<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

ブログ引越しのお知らせ   

2009年9月5日より、下記に引越ししました。

→「アンダンテのだんだんと日記
[PR]

by an-dan-te | 2009-09-05 00:00 | 生活 | Comments(3)

バイオリンレッスン(1):音の終わり方!?   

いよいよバイオリンのレッスン、九月から開始(^^)

体験レッスンのときのお話により、今回は「別れ(ドイツ民謡)」からスタート。
これが難物で…
A線から、D線の4の指に移るのがうまくいかない。「(ファはシャープで→) レミファー、ファラソー、ソシラー、ソファー」
先生の指摘によれば、移弦するぞ、4の指だぞ~ってんで硬くなって、ぎーって力が入っちゃってますよ、もっと軽く、ということで、しばらく「ラ(A線)-ラ(D線)」を極力かる~く、弾く練習を集中的にしてから再度挑戦。

おっ、ややうまくいった。ところが、最後の段の最後の音で、開放弦にいくと、アレッ、音がずれてた、なんて。
「4の指を押さえると、つられて3の指から先が上にいっちゃうみたいですね。4と3をぐっと開いてね」。小指短い同盟としてはここがふんばりどころか。

続いて、イ長調音階のあたり…引き続きA線からD線の移弦は苦戦。それとE線のときに弓が斜めになりやすいので肘をもっとぐっと落とすように意識して…と、あるときA線からD線4の指への移行が嘘のようにスムーズにいった。私も先生もえっ、という顔。「考えてなかったらうまくいきましたねー(笑)」また次は考えちゃうかもしれないけどね。

さらにサクサクと、「白ばらの匂う夕べは」に進む。これは、弾くだけならなんとかなるんだけど…
「しっかり大きな音が出ていてとてもいいんですけど、フレーズの終わりまで全部大きいとつまらないので、もっと『抜いて』みましょうか(^^)」と先生。いや、今、それどころじゃ。。

先生の「実演」によれば、「(ドはシャープで→)ドーレドレミーララー」から「ラーシラシドレドシー」に移る最後の「ラー」は、すーっと音が弱くなって、きれいに次のフレーズにつながる。うぅ。そういうのがいいとは思うんだけど、すごく。

弓の圧力をただ少なくするのともちょっと違って、スピードと圧力のバランスとかなんかあるらしい。でもどうもうまくいかないので、曲の最後の「ラー」のところだけ念入りに挑戦。弓は同じスピードで動かしながら、弓が弦からすっと離れていって、余韻を楽しむ感じでやるんだって。「開放弦なのでよく鳴りますから」どうもわかったようなわからないような。

最後に「雨だれ」をちょこっと弾いて、重音のところの練習の仕方を教わって終了。

レッスンは月三回で、来週はレッスンがないので、二週間たっぷり練習することがあるようにという狙いらしい(^^;; てんこもりです。「練習してて、ものたりなくなったらもっとずんずん進めちゃってもいいですよ~」

レッスンが終わるときに、「バイオリン教本はもう2もお持ちなんですよね。どうしようかな~」…何がどう??
なんでも、今は入会キャンペーン中だったので、「楽譜一冊プレゼント!!」という特典があるんですって。もちろん、高い楽譜とかこちらから頼んでもNGで、基本的には先生が選ぶんだけど、私が当面必要なものはもう持ってるので困ってるらしい(ふつうは教本の1とかをプレゼントして丸く収まる)。

それで、「今弾けないような曲集で、一年後とか二年後とかに弾けるかな~って見て楽しむ『妄想楽譜』をください!!」とお願いしたら先生にっこり、「わかりました!! じゃその線で選びますね」

ピアノなら山のように『妄想楽譜』を持ってるんだけどね。先日、バイオリンについてもそういうのを買おうとしたんだけど、あまりにわからなくて手の出しようがなく、つい教本の伴奏楽譜を買って帰った話を書きましたが。先生のチョイスはどんなかな~楽しみだ。

*今週末、ブログの引越しをする予定です。

f0185839_7451585.jpg今日の弁当:
ごまひじき入り肉団子、昆布佃煮、プチトマト、ゆで卵、枝豆、かぼちゃコロッケ、ブロッコリー、しゅうまい
[PR]

by an-dan-te | 2009-09-04 07:35 | バイオリン | Comments(0)

