<   2013年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧   

体育会系中学受験   

ところ変われば、というか、地域によっても中学受験の「ノリ」はけっこう違うようです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←ほんとはもっとぬるくやりたかったの(^^;;
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

ごく大まかにいって関西の中学受験は、関東よりガンガンやらせるのが主流らしくて、
・塾の拘束時間が非常に長い
・受験当日の応援が派手!?
というようなことも聞くし、あとは

・塾での飛び級
・入試直前は学校休んで塾
というようなことも関東より関西でよく見られる、とか。

実際のところ、どのくらい違うんですかね? もちろん関西といっても広いから、地域により塾により人により、ということになるだろうけど、まとめてザックリ言うと傾向の違いはあるんでしょう。

「関西圏中学入試 玄人思考のブログ」を時々読むと、びっくりすることがいろいろあるんだけど、
「なぜ夏休みの計画は計画倒れに終わるのか?」の記事では
> 時間が足りなければ、まず休憩時間を削ります。トイレ以外の休憩は必要ありません。
> 塾の移動時間は勉強時間にあてます。
> テレビとかゲームはもってのほか。読書の時間も削ります。
> 食事時間はなるべく短くします。お風呂の時間もシャワーだけにすればかなり短縮できます。
> それでも足りなければ睡眠時間を削るしかありません。
とかを読んでのけぞり、

「間違い直しをしてはいけない」の記事では
> 「間違い直し」なんて甘いんです。
> 1つでも間違えたら全部やり直すくらいの覚悟が必要です。
> それくらいハードルを上げれば、うっかりミスなんかしなくなります。
> 何度もやり直すのが嫌なら、1回で覚えようとするのです。
を読んで本格的にカルチャーショック(o_o)

関東でも、たとえばサピ生活は非常にハードと聞きますが、なんというか、もっとクール? 体育会系のハードさとかエイエイオー的な根性論の話は聞きませんよね。効率を求めるし、親による取捨選択が大事なんてことも言われるし。

それでまぁ、ノリの違いというのは、正しいとか正しくないとか、そういうことではないのですが、合う合わないというのは、そりゃもう、ありますよね。受験後の生活、もっと広くいって将来への影響とかそういうややこしい話はおいといて、純粋に、中学受験で最高の結果を出すのに「どの程度のノリでやると最適か」ということは、子どもの性格、能力、体力、家庭状況や志望校や、そういったもろもろの条件によっても違ってくるでしょう。

私の想像というか感覚からいうと、きっともっとずっとぬるいところに、大多数の子どもの最適解があると思うんですよね。ガシガシにやらせることで、よりよい結果が出ることがあるとしたら、

最難関入試(N60付近ではなく、70近くの)に、入れるか危ないかくらいのボーダー付近の子どもで、かつ、体育会系のノリに馴染む子。

かなと。何をやってもやらなくても、スコーンとできちゃう子は、そもそもそんなガリガリやらせる必要ないし。やらせようがやらせまいが最難関に届かない子、あるいは、最難関を目指さない子だったら、そこまでしないところに最適解があるだろうし(無理にやらせたらつぶれる、こじれる)。

…と、思うんだけど、これは私が(それと、私の子どもが)ヘタレだからなのか?? ガシガシ系で中学受験を成功裏に終えた人は別の感覚を持っているのだろうか。

わが家程度の中学受験だって、小規模塾や自宅学習でのんびりやらせた人からみれば「あそこまではしたくないわ」かもしれないし。

まぁ結論はないんですけど…それぞれ、好みに合わせた「ノリ」で受験ができたらいいのに、とは思います。地域とか、たまたまある大手塾とか、そういうことで規定されて、なかなか調節しにくいんですよね。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* あれ、また在庫なくなっちゃった「通常1~4週間以内に発送します。」
[PR]

by an-dan-te | 2013-07-31 13:31 | 中学受験 | Comments(16)

見直しの「技術」を磨く   

大人にとって当たり前でも子どもにとってはそうでないことっていろいろありますが、「見直し」ってどうやるのってのもそのひとつかも。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←うっかりミスの失点もったいない、と子ども自身が思うかどうか
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

算数で、全部解こうとして難しい問題に玉砕するよりも、5分残して大問1の計算くらい見直しなさいよ、っていったとして。

そうか見直ししなきゃね、って素直にやってたとしても(←そもそもなかなか素直にやってくれないんだけど)、ただ「もう一回計算する」ってやってたり。

再度同じやり方で計算するというのも、まったく「見直し」じゃないかといえば、そこまでいうつもりはないです。実際、あぁそうそう、と気づくこともあるかもしれないけれど。
・時間がかかる。
・同じ人間なので、まったく同じように間違えて同じ答えに到達する危険がある。
・二度目が違う答えになったとき、ぶっちゃけどっちが正しいかわからない(^^;; (三回目をやって多数決する?)
…などの欠点があります。

