こじろう通常授業終了   

朝、こじろうの塾弁を作って冷蔵庫に入れていると、こじろうが「今日は塾休みだよ」。え~っなんで。「だって通常授業昨日で終わりだったもん」…そんな時期なのかー。すっかり忘れとった。

それから慌てて、塾に行かない日のモードに切り替えて今日の課題を話し合おうとしたが、こじろうはすっかり休む気満々で交渉難航。押したり引いたりしたあげく、
・漢字語句計算
・4日にもしかしたら受ける学校の過去問(算・理)
・理科の宿題(銀本から少々)
・夜メモチェ(社)
ということになった。はぁ。遅刻だよ。。

それにしても、通常授業の終わりなんて日が来るんですねぇ(そりゃ来るんですが)。

そこで、覚悟を決めて(笑)「合格力ファイナル」という冬期講習テキストをぱらぱらめくってみると、なかなかよくまとまっている。

算数は、「数の性質」「規則性」「場合の数」「平面図形」「立体図形」と、こじろうの苦手分野オンパレード(^-^) ここをやってもらえるのはたいへんよろしい。

それと、毎日の計算漢字語句に使える材料の新手がどっと押し寄せてきた。

だいたい、手持ちの材料でひととおりすんでここからどう補強しよう…という感じだったのが、どうぞどうぞこれもあれもやってくださいとサービス満点。

新テキストには「計算と一行題」が「39日分」。つまり、これが終わるときには入試ってわけだ。
国語では、各章に語句問題がついているほか、終わりにまとめて別に語句問題が載っている。ヨワい部分の類題がほしかったのでちょうどよかった。

それで…あれっ、このテキストには社会がのってない。算国理の三教科である。社会は? もう「重大ニュース」中心になるのかな?? えーとこじろうはまだ地理がわやくちゃなんですが…これはうちでやらんといけないですね。

4日に受ける「かも」しれない学校というのは、1日の第一志望は落ちて、2日の学校は午前か午後受かってた場合に、2日の学校より行きたいとしたら4日に受けられるのはここしかないというところ。ちょっと遠いんだけど。あ、遠いのは地理的なことだけではなくて、問題傾向もです(^^;;

それでこじろうがびびって、イヤだといっているんだけど、まぁだまされたと思って試してみなよってことでやらせてみた。国語・算数・理科ときて、社会はまだだけどどうも合格者最低点はいかないような気がする。それでも、本人的には思ったほどひどくない、もうちょっといけそうという手ごたえだったらしく、今回やったのが終わったらもう一回分やってみてもいいぞ的な気分になったようだ。そりゃよかった。


今日の献立:
栗ごはん、味噌汁(白菜・水菜・油揚げ・豆腐)、こんにゃくきんぴら、厚焼き卵、きゅうりぬかづけ、りんご
[PR]

by an-dan-te | 2008-12-19 20:24 | 中学受験 | Comments(0)

<< ラスボス倒れちゃいそうだけど 自律的勉強への遠き道のり >>