こじろうのストライキ   

日曜日は、午前中の日特、午後はテストと忙しいこじろう。
テストはその日のうちに直しをするのがお決まりで、塾から帰ってきてちょいと休憩し、夜ごはんまでにざざざっと直して、ごはんが済んだらテレビでも一本。というのが、調子のいいときのペースなんだけれど…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←なぜかポキッと心が折れた
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

昨日は、「ほらもう始めないと」と促してもぐずぐずしていて、さらに強く言うとふとんにもぐってしまった。「やることが多すぎる~今日も明日もテストだ~」とかいいながらぐちゃぐちゃ泣きの体勢。

明日のテストってのは…W塾のそっくり模試。私だって行きたくないよあんな遠くまで。月曜に後日受験させてくれるところを探したらそうなっちゃったんで、受けなくていいといったのにこじろうが受けるっていったんじゃん(-_-#

私はウダウダに付き合うとすぐブチ切れる短気な人間なので、とりあえずよしぞうを愚痴聴きに回らせる。しかし、「お母さんがあれやれこれやれって、やること増やす(具体的には理科再チャか??)から嫌だっていってるよ。ちょっと来て」と呼ばれてしまった。

こじろうは勉強が多すぎるとか遊ぶ時間がないとかいってるが、「塾のない月水も、とりあえず5時までは遊ぶとかいってそうしてるじゃない。しかも、それで夜ごはん前にやることやっちゃえばごはんの後はテレビみたりしてさ。10時には寝るんだし、ぜったい少ないほうだって」

ところがこじろうは、水曜日(学校が終わるのが早い)ですら「ゆったり」感がないという。そこで私は「5時まで遊ぶことにしても、それですっきりしたーにならないんだったら、いっそ水曜日もきっちり勉強を詰めよう。もったいないから」と言い放った。よしぞうとこじろう、ちょっとウケて「お母さんこれだよ~お母さんに決めさせるのやめよう、やっぱし」。

こじろうのここまでの成果には、お父さんもお母さんも満足していて、これなら公立中にいってもやってけると思ってるから、受験をやめるならやめるで別にかまわない。でも、「ダレたまま70日過ごしてとりあえず受けて、やさしいとこだけなんとかひっかかって、ここに行くわーってのでは良くない、それくらいならやめとけ」とよしぞう。「おさえ校については、受かるだけの実力は今の時点ですでに持っていると思うけれど、それは今から二月までずんだれてて受かるという意味ではない。中学受験では実力プラス勢いが必要。こじろうが気合の抜けた70日を過ごすなら、そこにだってやっぱり受からないよ」と私。

そこから私は離脱して夜ごはんの支度。引き続きふとんをかぶって父子で話し合い…

夜ごはんのときには、ふつうのこじろうでした。

そして、遅ればせながら結局テスト直しを特急で済ませて、10時ちょい前。それから今後のスケジュールについて話し合い。母が現状のスケジュール(母のお奨めマイナスアルファくらいの)をExcelできれいに作り直して示し、そこをたたき台にこじろうがどうしたいのかを聞く。

すると、こじろう、「お母さん、夜ごはん7時って書いてあるけど最近7時にできたためしないじゃない~」とかどうでもいいところにケチをつけていたが、勉強の中身については妥当(必須)なところしか並んでないので文句がつけられず、「まぁこんなもんだと思う」。

土曜日が過去問デーになっているので、あと過去問を10回分できるとして、どこの何年分ができるとか話していたら、こじろう、何かとてもイイコトを突然思いついたという表情で「最後の土曜日(1/31)は、次の日と同じ時間割で一年分解いてみるのはどう? それで、ほんものそっくりってことで、午後は丸空きにしてのんびりにしよう(*^-^*)」…父と母、ズコッ。。
f0185839_1410470.gif
(「こじろう」 またろう画)
[PR]

by an-dan-te | 2008-11-24 16:16 | 中学受験 | Comments(0)

<< こじろうのストライキ、その後 またろう勉強リストラ >>