ならどうするか。よく実務上使われている手は、「別の人がチェックする」というもので、ある人が書いた文章を、別の人が読めばタイプミスなんかも簡単に気づくとかね、要するに翻訳した人と別の人が校閲する決まりにしておくとか。そうすると、アホみたいなことをやってたときには「なにこれ」って話になるんです。

でも、テスト中に見直しするときはそういうわけにいかないんで、「同じ人間だけど別の目で見る」のがいい。

翻訳だったら、英日を一文ずつ照らし合わせて、もう一度翻訳するつもりで引き比べていって気づかなかった重大な誤訳に、日本語だけ通し読みしたらすんなり気づいたなんてことがあるものですが、そんな感じで。

簡単な話ですが、もし「逆算」の問題だったら、もう一度同じ逆算を解くのではなくて、四角に自分の出した答えを入れて計算してみるでしょ。ストレートに計算する問題であれば、「概算」するという手もあるし、自分がプラマイをよく逆にすると思えば、そこだけピッピッと確認していくという手もある。

算数に限りませんが、聞かれていること(とその条件)に合っているかを確かめるとか、転記ミスがないかどうかチェックするとかもいいかもしれませんね。

ひとつひとつの「チェックの仕方」は、「技術」です。そのレパートリーを少しずつ広げる…

そしてさらに、自分のやってしまいやすいミスの傾向や、問題の性質、時間の切迫度などに合わせて、その技術を最適に組み合わせることができれば理想だけど(^^)

さかのぼって、チェックをしやすいように一回目の解く作業をすることを考えれば、さらに進化します。算数なら、基本は今書いた数字が何なのかをメモるということ、あるいは自分に読める字で書くということ(笑) そのほかにもいろいろあると思いますが。

「見直し」を上手にできるということは、こういった「技術」の積み重ねであって、「見直ししなさいよ」の一言で、ただ本人がヤル気になればできるというものではありません。

しかし本人がヤル気にならなくてはそもそも身につけられません(-_-;;

「自然」にはなかなか、小学生のうちに内発的にできてゆくものじゃないと思います。もし大人が具体的なヒントを適切なタイミングで出すことによって、少しずつ見直し技術の効果が実感できて、自分でも意識して取り組むようになったとすれば、それは中学受験なんぞはるかに越えて、大人の仕事を支える財産になりますね。

そんなおおげさなことじゃなくて、ちょっとした技術のいくつかでも、まずは中学受験に役立つことと思います。とにかく、アドバイスは具体的に!! 「次回気をつけます」という精神論は何も生みません(^^;;

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3冊在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-07-29 11:49 | 中学受験 | Comments(9)

自分視点で書く読書感想文!!   

子どものころ、作文も苦手だったけど、最悪なのは読書感想文というやつ。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←感想文の宿題ある?
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

あれはほんとにキライで、「感想」…私、いったいどう感じてるんだろう!? 考えれば考えるほどわからないや(^^;; みたいな。ま、テキトーにでっちあげて出してはいたように思うんですが、書いててもつまらなかったし、読むほう(先生)もそりゃつまらなかっただろう。ロクに読んでなかったかもしれんけど。

しかし月日は流れ(ウン十年)、人は変われば変わるもので、今や読書感想文というか本の紹介文というか、そんなものを自主的にブログ記事として書くようになりました。

私が本を紹介するとつい買ってしまう!! という声を聞いたこともあります(笑)。

というわけで、書いて楽しい、読んでおもしろい読書感想文の書き方(先生が気に入ってくれるかどうかは知りません)をご紹介します。

「感想」という言葉に引きずられると、つい「おもしろかったです」とか書かなきゃいけないような気がしてしまいます。ここは「感想」という言葉から離れて
・自分はこの本をどう読んだのか
・この本は自分にどう響いたのか

の二点を書くものだと割り切ってみてください。

例を挙げてみましょう。「のだめカンタービレ」の感想文として私はこんな記事を書きました:
もう一度読む「のだめ」-音楽でつながる瞬間
この漫画は二桁巻数ある長大なもので、ストーリーを「要約」していったらそれだけでいくらでも長くなっちゃう。そんなもの知りたきゃそれこそ自分で漫画を読めばいいんです。誰が漫画の要約なんか読みたいかね(^^;;

そこで、ズバッと自分にとって一番印象的なシーンを紹介してしまう。要するに、自分にとってこの作品の価値がどのポイントにあったのかということです。

この漫画を読んで私がいちばんわくわくするのは、なんといっても「音楽でつながる」ということなので、のだめと千秋の出会い、そして関係の深まり(音楽シーンを通じて)のことを書きます。本の紹介としてはこれだけで、あと全部割愛しちゃっていいんです。

それで、そういう本(この場合漫画ですが)を読んで自分にどう響いたのかというと、音楽でつながる人間と人間の響き合い、その「濃さ」と、その一方で、その濃密さがかえってあやうかったりもする男女関係というものに思いを馳せてしまうってことです。だから後半はその話。最後はまさに感想で「おい大丈夫かよ」でまとめます(笑)

