(文系でも早稲田とは相性良し)。ところが国語。。

現代文はいいけど、ページをめくったら手が止まった。文学史…!? (理系の国語にはなかった)
一問もわからん。でたらめに選択して次へ。

古文も難しい~本文はとらえどころがなくて理解できない。一瞬焦ったけど、設問の一つ目を見たら、「登場人物は何人か」。その視点で見たら、突然氷解して、内容もわかった。あとはすんなり解けた。ふー。

漢文のページを開いてまた手が止まる。白文じゃん(o_o) (理系の国語にはなかった)
これまた、本文は徹頭徹尾意味不明だったが、設問を見るとちゃんと答えがわかった。いやー親切設計だ。

早稲田理工は、家で練習したとおり。視界が隅々までクリアになったかのように、出題者の意図とばっちりの一体感があって、確信を持って解けた。気持ちよかった。コンピュータミス以外では落ちないと思った。

東大は、英語は思ったより簡単でこりゃまずいと思った(今から思えば、よしぞうを救った恵みの英語)。
でも数学が思ったより簡単で三問くらいいけた(六問中)。理科はふつうかな??
受かったという確信が持てずに終了…

結果としては全部合格したけれど、早稲田一文はほんと危なかった。やはり一番自信が持てたのは、一番相性もいいうえに本気の対策をした早稲田理工だった。備えあれば憂いなし。過去問くらい見て行こう。そして筆箱も忘れずに(-_-;;

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 4点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-10-24 13:01 | 大学受験 | Comments(4)

一点刻みの選抜…いいと思う。   

ペーパーテストで入試をやると、「一点」の差で合格と不合格の分かれ目になることもありますが、そのことをどう思いますか?

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←どう切っても切れ目に誤差はつきもの。その中で現実的な解決策は?
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

ま、例えば、一日四科目でテストをやって500点(日能研の公開模試をモデルにしてみました)。その、351点のAちゃんが合格で、350点のBちゃんが不合格。

AちゃんとBちゃんの二人に、本質的な差があるのかっていうと、別にそうも思いませんね。似たようなテストを次にやったときには、逆転してるかもしれないし。

要するに、何か測っている「実力」というものについて、一回のテストでいう「一点」の差は、かなり、「誤差」に埋もれるようなレベルですね。

でも、じゃあ、そんなので合否を決めるのはけしからん、といって、人数でそのまま切った場合のボーダーラインの、上下10点分の人は全部ひとまとめにして、あとはくじ引きで決めますって言われたら、どうです?

…え…それはちょっと…違うんじゃないかな?? 結果、本質的な差はそんなに大きくないかもしれないけれど、少なくとも、改善されてはいない。点数で切るほうが、まったくランダムよりは、ましな気がする。

じゃ、その、ボーダーラインブロックにいる人は、面接をして、「人物」で決めます、って言われたら??

…え…それはちょっと…その「人物」評価が納得できるかどうかによるかな??

まぁそのへんの意見というか感じ方は、人によって違うかもしれませんが。私は、一発ペーパーテストの一点勝負ってのはけっこういいなと思ってます。
・お互い、簡便です。
・ともかくなんとなく公平です。
・透明性高く、納得しやすい。
という運用上のメリットがありつつ、それでいて
・学校が求める人材を、かなり精度良く集められる。
と思うんです。

学校が求める生徒像…そういうものにあてはまる子がなるべく得点できるような、「よいものさし」となるテストを作成して、解いてもらう。きちんと採点して、あとは上から機械的に合格判定。

「誤差」がないわけじゃありませんが、入学させてみて、ちゃんと似合う子が集まっている状態になるわけです。少なくとも、くじ引きとかよりはずっと。

もし「誤差」を減らしたければ、数回のテストをやって平均で競わせてもいいですが…実務上あまりにたいへんなのでふつうはやらないですね。一回勝負のテストでもそこそこ狙ったところを取れているので、それ以上ややこしくしないといえるかもしれません。

私はそんなふうに考えているので、教育再生実行会議とやらで「一点刻みの選抜にならないよう、結果はレベルごとに段階表示」といっているのを見ると、もう違和感いっぱいでむずむずしてしまいます。
センター試験廃止へ…2段階「達成度テスト」に ←読売オンライン