もうすぐブログ一周年   

去年の九月の途中でブログを始めたので、もうすぐ一年が経ちます。

短いような、長かったような…

最初は、ブログというものがよくわかっていなかったので、どのシステムでブログを始めるかについても、検討材料があまりありませんでした。どんな機能がほしいのかとか。

よしぞうに相談すれば、いろいろアドバイスしてもらえたに違いないのですが(^^;; 内緒で始めて数日経ってから暴露したもんですから。

で、なぜexciteにしたかというと、私の最も尊敬するブロガーさん(ブログ「妻の小言。」)が、exciteだったからです。
ともかく、すべてきっぱりそぎ落としたシンプルなデザインに、つかまれました。
無料なのにまったく広告なし。うるさくない画面が、好きなんです。

実際に使ってみると、操作もシンプルで、使いやすく、軽快動作が気に入りました。それでまぁ定着したわけなんですが…

そのうち、自分のブログ、他社のブログをだんだん詳しく比べるようになって、exciteブログにはない機能にもひかれるようになってきました。

例えば予約投稿とか。限定して公開する機能とか。特に、データをエクスポートする機能がないところが不満。

アメブロは、機能てんこもり。登録していろいろ試してみましたが、ピグとかまでやってみるとすんごい時間とられそうなので静観してます。ペタとかアメンバーとか、仲間を作りやすい機能が豊富なところがおもしろいと思います。でも、画面がなかなかうるさいので、やっぱりメインブログにする気はしませんでした。

ところが、昨日とかおとといとか、exciteブログが(予定のメンテナンスじゃなくて)突然の不安定動作、ダウン。急に不安になってきまして、これをきっかけにブログの引越しを検討しています。

試しにgooブログに登録してみました。gooブログからの「お知らせ」とか「おすすめ」とかが消せないので「究極のシンプル」にはなりませんが、外観もまぁまぁです。予約投稿とか、データのエクスポートもあるし、限定公開については、「お友だち」公開のような方法のほかに、パスワードで公開する方法もあってなかなかおもしろいです。

気になるのは動作の安定性ですが、過去の障害情報をみると…まぁないことはない…今年に入ってメンテナンスが3回と、予定外の表示不良が2回。あまり変わらないのかなぁ、少しマシかな??

試しにご覧になって、お気づきの点がありましたらご意見ください_o_
(あちらはコメント不可にしてありますのでこちらへ)

引越しの決断をした場合、exciteにエクスポート機能がないので、8月分まではこのまま旧ブログにおいておき、新しく書くところだけ新ブログに入れ、相互にリンクを貼るような形になると思います。


---- レッスンメモ バラード一番(3)

今回はグランドピアノのある広い部屋(子どもたちのグループレッスンで使うところね)を使えたので、まず最初に私が通しで弾くとき、先生は遠くの椅子で聴いていて(客席?)、ページをめくるときだけダッシュで来ていた(^^;;

「最後のところ、ずいぶんよくなりましたね」と先生。よくなったというのか…?? よくなったと言えるかどうか微妙だが、前回はえっちらおっちら、ありえないゆっくりテンポで「音を並べていた」ところ、前回のレッスンでは「ノリ」を説明してもらったので、今回はそれを尊重して勢い重視ノリ重視で弾いてみた。音を外すわ止まるわでエライことになったが、雰囲気をややつかめたところを評してそういったものと思われる。

もう一人の先生の場合、こうやって弾けないテンポで弾くことをとても嫌がるのだけど、そういうのが先生の教え方の個性みたいなものだろうか?

弾き終わると、先生は「で、今日はどこをやりましょうか(^-^)」よりどりみどりだけど、という感じで「弾きにくいところはどこですか?」と言う。…そりゃあっちもこっちもだけど。前回は大物(おどりC)をやったので今回はそれに次ぐ大物(おどりB:138小節から)はいかがでしょう。

「ああここはね…ともかく右手はリズム練習でもなんでもやって。頭からっぽにして、ひたすら体育会系で。筋トレだからこれは。とりあえず、タッカタッカとタカッタカッとやってみたら」
先生がそういう、体育会系練習を指示することは案外少ない。というのも、私が練習する時間も潤沢にはない中で次々いろんな曲をやりたいし、今の楽しみが優先だから明日のためにつまらない練習に耐えるとかそういうつもりがまったくないことをよく理解してくださっているから。