…ね。簡単でしょ(^^)

あ、なんだか子ども向けじゃない例を引いてしまいました。では別のもうちょっとまじめな例を…

「ゴミにまみれて」(坂本信一著)

この本は、清掃作業員(市のゴミ収集車に乗っている人)が書いたものです。私はこれを読んで、とにかく、あれもこれも「もったいない」と思ったんです。
捨てられるゴミのもったいなさと、
ボロきれのように擦り切れていく人間関係のもったいなさ。

この両面で切り取るところが私の読み方、視点ですね。そして、そのどうしようもない状態から、プラスの面を見つけて進んでいこうとする著者に対する賞賛の気持ち。

どうしようもない状況の中でも人間としてやれることというのはあるものだ、とか、そのへんどんどん言葉にしていくと、わかりやすくもなり、クサくもなり。だから私はここで「私も、置かれた状況の中でやれることをがんばろうと思いました。」なんて書かないけれども、まぁどの程度の表現をするかは各自のセンスでやるとして、とにかく自分にとってどう響いたのかを書く。

この記事に対しては、後日、著者自身がコメントをくださいました(検索で見つけたそうです)。ものすごく喜んでくださって、このコメント自体感動モノです。私もほんとうに記事を書いてよかった!! と思いました。感想文書くと、ちゃんといいことあるじゃないですか(^^)


その他
体育会系音楽集団「すいぶ」
「オウムからの帰還」を読み、帰らない級友を想う
IT翻訳者に向くのは理系?文系?

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3冊在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-07-26 13:35 | 中学受験 | Comments(6)

他塾教材を併用するメリット   

かるらぴぃさんから貸してもらった教材の中に、「年表トレーニング帳」(サピックス小学部、代々木ライブラリー)っていうのがあったんだけど…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←社会、苦労したよねほんと
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」で立ち読み感覚

これが、たいへん優れもので。パラッと見て、ひと目で気に入ってしまいました♪

何がいいかというと、まず前半は、タイトルのとおり書き込み式の年表で、
・左ページが年表。たとえば、「【   】が征夷大将軍になる→江戸幕府を開く」のように、覚えるところが空いている。
・右ページはその関連項目について、簡単な記述の練習になるようにまとめてある。
---
江戸幕府がキリスト教を禁止したのはなぜでしょう?
1. キリスト教の教えが、_____________と合わなかったため。
2. キリスト教の布教を通じて_______________おそれがあったため。
3. 信者が_________________おそれたため。
---
というような。
(後半は、政治史、外交史、文化史など別のページ。これがまた、よく練れた内容です)

それで、一回書き込みして、答えを見て補足修正したら、ブランクページがなくなってしまうわけですが、そこでですね。はさみこまれている解答の別冊子は、ページの縮刷に赤で答えを記入した形になっていて、赤シートで隠すと何度でも練習できるんです。

書いてある内容は決して欲張ったものではなくて、確かにそれは必要だろうというものによくまとまっていると思います。とにかく、レイアウトがぱらりとしていてしつこくなく、やる気の出る密度のページデザインになっているところがたいへんよいです。

かるらぴぃさんのところは、これと、メモチェ社会を両方やったのですよね。ところでわが家の場合、社会は苦手で余裕がなくて、結局、メモチェ社会もあまり覚えきらなかったのですが、それなら他塾教材に手を出さずにしぼったほうがいいかというと…

必ずしもそうではないと思います。

社会で何が問題だったかというと、覚えてもまた忘れる、なんかしっくり来てないというか話がつながってなくて、自分の中で徹頭徹尾無価値で無関心で納得がないから定着しないわけですよね。それで、ようやく第一志望校の過去問をやるようになって、歴史や地理もほんのちょっと覚えやすくなったというようなことがありましたが。

角度を変えてまとめてみるというのは、その、べらぼうに足りない「納得」をベースアップするのに役立つと思います。そう、私が「歴史スペシャル」の日を設けて、はなひめといっしょに大汗かいて手作り年表を作ったように。

あれは「特別感(イベント)」という意味ではまぁよかったかとは思うのですが、費用対効果(^^;; として考えればいまいちで、こんなよく出来た書き込み式年表があるなら、これを使った同趣旨のスペシャルデーのほうが効率はよいですね。

これをひととおりやってからメモチェ社会をやったとすれば、二冊だから二倍の時間がかかるというものではなく、むしろどんよりした時間が減って、頭の中の整理も進むでしょう。イメージ的には1.5倍の時間がかかって2.5倍の理解が進むというような(勝手な想像でいってます)。

これに対して、算数で教材を絞ることにこだわるのは、難しすぎる問題に手をつけないことのほかに、ピンポイントで繰り返す効率を求める意図があるからです。新しい問題集に手をつけたら、また解ける問題も含めて全部やるハメになりますが、繰り返しだったら怪しい問題だけを個別撃破できます。そのために、全分野で漏れがなく、バランスよく、できるだけコンパクトで、難易度的に無理がなく無駄がないものが一冊、ほしいわけです。