何考えてるんだろうな~?? と思うんですけど、たとえば議事録を見ると、委員さんの中にはこんな考え方があるそうです。

---教育再生実行会議(第12回)議事要旨
(加戸委員)
大学入試センター試験はあまり信用されていないのかと不思議に思う。これは、人事院の国家公務員試験は信用できないから、各省が独自の問題で、難問化して選んでいるようなもの。なぜそんな無駄なことをするのだろうなと。大学の大義名分を理由にしても、極論すればそういう話。そのことが高校教育を歪めている。もちろん面接その他の多様な選抜はいいが、学力に関して独自で付加的なものをやるのはいかがなものか。
ただ、大学の学部によって、英語の点数は三倍にする、数学は零点でもいいよとか、いろんな選択の方式はあるとしても、少なくとも学力に関するテストとしてはセンター試験あるいは到達度テスト、公的機関が英知を集めて作ったものを信用されたらどうか。それ以外に独自のものとして人材を選別する手段、技術があるのか不審に思っている。
そういった点で、入試センターの改良も必要であろうが、それに付加するもの、理屈のつかないものはなるべく少なくしたらどうか。
----

いやもう、東大でも京大でもいいから、入試問題解いてみてからいってよ。求める人材に合わせて、センター試験とは違うものさしがちゃんとペーパーテストで用意できるってことが、わからないのかしらん??

信用するとかしないとか以前に、違うものさしなんだよっ!!

開成と麻布と武蔵が共通入試問題を使ったらびっくりだよね!?

よほど作問能力に自信のない大学が多いのかねぇ…


すっきりした入試をやるのは、中学受験だけになっていくんでしょうか??

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 4点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-10-23 22:33 | 中学受験 | Comments(20)

大学受験昔々: ガチガチ併願作戦   

元々のイメージはあくまでも「早稲田大学理工学部」だったこともあって、駿台では「東大」を冠したコースに通っていながら、そんなに「なにがなんでも東大」とは思っていなかった。

  にほんブログ村 受験ブログへ←文学部行ってたらどんな人生だったんだろう?
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

むしろ、なにがなんでも早稲田は落としたくない、と思っていた。

併願を組むとき、偏差値表のようなものはあった記憶があるんだけど(日能研ならR4表とにらめっこするみたいに)、それで、いったいどの大学のどの学部が偏差値いくつだったとかまったく記憶にない。

それに、偏差値いくつとかいっても、科目数も問題の傾向も違う東大と早稲田じゃ、数字で比べるのとはまた違うと思う。偏差値表見ているだけじゃ、安全度はなかなか測れないよね。

模試などのデータ上では、早稲田の理工学部は十分行けそうに見えた。

…けど、だからって受かるとは限らない。というふうに、中学受験全落ちの経験がある私は考えた。

やっぱり、入試科目に数学があるとなんだか安心できない…

だから、数学のない、第一文学部を受けよう。
(おいおい早稲田ならなんでもいいのかよ、と今の自分からツッコミを入れたいが届かない)

第一文学部の入試科目は、英語・国語・小論文で、これなら磐石だと思った。
(ほんとはそんなことなかった。文系の国語は理系の国語とちょっと違う)
その前の年までは、小論文ではなくて数学と社会の選択だったらしい。数学がなくなったとはラッキー♪

親も、なるべく国公立にいってちょうだいとかそういうこだわりは一切なく、とにかく一点だけ厳命:
「浪人はダメです」(女の子だからね)

その点に関しては私も異論はない。一年余分に受験勉強をするなんてまったくやりたくない。
だから、ガチガチに早稲田二つ並べてるのよ。これで大丈夫だよね?

しかし、親は私のことを信頼しなかった。なにしろ中学受験のことがあるから信頼を失っていたのだった(-_-;;

それで、慶応と上智(いずれも理工学部)も受けることになった。私はあまり気が進まなかったが、「受験に絶対はないでしょう」と親に言われれば反論のしようがない。

それで、
上智(理工)→慶応(理工)→早稲田(文)→早稲田(理工)→東大(理二)
という、ゴージャスコースの受験ラインナップができあがった。

どうゴージャスコースかというと、慶応(理工)の払い込み締め切りが早稲田の発表の一日前なのだ。東大に進学する場合も、慶応に払って、早稲田に払っていかなくてはいけない(25万ずつ計50万)。

しかしスポンサーのご意向であるから、そこは私が反対するところではない。私の親はとにかく、教育費に関して物惜しみはしなかった。ただのサラリーマン家庭なのにね…ほんと贅沢に育ててもらいました。

ところで最近の大学受験と比較して思うんだけど、こうやって併願を考えるときに、親にはもちろん大学受験の知識はなし、JGの先生にもまったくなし(^^;; 駿台にはあるんだろうけど面談とかした覚えがない。当時はそういうものだったのだろうか??

それと、オープンキャンパスに行くとかいうこともなかったので、行きたいとか行きたくないとか、すべて紙の上(情報のみ)のことである。ずいぶんテキトーな時代だったよねぇ…

でも、今よりずっと大学入試がシンプルだね。AOとかセンター利用とか言わないし。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 4点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-10-22 12:55 | 大学受験 | Comments(14)