つまり、明日の上達云々ではなく、現在この曲を楽しむために、やはりやったほうがいい場合だという意味だろう。ここんところは。

それで、左手の方は、「ここは、単に左手だけで練習するんじゃなくて、楽器で分けて、ココ左手でココ右手って分業して弾いてみて」。つまり、一拍目と四拍目を左手で弾き、その他を右手で弾き、それぞれ別の楽器のような音色を出しやすくする。「理想形をまずやってみたら、左手だけで練習したとき、違いがわかりやすいでしょう」

で、146小節目からは、一拍目から四拍目までがひとまとまり。五拍目と六泊目が別。「スラーがついているし、ここが別の楽器だったら変よね」。ここは、右手の音符が細かいからつい右手に左手を合わせたくなるけど、「実は左手のほうが難しいんだから」左手に右手を合わせてあげないとおかしくなるとのこと。

その続き、150小節目からは変な音形。「この左手は滑らかにね。ヘビでやって。右手がかなりごつごつしているから、左手が滑らかじゃないとバラバラになっちゃうから…」。にょろにょろと不気味に弾いて、にょろにょろの最後らへんで一気にクレッシェンドして、バンと爆発(ff)というのが大切だそうだ。その後の左手(154小節)はファンファーレ。

このヘビのところの右手は、下に棒が突き出て四分音符になっているところを拾うと、「ミ(フラット)ミ(ナチュラル)」と来て、次に「ファ」と来るべきところ、小説頭にはそれが来なくて、一拍遅れて「ファ」。また、次に「ファ・ファ(シャープ」と来て、「ソ」が来そうで来なくてまた一拍遅れ。これが不気味の素。クレッシェンドしてffにはじけるところは遅れないで来るというわけだ。なるほど~
[PR]

by an-dan-te | 2009-09-03 07:27 | 生活 | Comments(10)

エンドレス・エイト   

昨日、八月末にふさわしい「修羅場」をくぐり抜けたはずなのに…

九月に入り、はなひめ+宿題を小学校に送り出したはずなのに…
帰ってくると、玄関には防災頭巾。食卓には読書カード。あれっ。

防災頭巾はしかたがない。九月頭はいつも「引き取り訓練」で、我が家はいかないけれど(直接、学童へ行く)防災頭巾は持って帰ってくるのだ。
読書カードはなぜ?? あ、そういえば、私が支度をしているときまだ書いてたんだっけ。持ってかなかったの??

「でも、今日、出してって言われなかったよ」
うっそだー、他のは提出したんでしょ。持ってかなかったから耳に入らなかったんじゃないの。まぁ実際、まだ埋まってなかったんだからチャンスとも言える。
「じゃ、続き書けば」「そうする」

というわけで、はなひめは読書カードを書く。こじろうは、まだ「日曜日にやるはずだった」家庭科レポートの下書きを書いている。
強烈な既視感に襲われる(-_-;;


こじろうの宿題スケジュールは、あまりにリスケの連続で、今どんだけ遅れているのか把握しにくいが、とにかく植物画は今度の日曜日に押しやったので、今日は家庭科(食のレポート)と地理(三角測量のレポート)が仕上がっていればいいはず。

しかして進捗は…家庭科レポートの下書きの半分くらい。。
うーん、どうするんだろう。どうするの、こじろう。
「今日は徹夜だな」
ほんとですか。そんなことできるのかなぁ。と、疑わしく思いつつ先に寝た母であったが、今朝起きてみるとわりとさわやかな顔のこじろうに出会った。

「あれ、どこまで進んだの」
「寝過ごした。っていうか、昨日の晩と同じ(^-^)」
そりゃ、ふつうに寝たんじゃん。さわやかなお目覚めで、よろしいですこと。


f0185839_9482216.jpg今日の弁当:
肉団子、昆布佃煮、プチトマト、れんこんきんぴら、焼きかぼちゃ、コロッケボール、枝豆
[PR]

by an-dan-te | 2009-09-02 07:07 | 中学生活 | Comments(12)

「正しい」8月31日   

よりによって、「こんな日」に台風が来るという。

朝、ふだんどおりに、よしぞうと二人で玄関を出て数歩あるいたが、雨風の強さを見てめげる。
「今日、帰りに電車遅れたりするとシャレにならないから、私、在宅(勤務)にするわ」