ただし算数の場合も、どうしてもそれで理解できない分野が残ったとすれば、別の教材で同じ分野の問題のところからやってみることが突破口になるかもしれません。

ということで、歴史が苦手で全体が「ぼやややーん」としているならば、あえて社会メモチェの前にサピックスの年表教材で一気におさらい。お勧めです。

さらに、かるらぴぃさんは、「日能研とサピの両方で取り上げられているものは超重要事項」という推測のもと、重複するものに印をつけて念入りチェックしたりしていたそうですよ。行き届いてますね。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓ 売れても私には印税一銭も入りませんが。
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 何冊か売れたらしくて「通常1~4週間以内に発送します。」になってます。古本…あらだいたい売り切れちゃった。
[PR]

by an-dan-te | 2013-07-25 13:28 | 中学受験 | Comments(20)

個別塾の落とし穴   

大手塾は、カリキュラムも教材も先生もしっかりしてることが多いけど、そこに漠然と(親は月謝を出すだけで)通わせててうまくいくとも限りません。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←併用で個別塾なら危険は少ない
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」がついた!! * レビューひとつ増えた!!(^^)

授業がしっかり吸収できて、家庭学習もきちんと有意義にこなせて、学習のサイクルとして噛み合っていて、着実に「積んで」いけるのかどうかって、けっこうマメなモニタリングと軌道修正が必要なことが多いですよね。よほどの出来杉くんか、よほどその塾が性に合っているとかでなければ。

それはやはり、大手塾では、ひとりひとりの性格や家庭での状況まで含めて把握したフォローってのがなかなかできないからであって。

それならば、個別塾というのはどうかというのを考えてみます。

個別塾といってひとくくりにできないほど千差万別であることはいうまでもないので、ここではビジネスの構造上の特徴を考えてみましょう。

大手塾は、ある子どもがいったん入塾すると、受験まではそのまま続けることが多いし、その子どもから払ってもらえるトータル金額というのは、あまり大きく変動しません。せいぜいが、ちょっと夏期講習にオプション取るかどうかくらいで、大勢に影響ありません。商売上の都合からいうと、もちろん途中でやめられちゃうほど嫌がられる事態に陥らないのが最重要ですが、次に重要なのは、子どもの学力が向上して、しっかり合格実績を稼いでくれることです。それが商売の明日につながるのですから。

一方、個別塾の場合だと、ある子どもがいったん入塾してからも、受験までに支払うトータル金額は大きく変動する余地があります。コマ数を増やしてくれれば、あるいは、上位ランクの先生のコマを取ってくれれば、売り上げが大幅に増えます。

それでは、お客様が、コマ数を増やしたり、上位ランクの先生にチェンジしてくれたりするのはどういうときですか?

成績が順調に推移して、志望校に無事届きそうだ、この個別塾よかった、と思うときでしょうか。
成績が上がらず(あるいは下がり)、このままではまずい、どうにかしなければ、と思うときでしょうか。

前者も、商売的に悪くないことだといえます。信頼され、受験までは通い続けてくれるでしょうし、最後の追い込みでは多少の追加コマも取ってくれるかもしれません。口コミも期待できますし、合格実績が出ればチラシにも書けます。

しかし、大幅売り上げ増が見込めるのは、なんといっても後者です。特に、お金には困っていない、是が非でも子どもを志望校に入れたいというおうちを顧客にできて、「成績低下→コマ数増、またはスーパー講師に」のループに持ち込めたらウハウハです。成績低下のまま合格実績が出せないと、確かに宣伝にはなりませんが、もともと、個別塾ではあまり合格者「数」や「率」をうたうことがないので、誰かしら「看板」がいればそれ以外は重要ではないのです。

つまり、商売上の都合が、顧客(受験生親子)の都合と相反することがありえます。大手塾と違う危険な構造が、そこに存在するのです。

この落とし穴を避けるためには、どうしても、賢くてうるさい顧客になる必要があります。指導内容はどうか、学習サイクルは噛み合っているか、成績は順調か、常に親がモニタリングをして、不審な点があれば納得いくまで交渉しなければなりません。

…ということで、別に大手塾よりチェック不要ってことにはならないんですよね、なかなか…

もちろん、子どもの個性やもろもろの都合で、大手塾のほうが合う子も、個別塾のほうが合う子もいるはずなんで、それはもうお好みに合わせて選べばいいんですが、「お任せ」で親は楽ができるから個別塾、という理由で選ぶのはやめたほうがよいです。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓ 売れても私には印税一銭も入りませんが。
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 何冊か売れたらしくて「通常1~4週間以内に発送します。」になってます。古本…あらだいたい売り切れちゃった。
[PR]

by an-dan-te | 2013-07-24 13:28 | 中学受験 | Comments(10)

中学生向け、夏休み宿題計画の立て方   

めでたく私立中の一年生になって、今年の夏は遊ぶぞーと。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←恐怖の八月三十一日(o_o)を避けるために…
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」がついた!! * レビューひとつ増えた!!(^^)

それはいいんですが、宿題はやらなきゃね。
部活も忙しいし、合宿やら遊びやら、たいへん「有意義に」日々が過ぎていくうちに、気がついたら八月の終わりは修羅場だったりして(例: こじろうの中一夏休み)。

そこで、大まかに見通しを立てて、着々と宿題が進んでいくように、でも、基本はゆるく生活して部活に遊びにめいっぱい夏をenjoyできるように、そして子ども自身に管理しやすい計画の立て方のご紹介。

(1) まず、全科目分の宿題をリストします。

(2) 各項目に見積もり時間をつけます。
時間が見積もりにくいものもあると思うんですが、それで悩んでてもしょうがないのでざっくりと。数学のドリルみたいなものであれば、たとえば1ページ20分として、20ページあるから~7時間とか? という具合に。

読書感想文とか、ポスター描くとかだと、何時間かかるかよくわからないのですが、ここはエイヤとインスピレーションで。たとえば感想文は4時間、とか、ポスターは6時間、とか。ポスターが6分ってわけはなし(^^;; 一方、60時間ってこともない(っつか、そんなことあったら死亡フラグ)と思えば、いいです、その間のどこかで。適当に。

(3) 見積もり時間の合計を出します。

(4) カレンダーに部活や合宿をざっくり記入して、丸空きの日を数えます。

(5) (3)を(4)で割ります。たとえば一日あたり4時間分、とかいうふうに。

項目と見積もり時間リストは、壁にでも張って、消化したら見積もり時間を削っていきます。逆に、部分的にやってみたら、見積もりよりやたら時間を食うことが明らかになったような場合は、増やすこともあり。

予定が丸空きの日に、お友だちと出かけたいと言い出したら、
「大丈夫なの~? 宿題」
「大丈夫だいじょうぶ(^^)」
…などという根拠のない会話をする代わりに、

遊びに行く日をさっぴいても、「見積もり時間÷残り日数」が初めより増えていないことをチェックできたら、「じゃあいってらっしゃい」ということになります。

逆にいうと、遊びに行きたければ、部活のある日の残り時間とか、丸空きの日の残り時間とかを利用して、「貯金」しておかないといけません。ここだけが親子の約束であればよく、一日のうちでいつやるかとか、何からやるかとかは本人に任せます。

・見積もりがあんまり違うとたいへんだった、とか
・見積もり時間が等しくても、やりやすいものばっかりから消化するとあとがしんどかった、とか
まぁそういうことは起こるかもしれませんが、それはそれで、本人の貴重な体験ということで。

(追記: あと、地味なポイントですが、夏休み宿題モノを一個所にまとめて、絶対そこに戻すというのを徹底するべきです。書いたはずのレポートを8/31に大捜索するとか(-_-# いやでしょ。)

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓ 売れても私には印税一銭も入りませんが。
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 何冊か売れたらしくて「通常1~4週間以内に発送します。」になってます。古本…あらだいたい売り切れちゃった。
[PR]

by an-dan-te | 2013-07-22 20:57 | 中学受験 | Comments(17)

公民分野お助け教材   

公民分野が定着しなくて悩んでいる方へ、お助け教材のお奨めです(^^)

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←公民は最後に出てきて「あっ」ちゅう間に終わっちゃうから抜けちゃう
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
* 現在「在庫あり」になってます

公民分野って、社会が超~苦手な大人(例: 私)にとってはむしろいちばん抵抗なく理解できるところだったりするのですが、選挙権もなく税金も消費税しか払ったことのない(っつか意識してない)子どもにはハードルが高いものです。

すべて概念に馴染みがなく…
それでいて急に細かく数字が出てきたり(国会定数とか)…

カリテ前とかに必死で暗記したはずなのにまた忘れちゃう。

親がつきっきりでガイドしないと「栄冠への道(問題集)」も埋められない。

という場合に役立ちそうな教材を、かるらぴぃさんが教えてくれました。

「くもんの中学基礎がため100%(中学社会公民編・政治)」
…いやー、その棚は見てなかったな、と思いました(^^;; 中学受験じゃないです、中学生用。

この教材のいいところは
・書き込み式であること
・繰り返しが織り込み済みであること
・子どもがひとりで勉強できる要素がこの一冊の中に完結していること
です。

(1) まず、見開き2ページで要点のまとめがあり、
(2) 「スタートドリル」という書き込み式の見開き2ページで要点を概観、
(3) 「書き込みドリル」の6ページでチェック、
(4) 「まとめのドリル」でしつこくおさらい。