それで、くるりと家に戻り…パソコンを立ち上げて会社にメールを打つ。

家で仕事をしていたら、部活からこじろうが早めに帰ってきた。台風対応で帰されたとのこと。ラッキーじゃん。昨日やり残したことができるね。「あ、うん。まぁ。。」

しばらく待っていたが、音沙汰がないので、子ども部屋までいってベッドからこじろうを引きずり出し、新聞切り抜き作品(歴史の宿題)の続きに取り掛からせる。

もう、記事をレイアウトして貼るところまでは行っているのだが、感想書きがままならなくて、手が止まっている。なにしろ、この切り抜き作品を完成させれば終わりなのではない。日曜日に「やるはずだった」二つの大物のうちの、一つ目だからね、これは。「夜ごはん前にこれが終わらないと、話にならないよ」といっておいて仕事の続き。

しかし、仕事が済んで夜ごはんの支度をするころになっても、当然のことながら書き終わっていない。さらに、夜ごはんが済んで、デザートの梨を剥くときに「それがおわったら食べてよろしい」といって、梨で釣って完成させることに。それでも書けないといっているので、しかたなく各記事のポイントについて口頭で確認し、「感想」の方向性については共同(?)で作ったうえで、本人がアレンジして書くようにする。

さて、9月1日に学校が始まってしまうはなひめのほうだが…

大物宿題は片付いているが(ポスター、自由研究)、細かいことは積み残しされているので、やはりこの夜に一気にやらないといけない。

・生活記録カード書く
・読書カード書く
・レポート綴じる
・「パワーアップ朝食」写真貼る
・持って行くものをまとめる
・「あゆみ」のコメント書く(親)
などなど。

ん? 読書カードあと何冊分書くの?? 「五冊」えっ(o_o;;
じゃ、とにかくそれ書くしかないじゃん。

それで母が代わりに、大きな紙袋を用意して明日の支度。防災頭巾・うわばきを入れ、「あゆみ」のコメントを書いて入れ、ポスターその他できあがっている宿題を放り込み、レポートをそろえてホチキス止めして入れ、パワーアップ朝食カードに写真を貼って…「あれ? コメントこれだけでいいの?」「いいの!!」…本人がいいならいいか…

このへんまではまだよかったが、生活記録カードがない。そういえば、本来は毎日、「めあて」ができていれば色を塗るとかいうもののはずだが、はなひめがカード記入しているところを目撃したことがない。いったい、どこにあるんだ??

リビングの、もろもろ書類置きトレイ、学校書類のファイル、はなひめの机周り…心当たりをどこさがしてもない。はなひめに、最後いつ見たのか聞いても遠い目をするばかり(笑) 「ここ(コルクボード)に立てたと思うんだけど…」。うん、そこに立ってるのを見たことはあるよ。でもずいぶん昔の話(一ヶ月以上…)。

そのうち、本日ノーマークのまたろうの状況が気になって確認するが、こちらはえらくリラックスムード。「昨日やるはずだった宿題をやったら??」という話になって本人もようやく腰を上げたが、いざやろうとするとその宿題を説明した紙がない。こっちもかー。

それで、みつからない紙を探して家中をさまよう。合間には、こじろうが放棄した、夜ごはんの洗い物を片付ける。またろうのBack to the Futureの読みにつきあう。両面テープの裏紙、紙の切りくずを拾って捨てまくり、床に落ちているマジックや鋏を回収して片付ける。私がこれだけばたばたしているというのに、よしぞうはずっとひとり静かに、マッサージ椅子の上で本を読んでいる。ときどき、ウケてひとり笑ってたりして、なんか許せん~。「ちょっと!! 手伝ってよっ!! この惨状が目に入らないわけ??」「何をすればいいの?」「だから探すの!!」「どこを探せばいいの??」「それを考えるんでしょっ!!」

結局、探す人が増えてもはかどるわけじゃないという結論になって、よしぞうは、こじろうの家庭科レポートの骨格を作るところの面倒を見る係に任命。

さらにしばらくたったところで、裏の白い紙をメモ用に積んである棚がふと目に入った。なんかあの、一枚だけ厚みのある紙は…
あった、これだ!!

見つけたよ~生活記録カード。あぁ。
「7月20日の分も書いてないね」。ほんとだ。はなひめの夏休みは、始まってもいないや(^^;;
#またろうの探し物は見つかってません


f0185839_14445274.jpg今日の弁当:
ささみフライ、ほうれん草ソテー、ピーマンじゃこ、プチトマト、ごまひじき入り肉団子、昆布豆
[PR]

by an-dan-te | 2009-09-01 07:24 | 小学生活 | Comments(14)