聞かれていることのレベルは、中学受験の基礎固めとしてまことに都合がよく、たとえば「日本国憲法の基本原則」という「書き込みドリル」2ページ分の「答え」を並べると

基本的人権の尊重、国民主権、平和主義、象徴、内閣、3分の2以上、国会、国民投票、過半数、天皇、1889、1947、天皇、国民、法律、永久、戦力、平和主義、国民主権、基本的人権の尊重

となってます。ほとんど、カリテ準備ですかい、という内容。

ただし、中学受験で扱わない内容のページも少しあるので、それは適当に飛ばしてやらないといけません。

かるらぴぃさんはこの本を、入試に間に合うよう日割りしてやっており、六年10月~1月にこなしてました。巻末の要点まとめページはコピーしてカード式に作り、携帯して電車の中などで暗記チェックしてたそうですよ。憲法のよく出る条文リストなんかもあって、お役立ちです。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓ 売れても私には印税一銭も入りませんが。
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 何冊か売れたらしくて「通常1~4週間以内に発送します。」になってます。古本…あらだいたい売り切れちゃった。
[PR]

by an-dan-te | 2013-07-21 09:56 | 中学受験 | Comments(8)

夏休み、倒れない計画の立て方   

始まる前には、長く見える夏休み。あれもこれもやろう!! と計画を立てていたわりに、終わってみるとあれもこれも積み残し…という経験って、まぁ誰しもあると思うのですが(^^;;

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←一学期がもう終わり…早いね(^^;;
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
* 現在「在庫あり」になってます

「計画どおりやれなかったな」
「あれもこれも残っちゃったな」

という、なんというか残念感で夏を締めくくるというのも、イヤですよね。
それに、そういう残念感って、気持ちを疲れさせるんです。過ごしてきた夏がハード過ぎたからじゃなくて、無力感、空しさで疲れた(気分)というような。

そういう事態を避けるためには、やっぱり、倒れない計画を立てるというのが、とりわけ、お勧めです。

しかし、いくら倒れない計画といっても、絶対こなせる、ゆるゆるのスカスカの計画を立てておくってわけにも。
…いきませんよね。やりたいこと、やらせたいことはもういくらでもありますから。もっと実態に即して柔軟で、実になって、無駄も無理もないような計画…

はなひめ六年生のときに、わりとうまくいったな、と思うのが、何度か書いていますが「枠」を作るという考え方です。大雑把にいって、
・ユリウスのコマ(あるいはそれに相当する、区切った時間)が「中」の枠: 80分
・ユリウスの自習時間(あるいはそれに相当する、区切った時間)が「小」の枠: 50分
・お盆休みや日曜日などの、一日空いているようなのが「大」の枠: 6時間
とします。
(標準的な一日は、「中2つ・小1つ + 夏期講習14:00~20:40」、または、「大1つ・小1つ」)

受験勉強の背骨にあたるのが「小」の枠です。これは、毎日必ず取ります。ここで、漢字・語句・計算・一行題(を盛り込んだ毎日ノート)をやります。かかる時間は、多少変動するでしょうが、わりと見積もれるたぐいの勉強です。速くできれば昼休みが長くなると思って、がんばって短時間で仕上げてもらいましょう♪

つまりここでは、やる分量は固定で、妥協はありません。手間取った場合に備えて、ゆとり時間(この場合は昼休み)が必要です。でも、ゆとり時間がそんなに長くなくても大丈夫です。「小」ですから。

あとの枠「中」「大」は、逆に時間が固定で、やるものは「できたところまで」というのが基本。ユリウスのコマは伸び縮みしたりしませんしね。「中」「大」がいくつ取れるかはざっと数えておいて、何をやるかはあらかじめ考えておきます。

たとえば、算数の「中」では夏期テキストの予習(授業では飛ばされてしまう1ページ目を解く)を2単元分やって、残りの時間は「強化ツール」(という問題集)を時間を計って解く。前回やったときの続きの問題から、できるとこころまで、というような。計画が、「できるところまで」ですから、時間いっぱいがんばれば、計画は、「遂行された」ってことになります。

「大」では、学校の自由研究をやるとか、白地図総復習をやるとか、前期カリテ理科の解きなおしをするとか、そういった「イベント」ベースに考えて、優先順位順に並べます。ひとつのイベントが、一日かかるか、二日かかるか、あまり定かではないのですが、終わったらまた次のイベントというふうに消化していきます。あまり長引かせないでわりきってひとつのイベントをクローズする、というところには、親の介入が必要かもしれません。

とにかく、できたところまでが計画です。計画どおりに「枠」を生かして勉強していけば、それで「やったね(^-^)v」ということでOKです。

この考え方のいいところは、仮に突発事態(熱を出して数日寝込んだとか)があっても、その分の枠は「なかったもの」とすれば、何事もなかったかのように、回復後再開できることです。だいたい、毎日ノートなんて、その「毎日」が、300日来ようが305日来ようがたいした差はありません。きちんきちんと枠をこなしていたという実績があればそれでいいんです。

ポイントは、
「小」については「できるまでやる」、
「中」「大」については「できるところまでやる」
というふうになっていることです。これで、睡眠時間や遊びの時間を削らずに、達成感も得ながら進めることができます。

ほんとうは、「枠」の中でどれだけ集中できたかで、達成できる勉強量(と質)はずいぶん違います。すごくがんばってたなーと思ったら、一日分の枠を「大」も「中」も取り消して(「小」だけやって)、遊びに出かけるなんてことがあってもそれはかまわないです。けど、なんか成果が上がってないからといって「枠」を増やすのはダメです。気分が下がったり、睡眠時間削って眠くなったりしたら、余計集中できなくなっちゃいますからね。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓ 売れても私には印税一銭も入りませんが。
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 何冊か売れたらしくて「通常1~4週間以内に発送します。」になってます。古本…あらだいたい売り切れちゃった。
[PR]

by an-dan-te | 2013-07-19 13:42 | 中学受験 | Comments(14)

大手塾+頑張る子の落とし穴   

「サクラサクまでの1000日戦争」の太郎くんは、こじろうより一学年下なのですが、このブログを書いていた世羅さんは、大先輩ブロガーです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←「合格力は家族力」とあります。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
* 現在「在庫あり」になってます

私がブログを書き始めたのは6年秋と遅かったのにひきかえ、世羅さんは四年生から書いていたので(だから1000日戦争)。自分がブログを書くようになってからは、ずっとリアルタイムで追い続け、ついにクライマックスへ。

でも、本では読んでませんでした。先日思い立ってアマゾンでポチッて、ようやく読みました!!(絶版になってるようですが中古で買えました)

…感動しました~(;_;) やっぱりブログで読むのと一気に読むのはかなり感じが違いますので、改めて。

それで、思ったことはいろいろあるんですが、特に、ひとつのポイントを挙げるとすれば。
この受験は、わが家とぜんっぜん、根本的に違う!! ということ。

だってね。太郎くんは、がんばりやさんなんですよ!! 自分から勉強するんです。自主的にゲームとかも封印して、宿題がこなせなければ深夜まで。
わが家で頻発していた「やる気スイッチはどこ~(答え: そんなものはない!!)」みたいなバトルが皆無なんですよ。

そりゃぜんぜん違う世界になるわなー(遠い目)

塾通いが本格化するまでは、水泳を選手コースでやっていたようですが、そういうことで培った気力体力があって、競争する心も持っていて、それを生かして受験勉強に突入していった感じ。

ただ、「がんばる」のは美徳なんですけど、それと大手塾の特質が重なったときに、ボタンを掛け違うと、大きな落とし穴が待っています。

要領のいい、何をやらせてもすばやい子はいいんです。同じ宿題が出ても、短時間でこなせて、頭にもしっかり残ります。テストをやれば高得点。こういう子は、大手塾に通い、親は月謝を出しお弁当と送迎をがんばるくらいで、すんなり難関校に行けますね。

やることがのろくて、やる気も「そこそこ」しかない子は(誰とはいいませんが)、宿題が全部こなせませんから、テキトーに間引くしかありません。なに、最初は宿題を出せないことに抵抗があるかもしれませんが、人間そのうち慣れるものですから、平気です。取捨選択ができていれば、パフォーマンス的にはそんなに問題ないでしょう。

しかし、時間はかかるけど、いわれたことはちゃんと頑張る子は、結局深夜までやるしかなくなります。睡眠不足が続けば、体調も崩れます。頭も冴えません。すると勉強の効率も落ちます。がんばってるのに、勉強してるのに、成績は伸びない。あるいは、下がる。どうすればいい??

塾の先生に、「○○ができないんです」と、得点の低い科目や分野について相談に行けば、それを補う勉強法を指示してくれるでしょう。でも、すでにオーバーワークなところに、課題を足せば、成績は上がるのではなくさらに落ちる可能性が大です。

大手塾には、カリキュラムとノウハウとデータが詰まっているのですが、子どもの生活をトータルに把握して調節してくれるわけじゃありません。

太郎くんの場合、土壇場のタイミングになって、小規模塾に相談に行きます。この先生は、幸いなことにちゃんと見るとこ見ていて、たいへん的確なアドバイスをくれました。

「難問の宿題を捨てること」「睡眠時間を最低8時間、確保すること」

それで太郎くんは負のスパイラルから抜け出し、目の下のクマも取れ、元気に六年後半を過ごし、実力から考えるとかなり厳しかった(のかな?)合格をもぎ取ったのです。

「疲れない」ことが受験成功の鍵です。勉強時間はかなり減ったけれど成績は落ちなかったと書かれています。当然だと思います。むしろもっと上がってもよさそうですが(^^;; 小規模塾に転塾するにあたっては、通塾がものすごく遠くなってしまったそうですし、それなりにデメリットもあったのでしょうね。

というわけで。がんばるお子さんをお持ちの方は、がんばりすぎにお気をつけください。あら、決して負け惜しみじゃ…ちょっとしかなくってよ(^^)

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓ 売れても私には印税一銭も入りませんが。
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 何冊か売れたらしくて「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」になってますが、中古はすぐ買えます。
[PR]

by an-dan-te | 2013-07-17 13:24 | 中学受験 | Comments(12)

ほどほどに暗記する算数   

まりさんから、「暗記算数」というお題をいただきました。
------
現在4年生ですが、塾の先生は時間の許す限り自分で考えさせてください、とおっしゃいます。一方分からなかったらすぐ解答書を見て解法をおぼえてしまう、という意見もあります。

わたしは後者の方が効率がいいように思うのですが、中受に関してはどうなのでしょうか。学校にもよるのかもしれませんが、まだその点は勉強不足で、すみません。アンダンテさんの考えをお聞きしたいです。
------

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←こじろうのときの算数は楽だったわねぇ
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
* 現在「在庫あり」になってます

「暗記 算数」でぐぐってみると、どういうものを「暗記」と呼ぶかが人によってまちまちなので、混迷の度合いが深まっているようにみえます。

解き方の見えない一問に、一時間とかかけていても、それはたいていの場合、「下手な考え休むに似たり」になってるだけでしょう。堂々めぐり、あるいは実際のところ、問題を前に広げてぼーっとしている、ありていにいって、考える材料なり筋道なりがなければ一時間を有効に生かすことはできません。

ひょっとすると、見た目ぼんやりの一時間を「頭脳フル回転」で有効な探索や試行錯誤に費やし、正解にたどり着くような持続的集中力と思考力があるお子さんも稀にはいるかもしれませんが、それだったら、「算数苦手女子」を持つ親のブログなんぞに用はありませんね(^^;;

だから、早めに見切りをつけて解答を見る態度のほうが(たいてい)いいとは思うんですが、そうはいっても考えもしないですぐ写しちゃってもね。意味がわからないものをただ写して、繰り返して、もし記憶に叩き込むことに成功したとしても(思いっきり効率悪そうですが)、ちょっと見た目の違う問題になったらもう解けないでしょう。というか、算数の問題は無限のバリエーションがあるといってもよく、ほんとに愚直な「丸暗記」だったら、いくつ暗記すればいいのやら、途方もない気がします。

ということで、両者の間、どこか「ほどほど」のところにスタンダードにお勧めできるラインがあると思うんです。

たとえばですが、簡単な例で、
「A君とB君が池の周りを反対方向に回ります。Aくんが分速ナントカm、Bくんが分速カントカmで歩くと、○分ごとにすれ違います。池の周りは一周何mですか。」
という問題について、解き方がわからないといわれたら、どうするか。

まず大前提ですが、一日にいくつも「解けない問題」をやらないってことです。この問題がわからないんだったら、まずは
「Aくんが家から駅まで分速ナントカmで歩くと、○分後に到着します。家から駅までは何mですか」(登場人物が一人でシンプル)とか
「A地点からAくんが分速ナントカmでB地点へ、B地点からBくんが分速カントカmでA地点へ同時に出発すると、○分後に出会いました。AB地点間の道のりは何mですか」(池でなくてまっすぐ)とか
を解いてみます。これがいちおう解けるにしても、のろのろだったり、「うっかりミス」したりという状況なら、まずはこれをすいすいすらすらにするまで練習します。

そうすると、実は「池」でも解けたりします。そういうことって多いです。そしたら、「解けない問題の前でガマの油をたらーり、たらーり」ってする必要はそもそもなくなっちゃうでしょ。

それで、もうパーツはそろってるはずなのに、なぜかこの問題は解けないというのであれば、まずは問題文の読解をチェック。

音読させるとか、絵に描かせるとか、ちゃんと読み飛ばさずイメージして読んでいるかを確認します。

問題文に書かれている動きをイメージできるように補助します。あるいは、「池の周囲を出発点でぶちって切って、まっすぐしたらこういう問題でしょ?」って、まっすぐにした図を描いてもいいかも。

とにかく、解説を自力で読むにしても、大人が説明するにしても、イメージして、納得できるようにして、写します。

そうやって、自力で解けない問題があった場合は、翌日、一週間後、一ヶ月後というように忘却曲線に対抗して繰り返します。

こんなことするのは親も面倒ですし、子どもだって疲れますから、そういう意味でも、「解けない問題」に挑戦する数は最小限に抑えて、「ぎりぎり解ける問題」をすいすいすらすらになるように「演習」するのを勉強の中心に据えるほうが吉なのです。

私が考える「暗記算数」はこんなニュアンスです。実際のところ、「演習算数」と呼んだほうがいいかもしれないですね。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓ 売れても私には印税一銭も入りませんが。
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2013-07-15 23:19 | 中学受験 | Comments(15)